ホンダ FITに思う、ニッポンのスモールカー。

2017_0105-16.jpg

デカイ図体して、私はコンパクトカーが大好きだ。
もちろん、洋物かぶれの私なので、アウディA1、フィアット500、MINIなど、
欧州のコンパクトハッチ、中でもホットハッチ系がお好みなのでですが、
マツダのデミオや、ホンダのFITなど、
実用的な日本のコンパクトカーも、けっして嫌いではない。

今年の年末年始の北海道旅行は、
いつも使うレンタカー会社の予約が一杯で、いつものカローラではなく、
ホンダ FITの4WD(しかもハイブリッド!)になった。
そんな、少々古い話で誠に恐縮ですが、
ちょうどマイナーチェンジも行われるとのことなので、
今日はホンダ FITの話をしようと思う。

2017_0630-28.jpg
新しいFITは、なかなかデザインが秀逸で、見た目も良い。
(上の画像はマイナーチェンジされた新型)
かといってデザイン優先で居住性が低いということもなく、
二人での移動であれば、荷物が多くても
充分以上に広く感じる室内空間をもっている。
調べればお値段も190万円ほどからあり、かなりお手頃。
質実剛健を絵に描いたような、まさにニッポン的な価値基準のクルマだ。

しかして、欧州車と比較してみれば、
残念ながら基本性能に関しては、そのデザインほどには高くない。

中でもエンジンはゴウゴウとやかましく、遮音性はかなり低い。
しなやかな乗り心地と共に、足回りからの振動は
かなり抑えられているように感じたので、これはモッタイナイと思った。

それと、シートがいただけない。
腰の弱いOYくんは、かなり辛そうだったし、私ですら長時間乗るとキツかった。

MADE IN JAPANの本懐として、そういった基本的な「良いクルマ」の条件を、
この値段の中で達成しなければならないと心底思うし、
もしそれが達成できていたら本気で欲しいとすら思う。
あと少しのことだと思うのに。ほんとモッタイナイ。

2017_0105-45.jpg

最後に、デザインが良いとは申し上げたが、
運転席から右側の見切りが悪すぎるのは、ちょっと危険だとすら思う。

私は性格的にこういう部分が一度気になりはじめると、
運転中ずっと気になってしまって、気が気でなくなる。
危険が言い過ぎだとしても、要は目障りな感じがして運転に集中できない。

ここは居住性にも何も関与していない部分で、あえて言えば、
フロントウィンドウを寝かせることで、空力特性を有利にする程度の話だろう。
サイズ的にも長距離ランナーではないのだから、
空力特性の必要性もさして高くはないので、
これはある意味デザインのためのデザインだとも言える。

2017_0630-31.jpg
2017_0630-29.jpg
2017_0630-30.jpg

MINIやFIAT500など、過去のオリジナルを持つデザインの場合、
フロントウィンドウはボンネットラインより立てられるが、
欧州車の中でも『プジョー208』あたりはフィットと似たような、
スラントしたノーズを持つが、これだけ運転席からの見切りは良く出来ている。

プジョーに出来て、ホンダに出来ない理由はない。
これも返す返すもモッタイナイ。
こういう所を大切にできないと、本当の意味でのクルマ文化は、
この国には生まれて来ないと思う。

アイデアは、余分なものを削ぎ落とす引き算で生まれるが、
それは決してコストカットと同意義などではない。
かかるべき所には、充分なお金をかけなければ、良いモノにはならないはずだ。
その見極めと、センスが日本人はまだまだ足りないと思わされる。
基本的な部分はかなりよく出来ているので、あとほんの少しの努力だと感じる。
ホントにモッタイナイ。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:徒然 - ジャンル:車・バイク

2017.08.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR