Gopro推奨 microSDカードの話

2016_0427-1.jpg

今シーズンは撮影した動画を紹介する機会がほとんどなかったのですが、
当初は雪山にはGoproを持って行っていたし、実際に撮影もしていました。
しかして、度々勝手に電源が落ちていまう不具合が続発していて、
実は撮れていませんでした・・・なんてことが繰り返し起きていた。

昨シーズンも似たようなことはあったのですが、それでも
電源を入れ直したりすれば不安は残るものの問題なく録画できていました。
それが今年に入ってからはスタートボタンを押して
「ピッ!」とビープが鳴った直後に「ピピピッ!」っと鳴って
勝手に録画が止まるようになってしまった・・・

ただでさえ滑走準備に割ける時間が少なくなることの多いBCツアーで
Goproをセッティングする時間は割愛したいところにもって来て
あとで確認したら「撮れていませんでした・・・」なんてことが続くと
マジに嫌気が差してきてしまい、持っても行かなくなってしまった。

とはいえ、そうも言ってもいられないので、
その一方では安定させるための対策を考えてはいました。

もちろん本体の不具合だったら修理に出すしかないのであるが、
その前に周辺機器のチェックは避けては通れない。
まずはバッテリーの保ちも悪かったのでバッテリーを
新しいものに交換したりもしたのですが効果なし。

「そういえば、Goproが推奨するmicroSDカードが
 あるとかないとかどこかで読んだな」


とふと思い出し、
ちょっとお高いのですがGoproのホームページで確認して
メーカー推奨とかいうmicroSDカードに買い直してみた。

すると、Goproの動作は「ド」がつくほど安定するようになった。
しかもバッテリーの保ちまで良くなるおまけ付き。
SDカードって世界標準規格のはずなのに、
機器との相性があるのって一体どういうことなのよ?
製品品質管理の問題なのか?

広告の仕事をしているとアフターサービスの対応力を売りにしている企業や
製品が多いことが良く解る。それだけ日本人は故障が嫌いなのだ。
そんな日本人の気質に対応しきれずに日本を去った海外メーカーも少なくない。

近ごろはクラウド・ファウンディングをはじめとして資金調達が容易になったり、
3Dプリンターの登場によって開発コストが下げられたりしたことで
大企業には生み出せないような気の利いた製品が多く登場するようになり
そんな製品を容易に世界中から手に入れることができるようにもなった。

でも、いかに開発が容易になっても、
動作を安定させるための製品テストや検査、品質管理にかかる時間や
もしもの場合のアフターサービスにかかる人員整備、
それらにかかるコストが膨大である事にはなんら変わりはない。

だからこそ、そういった小回り良く開発された製品をはじめ
お世辞にも安定性や安心感が高いとは言えないような
ベンチャーな製品には今後も大きな注意が必要だと思う。
特に私のような「投資慣れ」していない新しモノ好きには尚のこと注意が必要だ。

シャープや三菱自動車のような暗い話題が多い昨今ではありますが
そういった理由でMade in JAPANの復権を願ってやまない私であります・・・
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2016.05.19 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

僕も最初Sundiskのカードをネットで買ってやられましたね。
偽物で書き込み転送速度遅すぎで記録して2〜3秒で
ピピピピって鳴って録画止まってました。
いきついたのはカードでしたねー

2016-05-19 木 14:34:14 | URL | Toshi #- [ 編集 ]

そういえば、そもそもGoproのSDカード問題は
ToshiさんがFBに上げてたネタでしたっけ?
いや〜助かりましたわ〜

2016-05-20 金 09:59:33 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR