サーフィン@千葉 5/14〜15

2016_0516-7.jpg

先週末はもちろん海へ。
とはいえ、今シーズンの私の海へのモチベーションを支えているのは
ミッドレングスに早く乗れるようになりたい一心だけだ。
もちろん天気の良い日の海は、ただ浮んでいるだけでも楽しいのですが、
毎回課題が見つかってそれをクリアしたいと思う気持ちは
そんな基本的な感情以上に楽しさをもたらしてくれる。
できないことのある人生は豊かだ。

今回もOYくんと千葉へ。
OYくんは近ごろメキメキとウデを上げていて
私に至ってはすっかり置いてけぼりの様相ですが、
成長過程なりの壁やら問題も共有できる部分もあって
OYくんの存在はとても助かっている。

2016_0516-2.jpg
2016_0516-3.jpg

前日の仕事で出発が遅くなったOYくんとは別に朝4時半に埼玉を出発。
5時過ぎに到着したアクアラインはいつも以上に空いていた。
天気も良いしドライブ日和でもあります。

2016_0516-5.jpg
2016_0516-6.jpg

まずは朝一の御宿、岩和田へ。
北東の風が強そうな予報だったので、
なんとなく南東を向いている岩和田に向かっただけで
特に根拠があったわけでもないのですが、
面はきれいで良いものの、いまいちパンチに欠ける状況。サミスィ〜〜

念のためお隣の部原も覗くが、そちらは更にサイズダウンしていたので、
御宿に戻って今のうちにできるところで入っておくことにした。

2016_0516-4.jpg

というわけで、やる気とは裏腹にまたもロングボードの登場・・・
朝7時時点ではセット間隔長めで、スネ〜モモ程度のポイントブレイク
ではありましたが、左右にきれいなショルダーの張ったセットもあり楽しめた。
しかして、それも30分間だけで、それ以降はみるみる小さく、
間隔も広がってしまい、人も増えてきた11時頃に上がることにした。

2016_0516-8.jpg

そのあと、昼前に南側から北上しながら御宿まで来てくれたOYくんと合流して、
その後の行動についてランチミーティング@Denny's。
せっかく北上して来てくれたOYくんには申し訳ないが、
南下しつつ私の行ったことのない場所も案内してもらいながら
ポイントチェックすることに。

2016_0516-9.jpg
2016_0516-10.jpg

結局、鴨川まで南下して、昼過ぎにマルキで再入水。
モモ〜コシたまにムネと、サイズもそこそこあったので
ここからはミッドレングス投入。

この日は他のポイントの波も寂しい状況だったようで、
ここもそれなりに混雑していた。
中でもきれいに割れている駐車場正面は上級者たちの激戦区。
最初は恐る恐る混ぜてもらうが、そんな心情で乗れるほど甘くない。
それでもツラの皮を厚くして臨むがそれも30分が限度。
すっかり気落ちしてさらに50mほど南側へ避難していそいそと練習に励んだ。

ただ、前回来たときもそうだったのだが、
ここの波はどういったわけか私には難しく感じる。
見た目にピークがパッキリと張っているのですがなかなか割れてくれない。
地形も急傾斜で深くなっている印象で、
追いかけてもそのままビーチブレイクまで行ってしまうし
最後はダンパー気味にグシャッとくる。

2016_0516-11.jpg
2016_0516-12.jpg

ただ、そんな中でも回りには上手いこと乗って行かれる方もいて、
余計にワケがわからなくなる・・・・何かがおかしいし、何かが足らない。
3時半まで粘ったが、繰り返される空振りパドルですでに電池切れ、
意気消沈してこの日は終了。

2016_0516-19.jpg

んで、宿を取っていた御宿までまた戻って、
5時から駅前の居酒屋で飲んだくれる二人。
この日は記憶がなくなるまで飲んでしまった・・・
記憶がないので、もはや反省のしようもない。

2016_0516-14.jpg

結局翌日も御宿周辺に波はなく、唯一波のあった部原は大混雑でパス。
この日もポイントチェックの大移動からはじまった。
前日南下したので、試しに北上してみるが北東面は風がブンブンに入っていて
何人かのチャレンジャーは入っていたが、もはやクローズ気味。
こりゃいかんとまたも南下を開始。まさに房総半島を右往左往。

頼みのマルキもさらにサイズダウンしていて、
ピンポイントでブレイクしている場所は人で溢れかえっていた。

2016_0516-15.jpg
2016_0516-16.jpg

仕方がないので更に和田まで南下したところ、
オンが強めに吹いていてそこそこ面もザワつきボヨついていましたが、
基本コシ以上のサイズの波が、
アウトするのに苦労しない程度のほど良い間隔で入って来ていた。
乗るなら乗るで少々手こずりそうだが、それでもなんとかできそうだ。
何より御宿から50km近く移動して来て空振りだったらあまりに報われない。

念のため言っておくと、この日の和田は
パッと張ってバーンと速く崩れるロングでは入りたくない種類の波だった。
贅沢を言ってる場合ではないホリデーサーファーにとって、
ロングボードとミッドレングスの2本を持ち込んでいれば、
波を選ばず海に向かえる。その意味は存外に大きい。

この日はカレントにたまに吹くサイドオンの風も強くて
気がつくとすぐにサーファーズレフトに流されてしまう。
位置を維持するためにパドリングを繰り返して無用に体力を消耗するよりも
広い場所で割れていたので、少々波質を落とす場所まで流されても
そのぶんその場所は空いているので、流された先で波を待つ。
そして波に乗ったら砂浜を歩いて元の場所に戻るルーティンを繰り返した。
9時前に入水して昼まで、腕が回らなくなるまで悪戦苦闘を続けて終了。
燃え尽きた。っていうか体力不足。

2016_0516-17.jpg

3時間近く海の上にいて「これだ!」と思えたのはたったの2本だったが
それでも軽い虚無感に襲われた前日のマルキに比べれば雲泥の差だ。
何よりその2本が超絶気持ち良かったのでこの際無問題。

波の高い位置をゆったりとトリムしていくロングボードの乗り味も素敵だが、
あからさまにレールの効いている、スピードの速いドライブ感を伴った走り方は
これまた脳ミソの違う部分にビンビンに電気が走るっ!
病みつき通り越して、すでに中毒性の高い類のヤツだ。
ほんの少しだけど、サーフィンの一番濃い部分に触れた気がする・・・
これ、かなりヤバいんじゃねーか???
あああ〜またすぐにでも味わいたい!

とりあえず、走り出してさえしてまえば、あとはなんとかなる。
深いボトムターンからスラッシュ上げて〜とか、
その先の上級メニューはこの際どうでもいい。
パーンッと張ったフェイスをレールでぶった切るように滑れれば今は充分。
そのためには何はなくとも安定してテイクオフすること。
やはり課題は走り出しの時点で波の角度とボードの角度を合わせることだ。
と思う。次はそこら辺にフォーカスして諸々試してみよう。

今はほんの数回でもそんな波乗りができれば充分お釣りが来る。
もちろん、急かされずにきっちりと走り出しを捉えやすい
もっと乗り易い波があるのだろうが、そんな日を待っていても仕方がない。

入口は見えてきた。あとはできるまで反復練習あるのみだ!
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2016.05.18 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

埼玉のへそ曲がりさん
はじめまして

私はhideと申します。コメントするのは初めですが、ブログは以前より拝見しています。少なからず、へそ曲がりさんの影響を受けております(笑)。

ゲレンデ専門だったのがバックカントリーにも手を出し、20年以上乗っていないバイクに興味(しかもオフロード!!NSR250の乾式クラッチ仕様で峠を攻めていたのに!!)をもって見積もりにいそしみ、これまた15年くらいほったらかしていたサーフボードを引っ張りだして海に行く始末(笑)。

もしよければアドヴァイスをいただければと厚顔にもコメントさせていただきました。

へそ曲がりさんはミッドレングスのボードを購入されましたね。購入の経緯や決め手はどのような点でしたか?(ブログを見返しましたがビッドレングス購入の記事はなかったと思います)

オフロードバイク、125CCか250CCにするかで悩んでおります。前者は維持費が安いし後者はパワーがあるし。へそ曲がりさんが初心者にすすめるならどちらの規格でしょうか?

お忙しいところ申し訳けありません。もしよろしければお返事くださいませ。

今後もブログの充実を期待しています!!

hide

2016-05-21 土 16:05:43 | URL | hide #- [ 編集 ]

hideさん

もろもろご迷惑おかけしております(泣)〜〜
しかして、
ここで会ったが百年目、お諦めください(笑)〜〜

さておき、
ミッドレングスのサーフボードの件ですが
ミッドレングスが欲しくなったのは、
ロングボードをやっていると短いのに乗りたくなるという
よくある話でありますが、このボードにしたのは
ホント単なるミーハーな理由なんです・・・

手に入れたのはMandala ASQ FISH の6.8ftなのですが、
ミッドレングスが欲しいという前にマンダラのサーフボードが
欲しかったという話の方が実は先なんです。
とはいえ、マンダラのボードはとてもお高いので
新しいボードを買うような甲斐性もなく
中古の出物を探していたところにズッポシと
こいつが出てきたというわけなんです。
たいした理由もなく申し訳ありません。
もう少し乗れるようになったらこちらでも紹介いたします。

オフロードバイクの件ですが、
乾クラのNSRに乗って峠で膝を擦っていらっしゃったと
思われますので、エンジンパワーには慣れていらっしゃる
でしょうから250ccでイイと思います。
125だとすぐに飽きてしまうとも思いますし。

オートバイのサイズは慣れなので、
まずは気にしなくていいと思います。

それと、使われる環境にもよりますが、
林道やオフロードコースなど走られる場所まで距離がある場合は
少しでも排気量は大きい方が長距離走行がラクになりますし。

ちなみに、話は若干逸れますが
オフロードバイクだけでなく、オートバイ自体が初心者の方には
いつもヤマハのセローをお薦めしています。
125と250の中間的な扱いやすさで林道トレッキングに向いています。

なので、
それよりも更にモトクロス的な攻めた走りがお望みでしたら
車体も大きめでサスペンションも長くて走破性の高い
ホンダのCRF250Lや古いところではXR250あたりが選択肢に入ると思います。
私がそちら方面で一番お薦めなのはヤマハのWR250Rです。
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/wr250r/
かなり性能の高いオートバイですが、
ツーリングのような使い方でも充分対応できますので
オフロード走行に慣れてきた頃でも伸びシロがあって
長いこと乗れると思います。

んで、そこから先の話も念のため言っておくと
もちろんKTMということになりますか・・・

というわけで、私めが諸々邪念を与えてしまっているようですが
これも何かの縁だと思います。
せっかくですので、この際これを機にサーフィンもオートバイも
更に楽しんでもらえればと思います。

これからもよろしくです!

2016-05-21 土 21:45:01 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

埼玉のへそ曲がりさん
お返事ありがとうございます!!

バイクはKLX125にするかCRF250か、でもほんとうに欲しいのはWR250なんだよな~WRだと70万か。それならKLX・・・とぐるぐる循環論法に陥っていたのですが踏ん切りがつきました!!

サーフボードも欲しい板があるのですがお値段が・・・波にも全然乗れないし、まずは安いのを買って練習しようかな?なんて思っていました・・・

どちらも欲しいものを買うことにします!!!!!!!!!!!!!

これからも読者をずっぽり底なし沼に引きずり込んでください。楽しみにしています(笑)

ありがとうございました。

hide

2016-05-22 日 03:17:15 | URL | hide #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR