iPhone 7 Plus

2016_1122-2.jpg

予約から待つこと5週間。
11月に入ってやっと届いた。おれの「7」。

ショップに行くと待たされるのがメンドクサイので、
機種変更は基本Online Shopで済ませたいので、今回も通販で機種変した。

2年前のiPhone 6を買うときは、NMPしたことに加えて、
まだiPhone熱が高かったので、休日にわざわざ在庫のある店を探して、
アホみたいに待たされてまでショップで買いましたが、
あんなのはもう御免でございます。

しかも、私がiPhone 6 Plusを買った某カメラの場合、
なんだかんだと理由を付けて、
要りもしない有料アプリをダウンロードしないと売ってくれない。
なので、購入が済んだその場でそのアプリを解約しても、
自動的に一月分の利用料を取られるという
理不尽極まりない商法にはとくに深い憤りを感じるので、
二度と某カメラや某電機でケータイは買わない。

さておき、iPhone(3)を使うようになってから5まで、
iPhoneを独占的に販売していたSoftbankでしたので、
Docomoで機種変するのは今回が初めて。

言ったようにいつもOnline Shopに予約して機種変してきたのだが、
Softbankのときはその度に新しいSIMカードを渡され、
Softbankに連絡して15分ほどで回線が切り換えられていたが、
SIMフリーが出始めたタイミングからか、
はたまた、iPhone 7からこうなったのかは知らないが、
基本的には6に入っていたSIMカードを、
7に入れ替えれば電話回線はそのまま切り換えられる。かなりラクだ。
っていうか、今までが何だったのかとすら思う。どう考えてもこれが普通だ。

私はいつも下取りには出さずに、これまでの全ラインナップすべてを
手許に残しているのだが、SIMを入れ替えるだけで使えると言うことは、
7に何かあったときにSIMカードを、保管している6に挿入すれば
とりあえず使えるということなのか???

2016_1121-12.jpg

電話帳、メール設定、アプリを含めたデータ類は、
iTunesもしくはiCroudを経由して引き継げる。
アクティベートにかかる時間は、かかってもおよそ30分。

データの引き継ぎが済めば、
拍子抜けするくらいに “そのまま” の自分のiPhoneが出来上がる。
LINEやFacebookやなんやらと、アプリを最初に起動する度に
ログインし直す煩雑さはあるが、それも最初だけだ。

以前はCPUの速度やグラフィック性能、バッテリーやらが、
もの凄い勢いで進化していたので、液晶に映るインターフェースの
見た目は同じでも、その使用感にはかなり大きな違いがあった。
でも、機種変更する寸前の6も、iOSは最新バージョンに
アップデートされていたし、性能的にも何ら不満のないものだったので、
筐体以外は中身はまんま一緒なので、うれしさも半分ってところだ。

2016_1122-3b.jpg
2016_1122-4b.jpg

そんなわけで、同じ “Plus” ながらも、
せめて見た目に大きな変化が欲しくて、今回はジェットブラックにした。
同じ事を考えている方が多いのか、単なる人気なのかはわからないが、
ジェットブラックが一番の売れ筋らしく、
おかげで1ヵ月以上待たされたわけだが、
この艶々感は素直にカッコイイと思う。かなり私好みだ。

    2016_1202-9.jpg

Plusにだけ二眼レンズが装備され、大きさ以外の差別化も図られるほど、
カメラ機能が充実してきたが、ポートレート機能をはじめ、
私はまだそのすべてを試せていない。っていうか、わざわざ試す気もないので、
その時が来たら使ってみようとは思っているのだが、
飛行機の窓から東京の夜景を撮る機会があったので、
夜景に強くなったという噂の方は検証できた。ナルホド、なかなかの解像力。
上に貼った画像はLightroomで処理してあるので、素のままの画像ではないが、
ここまでの画像処理に耐えられるのだから、たいしたものだ。

Lightroomといえば、
iOS10からLAWデータでの撮影が可能になったとの話でありましたが、
Lightroom Mobileなどのアプリ経由でないとLAWデータでの撮影はできない。
ちなみに、Lightroomは月額で使用料を請求される
有料アプリ(30日間無料トライアル有)であることと、
iPhone自体が自動で生成する画像処理もかなりの腕前なので、
私はiPhoneでは基本LAWデータでの撮影は行わないつもりだ。

2016_1003-30.jpg
別に食わず嫌いをしてきたわけでもなんでもないのだが、
『ID』や『QUICKpay』といった、電子マネーは、
実際に使ってみるとかなり便利なことが身に滲みて分かる。

使わないとその存在にすら気がつかないが、
そういう視点で探すと、ほとんどどこでも使えることがわかる。
あまり電車に乗らない私でも、Suicaに簡単にチャージできるのは助かるし、
コンビニや、ファーストフードなどの飲食店で使うと
いちいち鞄から財布を取り出す手間に、小銭を探す手間が省けて超便利。
私は『Suica』『ID』『QUICKpay』をApple Payに登録しているが、
これでほぼすべてをカバーできる。
私の行動範囲で唯一使えないのが吉野家で、あそこはWAONしか使えない。

私の場合でも、今までだったら三枚のICカードを持ち歩く必要があったわけだが、
それらをいちいち持ち歩く必要がないということは、
サイフ自体を持ち歩く必要がなくなるということだ。
これで本当の意味でのキャッシュレスが実現したと言っていいだろう。
それくらいに(この部分が遅れていたiPhoneユーザーにとっては)
革新的な出来事だ。

これで免許証が電子化できたら、マジでサイフが要らなくなるだろうが、
昨今なんでもクラウドに保存するのは危険極まりないので、
そこそこにしておくべきか。

あとは各種ポイントの貯め方だけが問題になるのだが、
私はTポイントの亡者なので、できればTポイントが貯まるカードが
登録できるようになれば万々歳だが、私のTポイント付きクレジットカードは
Yahooカードなので、Softbankに戻さないと登録できんかもしれん。

7からホームボタンは物理スイッチではなく、
感圧式のセンサーに変わったことが大きなトピックとなっているが、
その裏に隠れて、ディスプレイパネルの操作感も
格段に良くなったように感じています。
これはデジタルなことよりも指に触れる感触の違いなのかもしれませんが、
滑らかな感触に、それに呼応するようなスムーズな画面の反応に、
すごく高級感が上がったように感じています。

2016_1205-29.jpg

ただし、物理スイッチではなくなったので、
スマホ対応手袋であってもiPhoneをスリープから起動させられない。
しかも、私のスマホ対応手袋では、iPhone7のタッチディスプレイが
まったく反応しない!

このことからも、タッチパネルが改良されていることが分かりますが、
また手袋も買い直さないとならんのは、そうは言っても悲しい・・・

それと、オフィスのiMacも、自宅のMacBook Airも、
アプリケーションの問題で、OSを最新の『Sierra(10.12.2)』にはしていないので、
そろそろ連携に問題が出始めているのが、ちょっと困る。
下位互換性にはもっと気を使って欲しいと、貧乏人は思う。

さておき、つねに世の中を革新してきたiPhoneの場合、
分かりやすく際立ってイノベーティブな部分ばかりに注目が集まりますが、
こういった小さなユーザーエクスペエリエンスの向上を、
細かくコツコツと煮詰めるようなアップデートの仕方の方が、
熟成という意味でもプロダクトの本体あるべき進化の姿だと思うし、
私は一足飛びの革新性よりも何倍も好きだ。

発売日に並んでまで欲しいと思うような熱意は、とうの昔に失せましたが、
それでも、iPhone7を通して、じっくりと熟成されていく様を
2年ごとに楽しみたいと思う事ができて、かなり満足であります。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

2016.12.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR