HP2 Enduro : 車検

2016_0719-2.jpg

二年ごとの梅雨が明ける頃、それはHP2 Enduroの車検の合図だ。
(とか言いながら、今年の関東地方の梅雨明けは明日あたり?だいぶ遅れてますが)
クルマに1台に、オートバイを2台も所有していると、
ひっきりなしに車検が襲ってくる感じがする・・・・・・

クルマの車検は、もちろんその高額な費用の方が怖いが、
ユーザー車検で通しているオートバイに関しては、
費用は2万円程度と安い代わりに、自前の整備点検作業に加えて、
自分だけでは調整しきれない光軸検査がA型の私は超苦手。
そんなわけで、未だに緊張する検査ラインが、ときたま夢に出てくることさえある。
もちろん嘘です。でも変な汗くらいはかきます。

ここで車検の内容についてお復習いしておこう。

2016_0719-5.jpg

上にあるのが私の使っている整備記録簿。
ここにある各部のチェックや、清掃、調整、注油、部品交換などをする。

ディスクブレーキなのにドラムブレーキの点検項目にチェックを入れてあったり、
チェーン駆動なのにドライブシャフトの点検項目がチェックされていたり、
明らかに整備した痕跡の伺えない汚れた車両であったり、
チェックされた整備内容が疑わしく見えたりする等、よほどのことがない限り、
本当にその整備が行われているのかどうかの確認はされない。
自己責任と言えば聞こえは良いが、
慌ただしく入れ替わり立ち替わりクルマが入ってくる検査ラインでは、
はっきりと流れ作業だ。

だから、洗車だけして検査ラインに持ち込んでもぜんぜんOKだ。
車検に合格することと、2年間安心して運行できる点検整備とは、
実はまったく別の話。合格だけさせる業者もいるそうなので注意が必要だ。

んで、実際の検査ラインで確認されるのは、

・書類一式に不備がないかどうか
・車体番号
・原動機番号
・車体幅、車高
・ウィンカー(左右動作、前後確認)
・ブレーキ灯(前/後、各ブレーキ操作)
・警告ホーン
・ナンバー灯
・ハンドルロック
・総走行距離(オドメーター)

以上が、検査官による目視で確認されてから。検査機器を使ったラインへと進む。
社外マフラーが装着されている場合は、ここで騒音検査も行われる。

私のBMWには、両車共にアクラポビッチのスリップオンマフラーが
装着されているが、検査官によって測られたり、測られなかったりする。
言ってもBMW純正のアフターパーツなので、
測られても規制値以内に収まっているので問題なくパスする。

・排ガス検査(CO(一酸化炭素)、HC(炭化水素))
・前/後ブレーキ
・スピードメーター誤差(40km/h)
・光軸

実は検査ラインで確認されるのは、この4点だけしかない。

2016_0719-3.jpg

会社に行く前にササッと済ませられるので、
オートバイの車検はいつも通勤路にある練馬の陸運局に行く。
ここ練馬の陸運局には、よせばいいのに、
二輪専用の検査ラインなんてものができてしまったので、
余計に検査内容が厳格化してしまい、緊張感は更に高まってしまう。

特に、ヘッドライトがボディマウントされるR1200GSと違って、
ハンドルにマウントされるHP2は光軸が鬼門だ・・・

四輪車と検査ラインを兼用していた頃は、ハンドルを左右に動かせば、
左右方向の光軸はいかようにもできたのですが、
二輪専用の検査ラインになってから、フロントタイヤをバイスで挟んで
固定して検査するようになり、ごまかしが利かなくなってしまった。

ただでさえ転倒も多く、転べば光軸なんてあっという間にズレる。
HP2はフロントフェンダーを支持するステーに、
ヘッドライトも取り付けられているので、以前の転倒時にこのステーを
曲げてしまい、ヘッドライトを留める左右のネジを緩めても、
すでに左右方向の調整しろを超えてしまっている状態だ。

加えて、3種類のタイヤサイズを使い分けているので、
その度に前が上がったり下がったり、車体姿勢が変わってしまうので、
ぶっちゃけ光軸もへったくれもない。

2016_0719-4.jpg

おかげさまで、今回も2回ハネられ、3度目の正直で合格した。
その日のうちなら書類も手続きもそもままで、再検査が受けられるが、
最後の試験官の方に「3回目ですから回数に気を付けて」と、はじめて言われた。
何度でも受け直しができるようではなさそうだ。

上の画像の左側が最初にハネられた時に渡された不具合の状況を示す書類。
最初の検査では完全にトンチンカンな方向を向いてしまっている。
これでも10m離れたところから壁に照射するチェックはしたんだけど・・・
キセノンに変えたせいか、光の一番強い芯が思ったところと違ったようだ。
いずれにせよ、上下方向はなのとか確認できたとしても、
左右方向はハンドルが少しでも傾いたら正確に出せないので時前では無理だ。

ここまでズレるとさすがに昼間の車検場で光軸調整するのは無理なので、
民間のテスター業者で調整してもらった(2,500円也)。なのに、
それでももう一回ハネられた・・・・光軸検査、マジ嫌い。

すでに2年後の車検に気が重くなる。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2016.07.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR