NISEKO DOWNCHILL SESSION 2016

2016_0411_2-25b.jpg
2016_0411_2-58b.jpg

さあ今年もダウンチルセッションに参加してまいりました!
まず、ダウンチルセッションが何か解らない方は
ソッコーで『NISEKO DOWNCHILL』を買って観ましょう〜〜

とにかく、スクールでもなければ、ガイドツアーでもない。
かと言って各自自由に滑っているオープンイベントでもない。
ユル〜く見えて滑り自体は太ももの乳酸爆発系のかなりのガチ方向。
とはいえ、キホン的には絶対に楽しんで行きましょー!という
まさにセッションを画に描いたようないわゆるパーティーだ。

2016_0411_2-11b.jpg

しかも天海洋くん、廣田鉄平くん、和田直也くん、
宮内皆人くん、鈴木大祐くんに我らが佐々木勝巳師匠と、
ニセコダウンチルの誇るそうそうたる顔ぶれが引っぱってくれる。
彼らのテクニックを真後ろから眺められることもさることながら、
雪山での遊び方、楽しみ方を教えてもらうのが、私は何よりの楽しみだ。
彼らを見ていると技術ありきというよりも、
遊び方がまず先にあって、そのための技術なのだと感じるし、
そうして生まれた技術をまた遊びに還元していくアイデアや感性の総称を
『Downchill』と呼んでいるように思う。

それまで私は、イマイチ楽しめていない、遊べていない理由を
つい技術的な問題にすり替えて考えてしまいがちだったが、
そんなダウンチラー達とセッションを重ねるうちに、
そもそもの目的意識を持つことの大切さと、その目的とはつまり
「楽しむこと」という横向きに雪山を滑ることの原点に気づくことが出来た。
そして実際にそれからの自分の方が、何倍も上達している。

そんなダウンチルの本質に触れるのに、春という季節はまさに最適だ。

2016_0411_2-10b.jpg

セッションに限らず、彼らとの時間の始まりを告げるのは
いつもグータッチから。

2016_0411_2-71.jpg

この新しいダウンチルのロゴマークに北海道とともに描かれているのも
ハイタッチからの〜〜グータッチだ。

そして今回も佐々木勝巳班、天海 洋班、廣田鉄平班に分かれ
それぞれの班にテールを務めるライダーがついてくれる。

私はもちろん勝巳班に入れてもらった。
参加者の大半を我々のグループが占めてしまっていたのですが、
全員揃って勝巳班にお世話になることができた。
なので、勝巳班だけ大所帯〜〜〜
でも、皆人くんにユウスケくんがテールについてくれたおかげで
ライダー濃度は濃ゆいままだ。ありがたや〜〜

2016_0411_2-12b.jpg
2016_0411_2-13b.jpg
2016_0411_2-14b.jpg

スタートは今年もアンヌプリのピステンでのギッチギッチのカービング道場から。
この日のニセコは悪天候も予想されたが、
まずはピーカンのこれ以上ないシチュエーションからセッションスタート。

ゲレンデ上部はまだカチコチのアイスバーンが予想されるため
ゴンドラには乗らず第一クワッドで回す。
一本目はそれでも硬〜いピステンでありましたが、
二本目からはかなり踏める良い塩梅に変わってくれた。

2016_0411_2-15b.jpg
2016_0411_2-16b.jpg
2016_0411_2-17b.jpg

三本ピステンを回したところで、ザックを背負ってええ沢へ。
この頃には太ももが爆裂状態で、沢のボトムでタテGに耐えられずに
あっさりと潰れされる〜〜キッツーッ!!

とかなんとか、弱音がのど元まででかかったタイミングで
クワッド乗り場に着くと、そんな私の体たらくを知ってか知らずか、
勝巳師匠が小休憩させてくれた。助かった・・・

しかして、そのすぐあとに、強風によりゴンドラもクワッドも、
止まったり動かしたりしながらの歩くよりも遅い超徐行運転になってしまった。

そこで勝巳師匠の今日の一言。

「あぶなく宙づりロッケンロールだったね」

正直ここまで来ると何の韻を踏んでいるのかさえサッパリ分からないが、
そのあまりの破壊力に思考停止に追い込まれる!
師匠はすでに詩人の域に達していると言っていいだろう。超サイケだ。

そんな具合にワイワイと楽しんでいたら、
そのあとアンヌプリのすべてのリフトが止まってしまった・・・マジか!

2016_0411_2-18b.jpg
2016_0411_2-19b.jpg
2016_0411_2-20b.jpg

リフトが動かないのならば、登ればいい。
勝巳班はみんなでイワオヌプリに移動。
特にイワオの下部は囲まれていいるため風はない。
その時その時の状況に合わせて遊ばせてくれるのもニセコローカルならでは。

2016_0411_2-8b.jpg
2016_0411_2-21b.jpg

てくてくとツボ足で登り〜〜の

2016_0411_2-22b.jpg

ドーンっと当て込み〜〜の!
自分ももちろん滑るのだが、鉄平班も来ていたので、
勝巳師匠に鉄平くんに直也くん皆人くんユウスケくんの
ライダー達の魅せる滑りをビール片手に堪能させていただく。
これまた贅沢〜〜

2016_0411_2-23b.jpg
2016_0411_2-24b.jpg

2016_0411_2-28b.jpg
2016_0411_2-29b.jpg

そのあともう少し上部まで足を運び、
イワオヌプリのナイスなシャウダーを堪能させていただく。

2016_0411_2-26b.jpg
2016_0411_2-27b.jpg


[広告 ] VPS

あ〜〜気持ちエガった〜〜〜〜!

2016_0411_3-72.jpg
2016_0411_2-7b.jpg

そのあと急遽スタート台が設けられ、突然の飛び大会。
もちろんこういうときこそ宮内皆人はヤル男だ。


[広告 ] VPS

ほとんどスピードのないとことからのフロントフリップ!!!
スゲー。

2016_0411_2-30b.jpg
2016_0411_2-31b.jpg
2016_0411_2-32b.jpg

そのあとは今年からはじまったスケートセッション!
ダウンチルな面々はもとより、参加者もみんなスケート持ってきてるし!

あたしゃマトモにスケート乗れないので眺めているだけですが、
見てるだけでも楽すぃ〜〜っス。

2016_0411_2-33b.jpg

そして、お次はナイトセッションだ〜〜!
まだまだダウンチルは終わらないぜ〜〜〜〜!
(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2016.04.12 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

お疲れ様でした!

お疲れ様でした!
いろいろお膳立てして頂きありがとうございました!
出来れば、本調子の膝で、参加したかったですが、メチャメチャ愉しかったです!来シーズンは、装備と、体調万全で参加させて頂きま〜す!

2016-04-13 水 13:15:48 | URL | quetaro #- [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした!

quetaroさん
そうですね!次は万全の状態で楽しみましょう〜〜!

2016-04-13 水 13:48:03 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR