尾瀬岩鞍【1/14】最強寒波襲来!!!!

2017_0116-3.jpg

今冬最強寒波襲来!!!!!のニュースは、
ウィンタースポーツ系のニュースサイトのみならず、
テレビのニュースでも警戒を呼びかけるほどの一大事となった。

もちろん、毎週毎週、好き好んで雪山に向かっている我々とすれば、
まさに渡りに船のお話で、むしろ大歓迎と言っていいことなのではあるが、
残念ながら、スキー場にだけ最強寒波がやって来るわけではないので、
歓迎とは言っても、そこには限度というものがある。

高速道路の渋滞に遭うくらいならばまだしも、場合によっては、
スリップ事故など、その渋滞の原因になってしまう場合や、
陸の孤島なんていう、聞きたくもないような災害級のものまで、
わざわざ火中の栗を拾いに行く我々のリスクは、それこそ大小様々に存在する。

対して、そんな細かいことを気にしている及び腰の私とは違い、
世のパウダーハンター達の鼻息は荒く、
SNS等を通じて、その鼻息で、こっちまで吹雪になりそうな勢いだ。

でも、どんなに降雪量が多くても、スキーヤー、スノーボーダーが多ければ、
それらはあっという間に相殺されてしまう。っていうか、
むしろその需要に対して供給がショートしてしまうのが通常だ。

そんな、小心者と、へそ曲がり者が同居した私としては、
新潟県、長野県といった遠方への深追いは避けて、
逆にパウダーハンター達が大挙して関越トンネルを越えて北上して行くことで、
手薄になる可能性の高い、群馬あたりのスキー場で手を打つことにした。

そんな私に、OYくん、マッツン・ユカチン夫妻に、ユウタくん、
そしてミナちゃんが付き合ってくれた。

2017_0116-1.jpg

前橋あたりから通行止めとか、笑えない状況も想定していたのだが、
さすがに外出を自粛した方が多いのか、関越自動車道はいつもよりも空いていて、
拍子抜けするほどアッサリと沼田に到着してしまった。

最強寒波は、土曜の晩あたりが峠ということもあり、早朝のうちは、
沼田I.Cを降りてもまだ、青く澄み渡る透き通った空が広がっていた。
それでも、寒波と低気圧は、ここ群馬県の山沿いを充分に覆ってくる予報だったので、
むしろ、嵐の前の静けさなのかもしれない。
ご存じの通り、こういうときに本当に怖いのは、豪雪よりも、強風の方だ。

2017_0116-2.jpg

今回我々が目指したのは、ここ『ホワイトワールド 尾瀬岩鞍スキー場』。
スキーヤー、それも競技系の方々が多い、オールドスクールな文字通りのスキー場で、
バフバフの深雪を売りにする、近ごろ流行の未圧雪推しのスキー場ではありません。

こんな日は、そんなスキー場こそ空いているだろうという思惑と、
イザという状況になっても、ここからならなんとか帰ることもできるだろうし、
新雪がなくても、ここの長〜〜い緩斜面はカービングに最適だという皮算用。
私の知る限り、関東圏のスキー場で、
北海道ばりにカービングを楽しめるスキー場は、
ここ尾瀬岩鞍のミルキーウェイと、妙高杉ノ原の白樺コースだけだと私は思っている。
とかなんとか言ってはおりますが、要するに単なる逃げ腰のセレクトでしかない・・・

2017_0116-4.jpg
2017_0116-5.jpg

・・・・だったはずが。ここ尾瀬岩鞍でも、
少ないところでも20〜30cm、吹きだまりでは40〜50cmの新雪が、
更に上積みされていた。

しかも、我々の到着したほんの数十分あとでは、
スキー場に至る最後の坂道でスタックするクルマが後を絶たなかったようで、
ここにアクセスする唯一の国道401号では、
スキー場の入口を起点に、そこそこの渋滞が発生していたらしい。
つまり、この時点のスキー場はかなり空いている!

2017_0116-6.jpg
2017_0116-7.jpg
2017_0116-9.jpg

もちろんここ尾瀬岩鞍にも非圧雪コースはあって、
ピステンのかけられた上に積もるピスパウを味わってから向かっても、
ノートラックの斜面が我々を出迎えてくれた。

どういったわけか、今季の私は、
シーズンインからやたらとパウダースノーに当たっている
すでに昨シーズン滑った新雪量を、ダブルオーバーヘッドで超えている状況だ。

滑れないときは少しのパウダー斜面でも、大喜びして滑るが、
翻ってここまで当たると、つい贅沢病が顔を覗かせて、
これよりも斜面が倍以上の距離になるか、
もしくは45°くらいの急斜面が欲しくなってしまう。

それくらいに、いとも簡単にスピードが喰われてしまうほどの雪の深さで、
頑張ってもタテに落とした浅めの3ターンが限度。
もしくは引っぱって引っぱって、深めの1ターンに賭けるしかなくなる。

・・・とか考えていると、
1ターンに賭ける気持ちは、海にいる時と同じだということに気づくな。

だから、一本の大切さ、
まとめ方が大切だと最近思えるようになれたのかもしれない。
パウダースノーの上を滑れれば、それでいいという季節は、
私の中ではもう終わってしまったようだ。

とかなんとか、もの凄い贅沢を言っているのは重々に承知しているが、
ここまで毎回深雪に当たると、それはそれで、
お次はそういった不満を募らせることになるわけだ。
そうして、果てはアラスカにまで行きついてしまうというわけか・・・
まったくもって、この遊びに限度というものはない。

2017_0116-8b.jpg
2017_0116-8.jpg
2017_0116-10.jpg
2017_0116-11.jpg

こういったときは、どういったわけか、様々な幸運が重なるもので、
大会が開催されることで一部のコースが規制されていたのだが、
規制が解除されたあとにはまだ深雪斜面が残されているというおまけ付き。
NO END POWDER SNOW・・・新雪は続くよどこまでも〜〜

2017_0116-12.jpg
2017_0116-13.jpg

それからやっとここの名物コース、ミルキーウェイに辿り着く始末。
ただ、残念なことに、いかにミルキーウェイと言えども、今回の降雪によって、
カービングが楽しめる、いわゆる「向き合える」ようなきれいな雪面ではない。
寒波襲来のつい数日前まで少雪に悩まされていたくらいなので、
当て込みの楽しい左右の壁への雪の付き方も今一つだった。
そんなわけで、肝心のカービングを味わうことができなかったが、
それこそ言い出したらキリがないレベルの贅沢病だ。

2017_0116-15.jpg

そうして、8時の営業開始から、
15時までキッチリ遊んでこの日は打ち止め。
SNSでは各地の豪雪ぶりを、皆さん駐車車両に積もった積雪量で報せていたので、
私も載せておくが、尾瀬岩鞍の駐車場では言ってもこの程度。
クルマの高さが2倍以上になっていたり、
すっかりクルマが埋まってしまった、新潟や長野で撮られた画像に較べて、
なんとカワイイものでしょう。
雪かきもラクラク済ませて尾瀬岩鞍をあとにした。

2017_0116-14b.jpg

いや〜〜楽しかったね〜〜みんなまたよろしく!
というわけで、この日で別れたユウタくんとミナちゃん以外のメンツは、
ここで一泊して、翌日曜日も、
最強寒波の影に隠れたパウダースノーを狙う所存であります。
【つづく】

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.01.30 | コメント(4) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

こんにちはー。

今季は本当に当たってますねー。
自分もそこそこ当ててます(^3^)b

この日は杉ノ原も空いてました。
隣の赤観は酷かったみたいですけど・・・

2017-01-30 月 11:54:43 | URL | TKC #- [ 編集 ]

へそ曲りさんも、持ってますね〜。当たり過ぎじゃないですか。自分もおこぼれに預かってます。今季は、週末組の方が当たる確率が高そうですね。
へそ曲りさんの、青のsidewinderがカッコ良過ぎて、自分も欲しくなってしまいまた。ん〜、どうしよう。

2017-01-30 月 12:31:43 | URL | Sugaya #- [ 編集 ]

TKCさん
今季はどこもかしこも大当たりですね〜〜

2017-01-31 火 16:35:58 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

Sugayaさんも今季は当ててるでしょ〜〜〜!
Sidewinderも買っちゃいましょう!

2017-01-31 火 16:38:54 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR