FC2ブログ

RIDERS LINE

2016_1205-15.jpg



今年は『Car 団地』シリーズもお休みになり、
『FOURTH PHASE』に、『DOWNCHILL』以外で、
個人的には要注目のスノーDVDは見当たらなかったのだが、
各所でこの『RIDERS LINE』の評判を聞くことが重なり、
私も買って観てみることにした。

制作は『八甲田 風と樹氷の山』『雪崩の山 谷川岳』『HIGH FIVE』
オカケンシネマなのではありますが、それらの作品とは違い、
『ゲレンディング.com』というスキー場紹介サイトから派生した
ゲレンデ滑走のノウハウを紹介するDVDのようで、
ネットと併せて楽しめる、立体的な構造になっている。

なので、このDVDだけを観て、その是非を云々できない作品でありました。
興味のおありになる方は、DVDとネットと、両方を併せて観て欲しいと思う。

そんなわけで、この作品は、ゲレンデのちょっとこだわった滑り方、
ひいては新しい楽しみ方や、見飽きるほどに眺めてきた、ゲレンデという存在に、
フレッシュな視点を訴求するためのものであって、
単純な “ハウツーDVD” というわけではないのではありますが、
それを踏まえた上で、あえて感想を述べさせていただくと、
やはり実際に上手い人について滑ることが、一番大事だなあと改めて感じた次第。

ゲレンデの遊び方や、細かいアドバイスなど、なかなか上手く紹介されていて、
とても参考になるのですが、例えば、私の場合を説明させていただくと、
登場するライダーたちが、一体どんなスピードで滑っているのかに関しては、
映像から計り知ることは、どうしてもできない。

それは、実際にライダーのあとを追いかけてはじめて、
風圧の強さ、膝に伝わる重力の重さ、ハイバックから伝わる荷重などから、
想像よりもずっと強く、速く、短い時間で素早く操作を連続で行いながら
滑りつなげていることを知ることができるからだ。

逆にスピードを乗せらない緩斜面で、
バランス感覚を養うトレーニングについて、このDVDの中でも紹介されているが、
むしろごまかしの利かない低速の方が、その難易度を窺い知る事が難しい。

2016_0322-55.jpg

佐々木勝巳さんの後ろを滑っているといつも感じるのだが、
勝巳さんは緩斜面でも深いターンで回していく、
勝巳さんのトラックをなぞるように後ろに着いていくわけだが、
曲げようと踏み込むとストールしてしまって更に速度が落ちてしまう。
そこを勝巳さんは速度を殺さないどころか、むしろ加速していっているように見える。

このことも言葉にするとこうなるのだが、この超常現象を、
実際に体験してもらわないと、この不思議感は絶対に伝わらないと思うし、
それを体感して初めて自身の物理的な課題が浮き彫りになると私は思う。

だから、ターンひとつとってみても、問題になるのは、
ターンのサイズや視線ではなく、ターンのあいだのスピードの方だと私は思う。

壁を駆け上がるのも、大きなスラッシュを上げるのももちろん同様で、
勘の良い人であれば、「あそこまで上がるのはそれなりの速度が必要だ」と
気がつけると思うが、私は実際に後を追いかけてみるまで、
それに必要な速度と、壁のひとつ前のターンで、速度を殺さない滑り方の重要性や、
その速度でぶつかるように壁に入るときに、
それに潰されない脚力の必要性を理解することができなかった。

テレビのモニターからそんな重力を感じ取るのは、
3Dを駆使したバーチャルリアリティ(VR)映像でも無理だ。
そういった重力感を自身の身体で感じてはじめて、
この映像の意図する目的を理解することができるように思う。

だからこそ、是非一度プロライダーと呼ばれる人たちとのゲレンデセッションを
してみて欲しいと思うし、プロライダーたちにはそのための機会を
ひとつでも多く作って欲しいと願うばかりだ。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

とか、つらつらと書いていたら、その『ゲレンディング.com』で、
「ライダーセッション」についてのページがアップされていました。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2016.12.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR