FC2ブログ

メイズ・ランナー 1〜2

maze-runner_1.jpg
maze-runner_2.jpg
maze-runner_3.jpg



『ハンガー・ゲーム』をはじめ、
かの米国では近ごろライトノベルの映画化が流行っていらっしゃるようで
この『メイズ・ランナー』も紛うことなくその一派に属する作品だ。

なので、アイドルやヤングスター総出演の
若者向けであることも同様のフォーマット。

特に、さして内容もないのに4部作化されてその間延び感がハンパない
『ハンガー・ゲーム』には心底ヘキエキとさせられているのだが、
それでも「ジェニファー・ローレンスが好き」という理由だけで
観ている自分もいるのでこの際文句は言えない。

そんなわけで、さして期待もせずに暇つぶし目的だけで観たりするわけだが
『メイズ・ランナー』はそんなハンガー・ゲームとはちょっとだけ違って
案外、観応えがあったりする。

記憶を無くした若者達が巨大な迷路の中に送り込まれ
そこから脱出しようとするだけの話で
若者の前向きな生き様を見せられるだけかと思いきや、
そこはライトノベル原作らしく「誰が」「何のために」「こんな酷いことを」という
不条理でありながらも肝心部分だけがしっかりと隠されているサスペンス満載。
そんなわけで嫌が応にもその理由を知りたくて最後まで観てしまう。

かといってその核心に迫るまでは退屈させられてしまうかというとそうでもなくて
謎の散りばめ方と謎めいたキャラクターの人間像やアクションシーンを観ているうちに
グイグイとその核心に迫っていってくれる
簡単に言うと『LOST』+『CUBE』+『SAW』+『ALIEN』といったストーリーで
実はとても大人っぽい良作でありました。

しかして、謎が解き明かされたあとに続編を重ねれば
作品の本質的な魅力が必要になってくるのは映画界の摂理でありますので
次の最終章デズッコケないことを願うばかりだ。

maze-runner_4.jpg

そんな次作『The Death Cure』は2017年2月17日全米公開予定だそうです。
ずいぶん引っ張るね・・・
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

2016.04.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR