サーフィン@伊豆 11/12〜13

2016_1114-1.jpg

ほぼ一ヶ月ぶりの海だ。
怪我の回復は80%程度で、まだ痛みが残る状況だが、
これ以上ダラダラとしていたら身体がなまって仕方がないので、
この週末は、ある程度のリスクは承知で海を目指す。

いつもの茨城、千葉の東向きの太平洋沿岸部は、
私レベルではほとんどクローズの状況が続いていて、
リスク承知とは言ったものの、そちら方面には腰が引けてしまう。

例によってatuとOYくんに相談すると、
伊東のあたりがいいのではないか?ということで、
4時起きで伊豆を目指すことにした。

2016_1114-2.jpg
2016_1114-3.jpg

6時にポイントに到着すると、波数はまあまあで、サイズもコシ〜ハラ。
しかも、クルマの外気温計は夜明け前でも13℃程度を表示していて、
ここのところの冷え込みに反してこの日は終始穏やかな気候。
セミドライを持ってきたものの、晴天の広がった日中はセミドライでは汗ばむほどで、
波も天気もリハビリにはもってこいの状況でありました。ほんと助かる。

ただ、朝のうちは一箇所限定のポイントブレイクが続き、
一分ごとに増え続けるサーファーに波数が追いつかない。
まだ空いていた入って最初の2本ほどは、ポンポ〜ンと乗れてしまったのだが、
ロングボードも多く、競争が激化しはじめると、なかなか乗れない。
しかも、このポイントは中央の河口付近がリーフなので、
グーフィーに乗ると降りるときがちょっと怖い。深追いは禁物だ。

ちなみに怪我の方だが、一番怖かったパドルアウトも、
この日のインサイドはとても穏やかで波間も広く、問題なくやり過ごせた。
手首を逆手に使うと痛みが走るので、浅瀬で尻もちをついて立ち上がるときや、
ウェットの脱ぎ着や片付けなどの方が油断してビリっと痛みが走ることがあったが、
乗っているときは特に、ドーパミンやらなんとかミンが脳内に溢れているのか、
順手でボードに手を着くぶんには痛みもなく、
おかげさまで怪我の影響はほとんどなかった。

2016_1114-7.jpg
2016_1114-6.jpg
2016_1114-8.jpg

その後、第2ラウンドに入る9時くらいから、ワイドに割れはじめてくれた。
朝のポイントブレイクの場所よりもライト側は、気持ちサイズは落ちるものの、
リーフから離れられるぶん、そちらよりもインサイドまで長く乗り続けられるので、
それはそれで結果オーライだし、何より頭数も少なくてとても助かる。

2016_1114-4.jpg
2016_1114-5.jpg

この日は消防車と救急車が来たかと思えば、
ドクターヘリが着陸してくるわで、あたりは物々しい雰囲気に包まれた。
ただ、聞けば訓練だったようで、どなたかの救急搬送というわけでもなく、
どことなくノンビリムード。波乗り途中のアトラクションでありました。

2016_1114-9.jpg

ちょうど昼のチャイムが鳴り響く頃に海から上がって、
ポイントから歩いて20分ほどにある定食屋で昼飯。
しかして、何の気になしに頼んだご飯の大盛りがこの状況・・・
大人の責任として完食したのだが、これがこの日の運の尽き。
第3ラウンドでは、疲労に加えて膨れたお腹が邪魔して足が前に出ない・・・
美味しかったけど。こりゃマズイ。

2016_1114-10.jpg
2016_1114-11.jpg
2016_1114-12.jpg
2016_1114-13.jpg

日が暮れるまで波は変わらずにコシ〜ハラ
たまのセットでカタを維持していてたのに、
そんなわけでテイクオフしてもボードに立てないこともしばしば・・・
昼飯の食べ過ぎには要注意だ。

日曜日に朝から仕事のあるatuとはここで別れて、
OYくんと二人、伊東の宿にチェックインして、
温泉で汗を流したら、宿の近所の居酒屋で乾杯。
今日の波はどうだったとか、ボードの形状がどうだとか、
言うほど山に雪が降ってないだとか、
スプリットボードのセッティングがどうだとか、
彼女が欲しいとか、そんな話を延々としたような気がするが、
お勘定を払った記憶も残らないほど酔っ払った。
とても良い酒だ。

2016_1114-14.jpg
2016_1114-15.jpg

翌朝。5時に目覚ましをセットして、6時にポイントに着くと、
この日もセットでムネ程度の波がブレイクしていて、引き続き良さそうだった。
いそいそと30分程度で準備を済ませて海に入ると、とたんに波は止んでしまい、
ロングボードでもテイクオフに難儀するようなベタ凪状態・・・そんな馬鹿な。

8時まで粘ったが、状況が好転する気配すらない。
OYくんに午後から用事があったこともあり、
残念ではありましたが、この日はサッサと切り上げることにした。

そんなわけで、帰りに家の近所の坂で小一時間スケートして、
昼飯食べても12時過ぎには帰宅。事実上の朝帰りだ。

それにしても、久しぶりのサーフィンは堪えた。
その晩から体中がギシギシと痛む筋肉痛の嵐。身体バッキバキであります。
近ごろは、間を置かずに繰り返しやっていないと
体力を維持できないようになってきてしまった。
ヨルトシナミであります・・・
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2016.11.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR