AUDI A3 車検

2016_0617-1.jpg

歳をとるにつれ、一年はどんどん短く感じてしまうものだが、
2年に一度と言いながら、ほんと車検はうっとうしいくらい、
またすぐにやって来る。

車検の是非に関しては、言い出すとキリがないのでここでは省くが、
少なくとも新車からの10年間は、5年に一度で充分だと私は思う。
それに、点検整備は個々人の責任問題であって、
国がとやかく言うスジ合いのものではないとも思う。
何より、車検を通っても不正改造で検挙されるなんてことも平気で起こるわけで、
それってつまり二重行政以外の何ものでもないだろう。

それと「税金ってほんと高いな」と痛感させられるのも、車検の嫌なところだ。
自賠責保険ってやつも相変わらず意味不明だ。任意保険を強制化すれば
自賠責なんて廃止していいはずだ。
とにかくこの国の暗部をいちいち再確認させられるのが、車検という悪しき制度だ。

私のA3で、いわゆる法定費用ってやつだけで54,240円。
そこに、点検費や手数料を加えた基本料金を加えれば、
なんの整備をしなくても、まずは10万円スタートだ。

10万円あったら新しいサーフボードが欲しい。

文句はこのへんでやめよう・・・

車検を前向きに捉えれば、もちろんそれは安全運行のため、
2年の間、安心しして遠出するためということになるし、
私のようなクルマ好きにとっては、クルマを気持ち良く走らせるためのものとも、
捉えることができる。

なので、この悪しき制度を、少しでも前向きなものにしたいと思えば、
近所のガソリンスタンドや、町の整備工場で「とりあえず車検を通す」的な整備は
避けたいところだ。

輸入車の場合、
それがディーラーであることは疑いようのない明確な事実であるのだが、
輸入車正規ディーラーの車検ほど、一般市民にとって贅沢なものはない。

とにかく「必要最低限」という言葉を知らないのか?というくらいに、
予防整備が徹底されている。もちろん車の故障というのは
予知することがほとんど不可能なので、経験則に照らして、
予防すべき点すべてに先手を打つという理に適った考え方なのではあるが、
ケーキを一口食べて捨ててしまうような部分が気に病むのもまた事実だ。

といったわけで、どこで整備するのか?という問題は、
かかるコストと点検内容とのバランスの見極めがとても大切で、とても難しい。

今までは、練馬にあったフォルクスワーゲン、アウディに詳しい、
オートハウス・ヒグチにお世話になっていたのだが、
現役を貫かれていた社長がご高齢だったためか、
残念ながら店を閉められてしまった。おかげですっかり車検難民になってしまった。
そこで、しかたなくググるわけだが、大手検索エンジンで、
検索上位に上がってくるようにリスティングをしているようなところは、
決まっていかがわしく感じてしまうので、これも痛し痒し。

一応口コミも調べるが、どういったわけか文句しか見つからず、
ほとんど参考にならない。
(人は文句があるときに書き込みをする習性があるらしい)

2016_0617-2.jpg

そこで今回、ひとつの指標にしてみたのは、
『BOSCH カーサービス』という検査システムのありなし。
詳しくはリンク先で確認して欲しいが、簡単に言うと「コンピューター診断」だ。

国産車は知らないが、輸入車はどのメーカーでも、
個々にECU(Electronic Control Unit)とデータをやり取りできる
診断プログラムを持っている。BMWのオートバイでもしかりだ。

聞くと、このBOSCHのプログラムも、メーカーごとに設定している、
細かい情報までは読み取れないが、基本的な安全に係わる経過情報には、
きちんとアクセスできるのだそうで、目視点検に加えて、ECUに残された
走行情報や、アラートを検知して、目に見えない部分の不具合まで
診ることができるのだという。

以前自動車雑誌でこれを見かけていて、その内容に興味があったので、
今回思い切ってそれを導入している、墨田区の『マリオットマーキーズ』
はじめてお願いしてみることにした。

フェラーリ、ポルシェなど、高級外車を扱われていることもあり、
輸入車の経験は豊富。
応接室もしっかりとしているというか、むしろ豪華で、
町の整備工場っぽさは一切ない。

syaken2014-1.jpg

オートハウスヒグチの野暮ったさが懐かしいし、
旨いラーメン屋がそうであるように、腕に覚えのある職人は、
見てくれはあまり気にしないという勝手な思い込みもあるので、
こちらの豪華さが逆にいぶかしく感じなくもない。

しかして、その内容は明瞭会計で、もちろん必要がないと自身で判断できれば、
交換しなくても良いし、何より提示された交換箇所に、
商売っ気を感じるいかがわしい項目も無く、とても信頼できるものでありました。

特に今回は、つい先日ディーラーから4輪ぶんのブレーキローターと、
パッドの寿命を報されていた
ので、それのセカンド・オピニオン的な意味合いで、
こちらから出て来る診断結果(見積もり)を楽しみにしていた。

結果は「フロントブレーキのみ、残量不足」と出た。
もちろんディーラーでの顛末は話しておりません。
ちなみにリアブレーキはまだ半分以上残っているとのことでした。

そこに今回は、輸入車のアキレス腱といってもいい、タイミングベルトの交換に、
私の場合、クルマは車検ごとにしか行わないエンジンオイルの交換、
エアコンフィルターの交換を行って、部品代、交換整備手数料は
しめて約10万円でありました。
ブレーキ関連の部品単価、交換工賃は、ディーラーの見積もりよりも
1万円程度安かった程度なので、凄く安いというわけではありませんが、
必要な経費がはっきりと見極められて良かったと思います。

もちろん2輪だけで済んだブレーキ関連の修理費はディーラーの半分以下。
出費を抑えたという気分以上に、エコに貢献できた歓びも重なります。

2016_0619-19.jpg

何より、エンジンもスムースに回り、ブレーキタッチも著しく向上した。
通常、車検整備はカスタムチューンではないので、
見た目にそれを確認するこはできないのだが、
今回は光り輝くブレーキローターにウキウキであります。
これこそ整備の醍醐味でありますな。
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アウディ - ジャンル:車・バイク

2016.06.30 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

リアのブレーキパッドって全然減らないですよねー
僕もいつも4輪同時に替えてたんですけど、前回自分で交換しようと
取り寄せたら、後輪全然減ってないから替えずじまいでした。
結局、リアぜんぜん替えてませんw
ストック持ってからもう2年経ってると思うんですけど...
それよりブレーキ踏むとジャダーが出るのでそろそろローター交換です。

2016-06-30 木 15:20:56 | URL | Toshi #- [ 編集 ]

Toshiさん
「あと1万キロくらいは保ちますがどうしますか?」っていう
感じに聞かれると勝手に想像していたので、
今回の「前輪側だけ寿命」という診断結果はちょっと意外でした。
オートバイでも前後輪で減り方は違うものので
当たり前っちゃあ当たり前なんですがね〜
そろそろブレーキくらい、自分でいじろうかなあ〜〜

2016-06-30 木 17:14:55 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR