STAR WARS story ローグ・ワン

rogue-one3.jpg



エピソード・ナンバーズではない、はじめてのスピンオフ作品ですので、
商業的な目的以外に、こういった作品を創る理由、観る理由を見つけるのは難しい。
だから、正直大きな期待も持ってはいなかったのだが、
なんであれ、ここまで来たら、全作ロードショウで観るのが、
スターウォーズ・ファンとしての重要な務めだ。

しかして、そんなうがった気持ちは良い意味で完全に裏切られ、
「もう一度劇場で観ておきたい」と思えるほどに、
今は大満足している状態だ。

rogue-one4.jpg

『ローグワン』は、すでに発表されているように、
エピソード4のオープニングとなる、
当時、その登場感の強さ、それまでにはない迫力の映像によって、
観る者の度肝を抜いた、スターデストロイヤーが頭上をかすめるように通過する、
あの有名なシーンのわずか10分前までを描いた作品だ。

rogue-one5.jpg

だから、あのシーンのあと、スターデストロイヤーに拿捕された反乱軍の輸送船に、
ダースベイダーが乗り込んで来た経緯を思い出せば、
今回の物語のほとんどは察しが付くであろう。

なので、結末ありきでの展開はエピソード1〜3と同様。
そこに加えて、言ってみれば些末な枝葉の話なのに、
この『ローグワン』という作品を、新しい視線で観ることができたのは、
すでに完成されたと言っていい、エピソード4、
ひいてはスター・ウォーズの世界観を、
さらに高みへと昇華しているからに他ならない。

ハラハラ・ドキドキのストーリー展開の面白さ以前に、
今作の最大の見所は、あの “時代の" 様式美を更に洗練させて、
完全な形でもって補完しているところだと言える。
この洗練された世界観でもって、
いっそエピソード4を撮り直してもらいたいとすら思う完成度だ。

そして、『フォースの覚醒』まで含めても、今までになかったような、
どこか寂しげな印象を観る者に与えるほどに、傍観を貫く画角選びや、
全体を覆う、染みるような、どことなく寂しげな画面の色調も、
エピソード・ナンバーズの作品とは違って、
至極真っ当に、この “戦争”の残酷さを描こうと試みた結果であろう。

だから、たぶん物議を醸すであろう、
あのような今までにない結末になっているのだと思う。

つまり、『ローグワン』は決しておとぎ話や、冒険活劇ではないということ。

rogue-one6.jpg

rogue-one2.jpg

エピソード4の最後で、デス・スターを破壊したことで、
勲章を授与された英雄たちの活躍の裏側で起こっていた、
“さざれ石” たちの、決して語られることのなかった儚い戦いの記録が、
今作では描かれている。

スター・ウォーズ ファンはもちろんのこと、
ひょっとするとアンチ派の方であっても、
スター・ウォーズの世界観を理解するキッカケになるような、
どなたでも楽しめる作品になっていると思います。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スター・ウォーズ - ジャンル:映画

2016.12.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR