FC2ブログ

私の男(映画)

watasinootoko3.jpg



昨日書いたように、原作は映画と違って時系列を逆に遡るかたちで書かれている。
映画は時系列に沿って描かれているので、
つまり映画と原作では描こうとするポイントが違うのだと思う。

それは、予告編にもあるように、この映画は、
淳吾と花の関係を、男と女の「愛」だと捉えている部分だと思う。

二人が紋別で暮らしはじめて少し経った、
中学生からの花を二階堂ふみが演じているので、
昨日言ったように幼女趣味感はかなり抑えられていて、
そのぶん普通に観ることができる。

watasinootoko4.jpg

奥尻島のシーンの子役がこの役を務めていたら、
それこそ悪い意味で問題作になっただろう。

花は実の父親であっても、否、実の父親だからこそ、
他人以上に愛することができると信じていて、そういった間違いを犯すことを、
観る者にもすんなりと理解できるようにできている。
少女に芽生える「普通の恋心」なのだと、映画の方だと思える。

だから、本来、その狂った世界の源であるはずの淳吾(浅野忠信)の方が、
どちらかというと添え物で、あまりその狂気が伝わって来ない。

つまり、映画では狂気の根源は少女の方とされている。

watasinootoko1.jpg

「子どもの頃は淳吾のすべてが見えた・・・
 なのに、今はぜんぜん見えなくなった・・・」

花が大人になるにつれて、自分の愛したはずの男の本性が見えてくるぶん、
それまでに抱いていた男としての魅力も、
親子だからこそ抱くことのできる強い絆として映っていた関係も、
すべて消えてしまう。

watasinootoko5.jpg

それは、小学校の同級生と恋に落ちて、大学に進学したとたんに
男に対して抱いていた魅力が霧散してなくなってしまう、
普通にどこにでもあるような話とまったく同じだ。

人間は、子供という狂気の時間を経て大人になるという示唆なのかもしれない。

小説では、新婚旅行から花が帰る頃には、
淳吾はそれまで二人で暮らしてきた部屋をきれいさっぱり引き払って、
(あるものと一緒に)花の前からその姿を消しますが、
映画は結婚式の前日で終わっている。
自身が狂人であることを理解していた
淳吾の覚悟と引き際が、映画では描かれないので、
余計に男の方が添え物に見えてしまうと思った。

そんなわけで、私にとってこの『私の男』という作品は、
映画と小説、両方体験してはじめて完結する番(つが)いの物語でありました。

さて、二階堂ふみにしても、浅野忠信にしても、
そもそもこの2人をイメージしながら原作が書かれたのではないか?と
思えるほどのハマり役と言っていいだろう。
ただ、ハマるということは、その役者のイメージが強い場合は、
そのイメージに役柄が引っぱられてしまうので、それもまた良し悪しだ。

watasinootoko2.jpg

そんな強烈な個性のぶつかり合いの中、
少なくとも私にとっては役者としてのイメージのまったくない圏外から、
突如として現れたのが、淳吾の彼女「小町」役を演じた河井青葉。

小説ではそれほど重要な役どころではないのだが、
映画の方では花の恋敵として、
ある意味、花の暴走を加速させる触媒の役目を果たしています。

そして、つかみ所のない淳吾という男に惹かれてしまう、
泥沼の男女関係に沈んでいく女性の姿を見事に演じています。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

2016.07.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR