MAKE (芽育) Design Baked Hill



MAKE 芽育 Designの『Baked Hill 7ply / 32" x 8.75"』を買ってしまった。

もちろん雪板をはじめ五明 淳さんの名前も『MAKE 芽育』のことも知ってはいた。
でも、私の行動範囲では “わざわざそのために出かけない限り”
雪板の出番もないだろうし、何より私にとって雪板は、技術的にはもちろん、
雪中を行軍する体力的にも、少々ハードルが高い。

2016_0322-6.jpg

そんな私ではありますが、
もちろん雪板の価値がそこだけに留まらない事も知っている。

佐々木勝巳さんと3月後半の富良野でご一緒したときに、
五明さん自身が削った、芽育の『Phenomena』を見せてもらったのだが、
いかに芸術に疎い私であっても、
ハンドクラフトだけが放つモノの存在感には、完全に魅了されてしまった。

それからは、「乗ってみたい」とか、
「ワークショップに参加してみたい」といった欲求よりも、
むしろ工芸品としての美しさの方に興味が移ってしまい、
「五明サンの削った雪板が欲しい・・・」という、
使う予定もないのに欲しくなる、例の悪い虫が疼き出してしまった。

それから数ヶ月が過ぎた頃。まさにその勝巳さんが、LADEで芽育のスケートデッキが
販売されているFacebookの投稿に「イイネ!」をしていて、
芽育にはスケートデッキもあることを知ることとなったわけだ。

雪板は使う機会がないかもしれないけれど、スケートデッキならイケるっ!と、
思ったが早いか、クリックが速いか、その刹那(0.1秒)に、
ポチっといってしまったというわけだ。まさに瞬殺(されました)。

2016_0711-34.jpg

最初からデッキには砂加工が施され、デッキテープ不要。
グリップさせるために施された処理もまた、そのままアート領域。
美しいデッキをそのまま思う存分に使うことができる。

2016_0711-33.jpg

トラックに隠れてしまうところに「MADE IN JAPAN」の刻印。
「HAND MADE」の方が説得力あるとか思うのは、私がシロウトだからか。
スケートデッキって、手作りが主流なのか?

それはさておき、仕上げに機械のような正確さはないが、
だからこそ生み出されるディテールには、人間味といった暖かさが宿る。
こういった数式や数値では、決してはじき出すことのできない、
感性と直結したモノづくりをアナログと言うのは容易い。
デジタルに生み出されたモノの良さももちろんあるが、
こういった命の宿ったモノに触れると、
デジタルも結局人の使う道具でしかないことが良く解る。

2016_0711-31.jpg
2016_0711-32.jpg

部屋にこのまま飾っておきたい衝動にも駆られるが、
道具の幸せは、やはり使ってナンボだ。
デッキをポチったそのすぐあとに、札幌のModerate(モデレイト)、
つまり和田直也くんに連絡を入れて、
すぐさまダウンチルホイールを含む、足回りを一式見繕って送ってもらった。

ちなみにモデレイトでは通販にも応じてくれる。
まずはFacebookをチェックしよう!

2016_0717-11.jpg

というわけで、『芽育 × ダウンチル』の強力タッグ完成。
とか言って、こういう異種交配を喜んでいるのは、これまたシロウトの私だけか?
でも、今の私がしたいのはスケートではなく“ダウンチル”なので、
このホイールは外せない。

2016_0723-7.jpg

今回はダウンチルの新作(?)“イエロー”のホイール。
私のダウンチル・フルコンプに装着されるホイールは “オレンジ”。
サイズはこれだけ違うが、硬さは78aと同一。

2016_0723-6.jpg

ダウンチルのフラットデッキしか他に知らないので、
インプレなんておこがましいことはできませんが、
32インチという長さがもたらす安定感は、
まだまだヨチヨチとやっているプッシュ動作をかなりアシストしてくれるし、
相対的に速くて大きくなるターンを、レスポンスの良い
コンケーブの入れられたデッキで、小気味よく操作するのが超楽しい。

2016_0717-12.jpg

コイツのもつ乗り味のほとんどを理解できていない話はさておいて、
心の底から所有欲を充たしてくれるスケートボードだ。

1万7千円(税別)という値段が、高いと感じるか、安いと感じるか。
スケートデッキの相場から言えば高いのでしょうが、
そんな相場感に疎い私には、むしろ絶対的に安いと思った。
銀座の画廊で売ったら10万円くらいだったら払う人いるんじゃないのかな??

ヒトでもモノでも、その関係性において大切なのは「尊敬」だといつも思う。
「畏敬」だと行き過ぎ、「好き」とかだとちょっと足らない。
その人を、そのモノを「尊敬できるか?」が、いつも私の琴線の線引きになる。

尊敬できるモノと暮らす幸せに関しては、
すでに言わずもがなでございましょう・・・良い買いモノでございました(幸)
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スケートボード - ジャンル:スポーツ

2016.07.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

むむむむむっ❗️

2016-07-25 月 18:13:36 | URL | のぶ #- [ 編集 ]

はいはい。

2016-07-25 月 19:40:21 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR