北海道 3Days Part-3【Day-2】富良野岳

2016_0322-23.jpg

北海道トリップ二日目の日曜日、ノブのハーレーの先輩で
スキーヤーのムーさんに富良野岳を案内してもらうことになり、
ノブ、エヌオット、OYくん、私の4人は朝5時半に旭川を出発して
一路富良野岳を目指す。

富良野岳までの道中は、前日までの雨も止んで青空が広がっていたが
遠くにそびえているはずの富良野岳、十勝岳には重めの雲が纏わり付いて
その姿を拝むことは叶わなかった。

2016_0322-24.jpg

そして、クルマで山道を登りはじめる頃にその雲の下へ入るとその下は雪。
駐車場でもうっすらとではあったがすでに積もっていた。
これは山の上はもっと積もっているかも知れない!

そうして7時前に駐車場に到着すると、なんとテラくんも友人達と共に来ていて、
期せずしてGroovy Session以来の再会を果たした。
埼玉と札幌と距離は離れているのに、もの凄い確率で会っている。縁だね〜〜

2016_0322-25.jpg

そして、その間にもハラハラと雪は舞い降りてきていて、
斜面の状態の良さゲな予感とは裏腹に、
やはり山は濃いガスで覆われていてお世辞にもハイク日和とは言えない状況。
少し様子をみようということになり1時間ほどガスが晴れるのを待って
8時半に駐車場を出発した。

2016_0322-39.jpg

この日の相棒はMAGIC38 Split。
久しぶりにMAGICに乗った、先週の芳ヶ平での印象もかなり良かったし
ムーさんがスキーだと聞いていたので、今回はMAGIC38を持ってきた。
実はこれが北海道での初スプリットだ。

2016_0322-26.jpg
2016_0322-27.jpg
2016_0322-28.jpg

ジャイアントと呼ばれる尾根を登る。
森を抜けると雲が切れ始め、雲間から遠くまで見渡せるようになってきたが
残念ながら真正面にそそり立つはずの十勝岳の方向は
雲が切れずにその勇姿を見ることができないままだ。

2016_0322-29.jpg
2016_0322-30.jpg

途中テラくんのパーティーに追いつかれた。ハイクが速い。
尾根を一本落とすのだという。確かに尾根上にも
歩くだけではもったいないスネ深の雪が面ツルで積もっている。

ちなみにムーさんも山好きのエヌオットも、
この日は来ていないがショウタくんもハイクは速い。
つまり遅いのは私とノブ、そしてOYくんだ。

2016_0322-31.jpg

そんな二人の足を引っ張りながらも2時間足らずで標高1,500mに到着。
ここから先はカチコチ感高し。まずは一本ベベルイ沢を落とす。

2016_0322-32.jpg
2016_0322-33.jpg
2016_0322-35.jpg

足突きするし、ときにガリッと硬質な足応えもあったが
パウダーはパウダーだ!特に前日雨に降られた身にはもう存外の宝物にしか思えない。
つまり、WE DID IT ! (1)だ!

そして適度な斜度のあるオープンバーンで、
かかる落下重力に対して躊躇なくテールを垂直に踏み続けながら
ギュインギュインにドライブしていく様はまさにMAGIC38の真骨頂。
ラウンドテールにこれはできない。独断場だ。

2016_0322-34.jpg
2016_0322-36.jpg

もう一度ジャイアントに取り付いて同じ尾根上を40分ほど登り返し。

2016_0322-37.jpg
2016_0322-38.jpg

お次はベベルイ沢の一本北尾根寄りを落としてそのまま北尾根に取り付き
そこから登り返し40分。

2016_0322-40.jpg
2016_0322-41.jpg

しかして、最後は北海道内陸部の極乾雪にシールが噛まなくなり、
そんな乾いた雪が10cmほど積もった下はカリンコリンという
クランポンを出すまでもない、あからさまに滑ってもつまらない状況に
なった辺りでこの日最後の滑走準備。

2016_0322-43.jpg
2016_0322-42.jpg

北尾根からのTGR!
ちなみにTGRと言われてもTETON GRAVITY RESEARCHしか思い浮かばない。
まさかそのTGRとは関係がないと思うので、その名前の由来はわからないが、
エクストリームな映像で知れたTGRと相通じるように
こちらのTGRも雪崩の多発エリアなのだそうだ。そしてこの日のTGRの下部は
訪れた者にそれを一瞬で理解させるデブリーランドが広がっていた。
しかして
そこまでの樹林帯の吹きだまりでは
底突きのまったくしない乾いた超パウダースノーが整った
超面ツル斜面!生きてて良かったレベルの滑走だ!!!
WE DID IT !
(2)

2016_0322-45.jpg
2016_0322-47.jpg
2016_0322-48.jpg

12時40分無事下山。
景色が良ければ尚良かっただろうが、この際そんなの関係ねえー
いんや〜〜〜〜楽しかった〜〜〜〜〜
やっぱり北海道はオレを裏切らないぜ!

2016_0322-50.jpg

向かって右がジャイアント尾根で、左が北尾根。その下部の森がTGR。

2016_0322-49.jpg

下山後は三段山の登山口にあたる『吹上温泉 白銀荘』に直行してひとっ風呂。
これまた生きてて良かった的な良質な時間。癒されるぜ〜〜〜〜〜い。

2016_0322-60.jpg

ちなみに『北の国から』で田中邦衛と宮沢りえが入ったという露天風呂も
吹上温泉にあるのだが、白銀荘はそことは別。
だいたいからして非国民なオレは『北の国から』観てないし。

2016_0322-46.jpg

ムーさん本当にありがとうございました〜〜〜〜!
楽しかったっす。
ちなみに、下山後にムーさんがこのブログを読んでいてくれていたことが発覚。
これまた縁。良縁であります。ムーさんまたお付き合いくださーい!

2016_0322-51.jpg
2016_0322-52.jpg

なぜか十勝岳を拝むようにそそり立つ観音様のある
上富良野のホテルにチェックインしたらその晩も焼き肉だ。
しかして、上富良野でサガリと言えば豚サガリ!!!

2016_0322-59.jpg

ちなみに「サガリ」とは横隔膜の部位の名称でつまり「ハラミ」。
豚ハラミのこと。牛とは違って歯ごたえ系の味わい系だ。塩味がオススメ。旨し
ここ『焼き肉 秀』は食べ放題飲み放題でなんと3,800円!!!!!こりゃヤバいぜ!

そして、またもや酒に溺れた私は酒乱気味に大騒ぎを引き起こし
みんなに大迷惑をかけてしまった・・・・スンマセン・・・
お酒はほどほどにしよう・・・自重します。

さて、
その晩の降雪もないようだし、最終日の月曜日はBCは諦めて
OYくんもエヌオットも行ったことがない富良野スキー場を滑ることにした。
すると、今年もまた素敵なハプニングが待っていてくれるわけよ!
やっぱり北海道はオレを裏切らない!!!!!(つづく)

  _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ おまけ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

2016_0322-21.jpg

今回はAIRDOで来たのだが、
AIRDOに限らず機内サービスはいつも問答無用でコーヒーを頼むところ
気まぐれにオニオンスープをいただいたら、
これまた超絶美味くて機内販売で2箱買ってしまった。

【以下AIRDO説明文】
甘みのある北海道・北見産のタマネギをふんだんに使用し、
タマネギ本来のうま味とコクが濃縮!
機内だけでお求めいただけるAIRDOオリジナルパッケージ入りで、
ヒゲがあるベア・ドゥが入っていたらラッキー!
5g×15本入り:500円

  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2016.03.24 | コメント(6) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

酒乱www 

2016-03-24 木 14:31:05 | URL | Nob #- [ 編集 ]

Nob
なにぶんにもご内密に・・・・

2016-03-24 木 18:23:32 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

楽しかったです。また、滑りましょう。ブログチェツクしてます。

2016-03-25 金 18:06:27 | URL | ムー #- [ 編集 ]

ムーさん
コメントありがとうございまーす!
またゼヒ是非よろしくお願いいたしますです!

2016-03-26 土 00:20:53 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

黒岳

はじめまして。いつも楽しく拝見してます。3/24黒岳に行ってきました。つれが深雪滑れないのでほんの少ししかハイクしませんでしたが、新潟のハイシーズンなみの雪でした。天気最高で頂上からすべるオージーが羨ましかったです。北海道凄いですね。旭川の寿司みなとも最高ですよ。

2016-03-26 土 07:27:40 | URL | ひろ #hE4kmW4M [ 編集 ]

Re: 黒岳

ひろさん
コメントありがとうございます。
同じ北海道でも内陸部の雪はまたひと味ちがいますよね。
私の北海道の幸は、近ごろ肉です!(笑)

2016-03-28 月 09:53:17 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR