北海道 3Days Part-4【チセヌプリ】

2016_0411_2-35.jpg

2016_0411_3-75.jpg

前の晩はかなり深目に飲んだのですが、ヘパリーゼ-HYPERの上を行く
『ヘパリーゼ-Premium』のおかげか翌朝スッキリ!
しかも今回の宿の露天風呂は、羊蹄山を正面にいただく絶景風呂なので
ア〜ンド朝風呂でスッキリ度2倍だ。

そして今日で今シーズンの北海道もいよいよラストだ!!

帰って息子さんとプラレールをメイクしないとならないテラくんとは
残念ながらここでお別れ。
そんなわけで、今日はノブ、ショウタくん、OYくん、エヌヨメ、R子に
札幌から来たユーコちゃんを加えた7人でチセヌプリを登ることにした。

ちなみにユーコちゃんは今年の1月からスノーボードを始めたばかりの
実はバリバリの初心者。春とは言え、始めてたったの3ヵ月で
チセヌプリのBCエリアに行くというのだから道産子魂をナメたらあかん。

2016_0413-19.jpg

しかして、R子は先週までの一週間アラスカにいたわけで、
(冗談抜きであのアラスカ!)
そういう意味では埼玉っ子にもハンパでないヤツはいる。

2016_0411_2-37.jpg
2016_0411_2-36.jpg

雪が緩むタイミングを見計らってゆっくりと9時過ぎにハイクスタート。
まだ少し風は残るが見ての通りの晴天。気持ちが良い。

チセは一本だけだがリフトの架かる営業を中止してしまったスキー場なので、
まずはそのリフト降り場までゲレンデを登る。
もちろんオープンな場所なので登りやすいのだが、斜度はそこそこあって
その見た目とは違って結構足に来る。

2016_0411_2-38.jpg
2016_0411_2-39.jpg

40分ほどでリフト降り場に到着。
しかして、そこを過ぎてチセヌプリに取り付いたあたりから
更に斜度が増しはじめ、いよいよここからがハイクの本番だ。
ショウタ先生はそこをジグを切らずに
歪みのない直登で登り切るラインでパーティーを引っぱる。
この日はスノーシューだったのだが、雪もかなり締まっていたので
歯もしっかりと噛み込んで登りやすいは登りやすいのだが、
MSRのヒールリフターの高さではほとんど足らないほどの急勾配が続く。

でも、ジグを切って登れば、足が斜めに接地してそれはそれで疲れるので、
スノーシューの歯がきちんと噛んでいるこの場合は直登が正解だろう。

2016_0411_2-40.jpg
2016_0411_2-41.jpg

特に1,050mを越してからの最後の標高差50mくらいがキツイ。
私は高所恐怖症ではないのだが、ズリッと来てバランスなんか崩したら、
一発で麓まで転がり落ちるであろうその斜度にかなりビビる。

2016_0411_2-2b.jpg

1時間40分で登頂〜〜〜〜!
私の後ろにいるのがユーコ嬢。
あの険しい斜面を、経験者に遅れることなくケロッと登頂を果たした。

そのまた後ろのアラスカ女も
あのカチコチの急斜面をシールだけ(クランポンなし)で上がってきた。
雪上車並みのトラクションだ。

2016_0411_2-44.jpg
2016_0411_2-42.jpg

手前からチセ、イワオ、アンヌプリに羊蹄山の揃い踏み。絶景です。

2016_0411_2-47.jpg
2016_0411_2-48.jpg

太陽は射しているが、頂上付近はさすがに風も強くて寒い。
休憩もそこそこに南東側のオープンな斜面にドロップ。
最初の50メートルほどはあまり日射の影響が出ていないのか
まだカッチコッチのボッコボコ・・・
無線で後続に陽の当たっている更に東側の斜面を滑るように指示。

それにしても驚くべきはユーコ嬢だ。
この斜度になると、普通の初心者なら及び腰になって
エッジが抜けてしまうであろうところを、しっかり谷側に上半身を落としながら
無駄なくエッジに体重を載せている。しかも、斜度のキツイ箇所は
セイフティにヒールサイドでズリズリ〜っと降りてくるかと思いきや、
谷回りも山回りもきちんとターンしてくるからスゴイ。ほんとに初心者なのか??

2016_0411_2-5b.jpg

カチコチの50メートルを過ぎればそこから先は素敵なシャウダーゾーン!
一気に標高差100mをノンストップで堪能させていただきました〜〜〜極楽です。

2016_0411_2-49.jpg
2016_0411_2-50.jpg

こりゃタマラン!春全開っす!

2016_0411_2-51.jpg
2016_0411_2-52.jpg

66号線沿いに森を抜けて雪秩父に滑り降りる。

2016_0411_2-53.jpg
2016_0411_2-4b.jpg
2016_0411_2-54.jpg

無事帰着〜〜〜〜!

2016_0411_2-55b.jpg
2016_0411_2-56.jpg

駐車場に着いたら慌ただしく荷物をパッキング。
やはり旅慣れているせいか、
アラスカ女は登りも滑りも速いがパッキングも異常に早い。
そしてショウタくんはそんな待ち時間もスケーティング〜〜ほんとお好きね〜〜

2016_0411_2-59.jpg

2016_0411_2-60.jpg

パッキングが済んだらそそくさと羊蹄山に別れを告げて、
ニセコから千歳には向かわず、遠回りして余市に向かう。
これまたすっかり恒例となった『ガーデンハウス』の「まかないチラシ」をいただく。
ボリューム満点なのに激美味い。よって繁盛店だ。最高っす!北海道万歳!

2016_0411_3-75.gif

あ〜〜今回も楽しかった〜〜〜
クドいようだけど、北海道はいろんな意味で決して遠くない。
せっかく来たのに雪が良くなかったとか、天気が良くなかったとか、
当たったの外れたの言う人がいるが、
滑り以外の北海道を満喫する気持ちや余裕を持てれば北海道は絶対に裏切らない。

そしてもちろん、ローカル達と知り合えれば、尚のこと旅の成功率は上がるだろう。
そういった意味でも私はもちろん運が良かったと思う。
でも、コチラのローカル達は本当に心根の良い人たちばかりだから、
すぐに打ち解けられることだろう。
何よりそんな出会いも来てみなければはじまらない。

行かずに済む理由を探す前に、たとえ時間やお金がかかっても
行っても後悔しない方法を探し求める方が絶対に人生は豊かだ。

のぶ、ショウタくん、テラくん、そしてユーコちゃん。
また絶対行くからね〜〜〜〜!これからもよろしく〜〜〜〜〜っ!
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2016.04.13 | コメント(6) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

いやいや、毎回毎回の宴会は特に面白いよねw
もう、宴会メインで滑るのはオマケ的になってるパテーン?www

2016-04-13 水 16:38:13 | URL | Nob #- [ 編集 ]

Nob
確かに・・・
セッションはじまる前から飲むことばっかり考えてるしな。
でもあの飲みは楽しいっ!

2016-04-13 水 17:18:37 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

朝から晩までサイコー過ぎましたネ~!
夏のスケート待ってま~す!

2016-04-13 水 17:28:32 | URL | しょーた #JalddpaA [ 編集 ]

しょーたくーん
夏も行きて〜〜〜っす〜〜

2016-04-13 水 17:54:30 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

いやー今回のレポートは最初こそ冷静に読んでましたが相当ヤバイですね。
都内で花見をしてる場合じゃない。
来シーズンは飲みも滑りもjoinしたいっす。
それにしても、チセヌプリの文字強調まで・・ヌカリないですねー

2016-04-14 木 11:47:41 | URL | マッキー #USanPCEI [ 編集 ]

マッキーさん
来季は来てよ〜〜

2016-04-14 木 12:10:28 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR