新潟〜富山〜岐阜〜長野ツーリング 前編

DAY-1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 新潟〜富山市内

2016_0503-40.jpg

ゴールデンウィークの前半、4/30〜5/2日に、札幌からノブが
ユーコちゃんを伴ってタンデムツーリングでこっちに来ると言いだした。
スノーシーズンが終わっていたりいなかったり、
まだ寒い日も残るこの連休に、寒がりな私はツーリングにはあまり行かない。
何より長距離ツーリングじたいここ数年あまりしていないのでありますが、
いつも世話になっているノブのことなので、
ここは万難を排して付き合わなければならんわけだ。

そんなわけで20年ぶりにゴールデンウィークに
長距離ツーリングに出かけることとなった。

小樽〜新潟のフェリーを使って来ることもあり、
能登半島にあるオートバイ乗りの旅の定番と言っていい
波打ち際を車で走ることのできる『なぎさドライブウェイ』、
そして、ぜひノブに観てもらいたい白川郷に行くことを軸に
新潟港〜富山〜なぎさドライブウェイ〜金沢〜白川郷〜飛騨高山〜松本を巡る
旅程と相成った。

2016_0503-1.jpg

言ったように寒暖差の激しいこの時期のツーリングはウェアリングに悩まされる。
冬に海に浸かるような遊びをしているが、
セミドライのウェットスーツを着て冬の海に入るより、
オートバイの上にジッ〜〜〜と座って、
時速100kmを超える寒風に当たり続ける方が絶対に寒い・・・
もうひとつ言うと、−5°の冬山にいるよりも寒中ツーリングの方が寒い。

待ち合わせ場所の北陸道大積PAに8時までに行くためには
4時半に埼玉の自宅を出発する必要がある。
基本臆病者の私はかなり厚着をして、しかも予備のダウンのミッドレイヤーを
バックに仕舞ってから出発したのだが、関越道を所沢I.Cから走り出して
30分もしない嵐山PAで予備だったはずのミッドレイヤーを着込んだ・・・
これでもう後がない。
それでも震えは止まらず、もっと着込んでくれば良かったと後悔することに。
それほどこの日は寒かった・・・

2016_0503-2.jpg

話は前後するが、今回のツーリングに連れ出したのはHP2 Enduro。
素直に考えれば長距離ツーリングに向いているのはR1200GSの方なのだが
ノブの乗るハーレーは『ショベルヘッド』と呼ばれるクラシックモデルだ。
ここは敬意を表してよりスパルタンなHP2で迎え撃たねばならんだろう。

しかして、R1200GSならば、
前方からの風をほぼ防いでくれる大型のウィンドシールドに
グリップヒーターまで装備されているので、防寒対策には雲泥の差がある。
この時ばかりはやせ我慢してHP2を引っ張り出した自分が怨めしかった。

2016_0503-3.jpg

ただでさえ北に向かえば向かうほど寒いのに、
渋川を過ぎれば関越道はぐんぐんと標高を上げていくので
気温は更に下がり続け、朝7時の赤城の気温計は11°を表示していた。
時速100km、風速27.7m/秒、湿度30%で計算すると、体感温度は−2.8°だ・・・
おまけに六日町から小出の間では雨にも祟られ寒さはいよいよMAX。
ほとんど運転しながら気を失う寸前だった・・・

2016_0503-4.jpg

ガクガク震えながらも集合場所に到着、無事ノブと合流。
完全に内地をなめていたノブはTシャツに革ジャンでやって来ていて
更に死ぬ思いをしたらしく、新潟を走り出して間もなく
「もう帰りたい」と思ったらしい。
私は6枚も着込んで死ぬほど寒かったのだから、そりゃあそうだ。

2016_0503-6.jpg
2016_0503-58.jpg

そのあと陽も高くなり少しは気温が上がってきたがそれでもまだ寒い。
しかもこの日、ノブのショベルはご機嫌が斜めで、
スロットルを大きく開けるとエンジンがストールしてしまう症状に悩まされていた。
そんなわけで、親不知に立ち寄った以外はどこにも行かず、
ほとんど一目散にこの日の宿泊地である富山に向かった。
初日なので移動距離は短めに設定していたので「さすがに近すぎたかなあ?」とも
思っていたノダガ、この寒さでは結果オーライであった。これ以上は走れん・・・

2016_0503-8.jpg
2016_0503-7.jpg

13時には富山入り。
私も富山の市街地に来るのは初めてだったのですが、
北陸新幹線も開通した新しい駅ビルは、未完成のようでしたがやはりキレイだ。
何度でも言うが、路面電車の走っている街に悪い街はない。

2016_0503-52.jpg

それにしても、昼飯に食べた『白えび天丼』は美味かった〜〜〜
老舗だという『白えび亭』は順番待ちで長蛇の列ができていたので、
二軒先の名もないお店で食べたのですが、
それでも何でも白エビのサクサクッとした食感が堪らなく美味しい。
富山に行く機会があれば『白えび天丼』是非お試しあれ!

2016_0503-13.jpg
2016_0503-12.jpg
2016_0503-53b.jpg

富山の古着屋に行くというノブとは一旦別れ、
奇しくも出発の直前に自宅に届いた『エピソード7フォースの覚醒』を観ていた私は
富山県立近代美術館まで『スターウォーズ 未来へつづく、創造のビジョン』
を観に行った。

『スターウォーズ展』は六本木を皮切りに北海道、愛媛、神奈川、静岡、大阪、
富山、栃木、岡山の全国9会場で開催される巡回展で
本当は六本木の開催中に観に行きたかったのだが見逃していたものだ。
ちなみにユーコちゃんは札幌の回を観に行っていたのだそうだが
スターウォーズを観たことはないのだという。
そんな女性まで魅了するとは。スターウォーズ恐るべし。

場内は撮影禁止だったので入口にあったダースベイダーとストームトルーパーしか
紹介できないのが残念ではありますが、ダースベイダー、C-3PO、R2-D2、ヨーダ、
チューバッカといった主要キャラクターから、サンドピープルに至るまで、
エピソード6までのサーガで使われた衣装や撮影小物に
1mを超えるサイズのミレニアムファルコンをはじめとした模型群、
ジェダイ、シスのライトセイバーも数多く展示されていた。
何より展示品のすべてが撮影で使われたホンモノであるということが感動だ。
ただただ素直に興奮させていただいた。

美術館と言えばミュージアムショップが魅力的であるが、
この展示の場合はそこに並ぶ品々はすべて単なる “グッズ” だ。
これ以上荷物を増やせないツーリング中でなければ
かなりの散財を覚悟する必要があっただろう。助かった・・・

2016_0503-56.jpg
2016_0503-59.jpg

実は今回、北海道を一緒に滑ったエヌオットとサッちゃんが
わざわざ富山まで来てくれた(エヌヨメは体調を崩し残念ながら不参加)。
もちろんその晩は5人で富山の美味いものを肴に気を失うまでしこたま飲んだ。
エヌオット、サッちゃんありがとう〜!

といったところで二日目以降の模様はまた明日!
(後編へつづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2016.05.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR