MANDALA Superchunk ASQ

2016_0920-3.jpg

MANDALAのサーフボードは、
まさにオルタナティブの世界観を地で行くようなブランドで、
比較的走り出しの良い、ほとんどデイリーに使えてしまうモデルが多い。

中でもSuperchunk(スーパーチャンク)というモデルは、
全長が短いミニモデルで、比較的シャープなレールを装備しながらも、
適度な幅と厚みがテールまで維持されるマッシブなシェイプを持ち、
見た目からすでに乗りやすいであろう予感を漂わせている。

2016_0920-7.jpg

ちなみに、ASQとは(Arc Swallowtail Quads)の略で、
アークテールに、深めのスワローの切り込みの入れらた4フィンモデルのこと。
スクアッシュとかラウンドテールといったテールデザインが、
パキパキに反応の良いテールデザインだとすれば、
フィッシュ、スワローといったテールの切り込みの入れられたテールは、
踏み込み時のテールの反応をよりルースにするためのものだ(と思う)。

つまり、オルタナティブが本領を発揮する比較的パワーの小さい波でも、
アークテールでアウトラインをストレート気味にしてドライブ感を上げながら、
切り込みを深くすることで、ルースにボードを動かせるように
躾けられているものと推察される。

2016_0920-4.jpg
2016_0920-21.jpg
聞くところによるとアークテールのあとに出たASQというモデルが先発で、
SuperchunkがASQの派生モデルなのだそうだ。
つまり、SuperchunkはASQよりもルースな動きを抑える代わりに、
キレのあるドライブ感と豊かな浮力を同時に得るためにシェイプされた
モデルだということなのだろう。

ちなみに、浅い切り込みを入れられるSuperchunkに
スワローテールが組み合せられる、このSuperchunk ASQというモデルは、
現在MANDALAのレギュラーラインには入っていないのだが、
反応の良い、広いテールエリアをもつアークテールに、
深い切り込みが入れられており、上の画像にあるレギュラーラインの
Superchunkともまったく異なるテールデザインを持たされていることが、
見較べると良く解る。

実際このSuperchunk ASQの広大なテールで受け止める波の反応はかなり強めで、
私の腕前を差し置いて言わせてもらうが、急激にホレ上がる波は苦手だ。

以上はテールデザインに限ってその違いを述べたわけだが、
それぞれのモデルのシェイプはまったくと言っていいほど違う。
上の画像はスケールを揃えてあるので、
それぞれのシェイプの違いを分かっていただけるだろう。

2016_1010-1.jpg
2016_1010-2.jpg

ボトムデザインも、薄いシングルからのダブルコンケーブとなっており、
水への吸い付きと剥離の速さのバランスが「慌てずに速やか」な印象で、
それらのバランスによって、充分な浮力とテイクオフの安楽性をもちながら、
短いなりの豊かな応答性も同時に併せ持っている。

面や波のカタチの良し悪しに影響されやすい所もあるにはあるが、それを除けば、
私レベルであってもヒザからムネくらいまでの広いレンジで、
高い安定性と充分な機動性を得られてしまう、
まさに一挙両得と言っていいスーパーデイリーなサーフボードだと思う。

その日の波の質やサイズによって、ボードを乗り換えたいとは思うが、
持って行ける本数には限りがあるので、「まずはこれが1本あれば」
というワークレンジの広いサーフボードがあると、
持ち込むボードのやり繰りがグッとしやすくなる。
そういう意味でも、このSuperchunkの存在価値は更に高くなる。

さておき、私にとってはオールラウンダーであるSuperchunkではありますが、
とは言えどの長さを選べば良いのか?
ロングからの移籍組として言うならば、「どこまで短くできるのか?」
今の私にフィットする浮力と回頭性のバランスが得られるのかまでは解らない。

MANDALAに限らず、サーフボードというのは、個々人の体格や技術レベル、
それぞれの嗜好に合わせて、基本的にオーダーすべきものなのではあるが、
どのモデルを、どうオーダーしたらいいのか、それこそ天文学的な順列組合せが
そこには存在し、正直、私には制御不能の領域になる。

たとえ、モデルやシェイプが決まっても、
長さですら乗らずに決めるのはリスクが高く、その判断はかなり難しい作業となる。
なので、今回のように実際に試乗できてしまうのは、
とても助かる、有り難いことというわけだ。

そうして試させてもらうと、幸か不幸か、
この5'11"のSuperchunkは、サイッコーに調子が良いのでありました!

波を捉える力はロング並みに速いのだが、走り出しじたいはそんなに速くはなく、
一拍の間が生まれるような安定感があり、テイクオフに緊張感が少ない。
それもあって波の高い位置からターン操作を開始しやすい。
速くないとは言ったが、私には充分以上に速く、ミニなりの軽快さも楽しめる。
つまり、今の私にできること、できないことを補完してくれる
まさに最適な一本であることが分かってしまった。

言ったように、同じSuperchunkでも、レギュラーモデルと
このSuperchunk ASQとではテールデザインが異なっているので、
その違いにも興味が沸くし、何より5'8〜9"くらいのサイズも
試してみたいとも思うが、この5'11"のSuperchunk ASQが、
今の私と、私がいつも向かうポイントにおいては、最適解とみていいだろう。

何より、私はこのグロスフィニッシュされた
「マンゴーイエロー」(メーカーはマスタードと呼んでいる)が堪らなく好きだ。

そんなわけで、物欲しげな目でこのボードの持ち主であるatuを見つめていたら、
「これだけは手放さない」と言っていたatuも、さすがに観念したのか、
「今後も他人には譲らない」という条件付きで、
この5'11"のSuperchunkを譲ってくれることになった。

試乗した翌日にでも、サイズはもちろん、色までこれと同じものを
オーダーするつもりだったのだが、八ヵ月後に乗れるのと、
今日から乗れるのとでは、そこに雲泥の差があることは言うまでもない。
もちろん、このあと誰かに譲る気など毛頭ない。返す返すもありがたいことだ。


2016_0920-6.jpg

話は前後するが、ここでMANDALAの話もしておきたい。


Proportional Harmonics from Mollusk Surf Shop on Vimeo.


上に貼った動画の中でも語られているように、
マニー・カロの標榜する「自然界との調和」に、その『解』を求める考え方には、
私の腕前を棚に置いて言わせてもらうが、共感できる部分がとても多い。
それはシェイプだけでなく、
そこに選ばれるアースカラーを軸とした配色にも顕れている。
何より『マンダラ』という名前自体、森羅万象が、
ある法則や意味に則って存在している様を顕しているのだろう。

2016_0920-20.jpg

その哲学は、私の大好きなプロダクト・デザイナーである、
ルイジ・コラーニの哲学とも相通ずる部分であり、
それはそのままMANDALA Surfboarsを所有する、根源的な喜びにも繋がっている。

デザインとは、作り手の意志のことなのだと改めて思い知らされる。
だから、性能や機能を語る前に、まずはそのモノに意志があること、
そして、その意志に共感できることが、
そのモノと一緒に暮らす一番のモチベーションとなるわけだ。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2016.10.11 | コメント(7) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

良いボードを手に入れたんですねー


これでさらにたくさんの波に乗って

気持ち良くなって下さい(笑)

そう言えば土曜日に下津で似たようなボードに乗ってる人がいたけどその方も気持ち良さそうでした。

2016-10-11 火 20:42:54 | URL | dan #- [ 編集 ]

danさん

ムムム・・・
土曜日は私も下津におりました・・・
もし私でしたら温かい目で見守ってやってください(願)
ご面倒でなければ是非お声がけください〜

2016-10-12 水 12:38:58 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

まさにマンダラのASQを狙っており辿り着きました。
横には走れてボトムターンを練習中なレベルなのですが、ASQは私のようなレベルでも楽しめますか!
普段の波は2-5フィートといったところです。

2018-07-08 日 04:43:49 | URL | カルフォルニアサーファー #LT3VXEM6 [ 編集 ]

カルフォルニアサーファーさん
シェイパーのマニュエル・カロさんも
ムネサイズまでならASQがフェイバリットだと言っているそうです。
何より、乗り手を急かさないマンダラの乗り味は
特にトップがラウンドされたスタビーなシェイプを持つモデルに
より強く表れているように思います。

かと言って、遅いボードでは決してないので
乗り方次第ではかなり運動性も高く
乗り手のその日の気分で使い分けのできるボードだと思います。

なので、練習中という方にこそ合っていると私は思います!

そしてASQはそこそこ乗れるようになって
もっと動くボードに興味が沸いてきても
「今日はゆったりやろう」という日に
また乗りたくなるボードだと思うので長く付き合えると思います。
私は買って損のないボードだと思いますよ!

2018-07-09 月 11:19:23 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

お返事ありがとうございます!
クアッドフィンでスワローテールが未知の体験で上達の妨げになるのは嫌だなと思っていたのですが、コメント読み、上達の道途中の位置付けでも楽しめそうなので安心しました!
明日ASQのカーボンをサンタクルーズに試乗してきます( ・∇・)

2018-07-09 月 15:00:39 | URL | カルフォルニアサーファー #- [ 編集 ]

カーボンASQをついに購入しました!take offがとにかく早くびっくりしました!唯一は後ろの足の位置をちゃんと意識する必要がありますね!
アドバイスありがとうございました:)

2018-07-14 土 13:26:35 | URL | カルフォルニアサーファー #- [ 編集 ]

カルフォルニアサーファーさん
カーボンとはまた豪勢な!
普通のグラス巻きとはまたレスポンスが違うんでしょうね!

2018-07-17 火 10:52:23 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR