FC2ブログ

BLINDSPOT

blindspot-3.jpg
blindspot-4.jpg

『ブラインドスポット』は、現在WOWOWで放送中の海外ドラマ。

blindspot-5.jpg

そもそも私がWOWOWを契約するようになったのは、
同様に海外ドラマの『フレンズ』が観たくて。

blindspot-6.jpg

スカパーを契約したのは『LOST』が観たかったからで、
要は映画と同様に、テレビっ子の私は、海外ドラマを観るのも好きだからだ。

ご存じ『24』以降は、大物俳優達も続々出演するほど、
ハリウッド映画以上に制作費のかかった、テレビ放映用連続ドラマも珍しくなく、
テレビ用と言いながらも、そのスケール感は日本のテレビ番組とは、
すでに比較にならないのは、皆さんもよく知るところだろう。

これまたいつも良作ばかりかというと、もちろんそんなわけもなく、
すべての海外ドラマに目を通しているわけでもないので、
良作への遭遇率は更に下がり、一年に一本あるかないかだ。

中でも、ビデオ化されずに、先に有料チャンネルで放送される連続ドラマは、
なにせ有料会員からの厳しい目に晒されるので、良作である期待感が高い。
そんなわけで、WOWOWと、スカパーでのチェックは欠かせないわけだ。

そのWOWOWで、ついこの間まで放送されていた、
ハル・ベリー主演の『エクスタント-インフィニティ』は、はっきりと駄作だった。
前作、『エクスタント』が面白かったので、誠に残念であります。
といったように、それでも当たり外れもあるわけだ。

あくまでも第5話を観終わった時点での感想ではあるが、
この『ブラインドスポット』は、
そんな酸いも甘いもかみ分けてきた海外ドラマフリークの私が、
きちんとオススメできる作品だ。

blindspot-1.jpg

物語はニューヨークのタイムズスクエアに、
持ち主不明の大きなボストンバッグが放置されているのを、
警邏中の警官が見つけるところからはじまる。

ボストンバッグに爆発物処理班が恐る恐る近寄ると、
突如中から全身にタトゥーを入れられた女性が現れる。

女性には一切の記憶がなく、タトゥーはつい最近彫られたものだと分かり、
背中の一番目立つ位置に「FBI カート・ウェラー」と、
名指しで彫られていたことから、カートはそのまま事件の担当捜査官となる。
そうして分析官が一つひとつのタトゥーを解析していくと、
それぞれが何らかの暗号になっており、
それは政府の隠してきた陰謀へと辿り着く・・・

blindspot-2.jpg

全身タトゥーに覆われた、記憶喪失の女性は、
ジェーン・ドウ(名無しの花子さん)と名付けられ、
それらの捜査に協力していくことになる・・・・

といったお話。
なかなか凝っていて、秀逸なサスペンスであります。
ただ、期待だけさせておいて、謎が明らかになるにつれ、
急降下的につまらなくパターンもあるので、用心が必要なのは言わずもがなだが、
今のところ毎週土曜の23時の放送が楽しみでならない!
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

2016.06.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR