北海道 年越 6Days 【Last Day:花園〜ヒラフ 】

2017_0105-46.jpg

HANAZONOの8時半の営業開始に併せて駐車場に着くと、
この日も札幌からショウタくんが来てくれていた。とても義理堅い人だ。
遅れてノブも、ミカちゃんと一緒に怪我をおして来てくれた。これまた有り難い。
前夜は遅くまで付き合ってくれた勝巳さんも来てくれていて、しかも、
リフト券売り場では、ケイさんにもお会いでき、一緒に滑ることとなった。
正月早々、とても豪華で楽しみなセッションだ。

2017_0105-48.jpg
2017_0105-47.jpg

この前日も残念ながら降雪はなく、斜面はまあまあ硬めではあるが、
勝巳さんはやっぱり全開だ!
波打ったままカチコチに固まった朝一の壁にもガツガツに当て込んでいく。
もちろん、勝巳さんの代名詞と言っていいレイバックもキレっキレだ!
カッケー。

2017_0105-49.jpg

このあと別の用事があるのに、きっちり1時間付き合ってくれた
勝巳さんと入れ替えに、ニセコフィルムズのカントクが来てくれて、
そこからはカントクのリバースターンが炸裂しまくった。

ところで『リバースターン』って知ってます?
っていうか、実際に見たことあります??
ちょっと何が起こってんだか、一見しただけではすぐには理解できないような、
かなり摩訶不思議なトリックです。



動画はカントクじゃないけど、分かりやすいので貼っておきます。
でも、この文字通りのトリックを、スローじゃなしに、
実際にリアルスピードで目の当たりにすると、
まるで狐につままれたような出来事を体験できるので、逆に必見です。
夏の間、スケートでこのリバースターンをやりまくって、
いよいよ雪面でもやるようになったのだそうだ。
カントクに会ったら、おねだりして見せてもらおう!
(っていうか、たぶん放っておいてもやってくれるハズ)

2017_0105-53.gif

さておき、この朝、気がつくと
左手の甲にはボールペンで書かれた謎の暗号が・・・・

というのは嘘で、昨晩、勝巳さんに
「ずっと踏み込んでなくても、ボードのサイドカーブに乗れれば、
 あとは踏まなくても勝手に曲がっていくよ」と言われ、
「そのサイドカーブになかなか乗り切れんのですよ」と返したときに、
教えてもらったキーワードを、忘れないように手に書いておいたのでありました。
それが意味するもの以前に、字が汚くて読めませんが、
なんとも勝巳さんらしい謎めいたオモシロキーワードだ。
もしこの汚い字が読めても、その意味に関しては教えてあげない!

ご自分で聞いてみてくださいな!
勝巳さんなら懇切丁寧に教えてくれますよ。

2017_0105-50.jpg

ひとしきり花園のピステンをシバいたあとで、
アンヌプリのアーリーをやっつけてから花園まで、
滑って来てくれたカントクが、またアンヌプリに戻る道すがら、
久しぶりにヒラフにも行ってみた。

すると、キング第3リフトはリニューアルされていて、
それまで3人乗りだったものが、4人乗りに掛け替えられ、しかも、
乗り場が170mほど下部に移されたので、歩いて登る以外は、
ヒラフゴンドラ降り場から一旦、スイギングモンキーを経て滑り込まないと
乗り場に辿り着けなかったところ、
ゴンドラ降り場から真っ直ぐ乗れるようになっていた。

2017_0105-51.jpg

何より驚くべきはこのゴージャスなシート!
支柱に着く車輪を超えるときにも、ほとんどショックのない
最新設備の乗り味と相まって、その座り心地はロールス・ロイスレベルだ!
ロールス乗ったことないけど。
冗談抜きで、このままこれに乗って埼玉まで帰りたいくらいに快適で、
寝不足など、お疲れでの乗車の場合には居眠りに注意だ。

2017_0105-52.jpg

そんな感じでこの日も昼過ぎまで滑ったら膝が終了。
やっぱりダウンチルクルーとのセッションは最高に楽しい!
っていうか、もうちょっとまともに着いて行けるようにならんとなあ〜

2017_0105-67.jpg
2017_0105-68.jpg

ノブにサンドイッチが美味いと評判の『グラウビュンデン』に連れて行ってもらい、
トマト チキン チーズ サンドをライ麦パンでいただいた。これまた旨しっ!
こちらはケーキもまた有名で、別腹でチョコバナナパイまで!
意味もなく女子力上がったわ〜〜さすがニセコ、シャレオツでござんす。
とか思ったら、外人さんが訪れるようになるずっと以前から営業されているとかで、
実は老舗でありました。働かれているのは全員女性スタッフで、しかも、
みなさんお美しい方ばかり・・・・かなりの目利きが採用面接をしている模様。
目の保養にも是非!

2017_0105-69.jpg

そんなこんなで、あっという間に6日間のトリップは終了した。
この頃になると、さすがにホームシックにもなるので、
「帰りたくない」とは言わないが、あの素晴らしい雪を思うと、
すぐにでも舞い戻って来たくなる。
中毒性の高い、まさにマジックなパウダースノーだ。

次は今月末に戻って来る予定。
それまでには、積雪量もいつも通りのニセコに戻ってくれていることだろう。
そう思うと、すでに帰りの飛行機からワクワクしてしまう。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.01.19 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

しかし、こっちはぜんぜん降ってねーぞ!
 こっちに居るテツ夫婦が可哀そうwww
来週はどうなるんだろ…

2017-01-19 木 15:49:09 | URL | Nob #- [ 編集 ]

Nobよ、
ワシが行くのじゃ、冬将軍も気を遣ってくれるわい!
なんの心配も要らんぜよ。

2017-01-19 木 16:04:28 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR