FC2ブログ

GENTEMCHOPSTICK Flyfisk Split【ツアーモード インプレ編】

2016_0215-38.jpg

滑走感に関しては再三こちらでべしゃりまくっているので、
そろそろ『Flyfisk Split』のツアーモードでの使い勝手に関して書いてみたい。

先日の東北トリップまでで、のべ4日間使ってみたわけだが、
第一印象としては「この太さは想像したほどハイクに影響しない」というものだった。

私が細いモデルでも足を交差する際に逆側のボードを踏んだりすることが多く
それに対して少々ビビり過ぎていたというのがコトの真相のようです。
片足の板を踏むのはバランスを崩したときに多く観られるようで、
太いぶん片足を持ち上げたときに足許が安定していてバランスを崩しづらく
むしろFlyfiskの方が一歩一歩の踏み込みを確実に行えるようだ。
これには良い意味で拍子抜けさせられた。

2016_0201-15.jpg

その反面「これだけ太ければ、その表面積を利してシールグリップも上がるだろう」
という私の稚拙な予想もまた裏切られた。
シール面積によるグリップ力への影響は想像するほどにはないようだ。

というのも、これだけ太いスプリットボードをはじめて使ってみて
痛いほど良く解ったのは、ソール面が雪面に平行にヘバりつくようなことは
ほとんどないという事実。太いので尚のことそのことを感じやすかった。

つまりシール全面を雪面に押しつけられる場面というのはきれいに面が整った
雪面であって、そういった雪面は斜度のない平らな場所に多く見られ
強力なグリップが必要となるな急斜面ではほとんど見られない。
やはり大切なのはシール面積よりもシール自体のグリップ性能ということになる。

その点に関して言うと、やはりBlackDiamondの『アセッション ナイロン STS』の
グリップ力は安心感が高い。
個人的に比較したかった『G3 ハイトラクション』と較べてみても
同じ日に同じ場所で試したわけではないので参考程度にしていただきたいが、
BlackDiamondの方が更に毛足の長い引っかかり方をしているように感じる。
そして、シールのスムース方向の滑りに関してはBDの圧勝だと思う。

ラッセルとまではいかなくても
スプリットでもくるぶしくらいまで埋まる場面はよくある。
それがサラサラの乾いた雪なら問題はないが、トルコアイス的な湿雪の場合は、
沈んだぶんトラックの脇がきれいな壁になってしまう。
そこで前走者がいる場合、前走者がつけたトラックが、Flyfiskには細すぎる(泣)。
その壁にボードが微妙に乗ることになり、ソール面を平行に雪面に落とせないのだ。
いっそトレースを外れた方が楽な場面もあったりする。

逆に私の後ろを登るOYくんが「Flyfiskのあとのトラックは歩きやすいっす」
というように、私のトレースラインは後ろを登る人には好評のようだ。

2016_0215-54.jpg

それともうひとつ。
上の画像はツアーモード時のFlyfisk(左)とSLASHER(右)の
ツーリングブラケット部を比較した画像だが、
ブーツのつま先、もっと言うと力の入れ易い足の指の付け根のあたりから
エッジまでの距離がこれだけ広がってしまっていることがわかる。

体重を載せた足裏の力を、垂直にエッジに伝えられないので
斜面を斜めに切って進むトラバース時にかなり神経を遣わされました。

というわけで、太くなったことによって生まれる弊害もなくはないのですが、
冒頭に第一印象を述べたとおり、太いからと言って
基本的にはFlyfiskのツアーモードの使い勝手に大きな違いや不自然さはありません。

ただ、それもこれも、ある程度のスプリットボードでのハイク経験があればこそ
対処できる種類のものであって、誰でもこの太いスプリットボードを
最初から普通に使いこなせるかと言えば、そこには少々疑問符が付きます。
ですので、スプリット初心者の方でFlyfisk Splitを使いたい場合は、
経験豊富な方と一緒に登って、いくらかのレクチャーを受けながら
行った方が良いと私は思います。

2016_0224-1.jpg

最後に今シーズンから導入した『SPARK PUCKS』についても話しておくと、
プラスチックとアルミのハイブリッドであったり、
何より完全なブランニューモデルであるため、
ネジが緩んだりパック自体がズレたり、予想外の問題も懸念されたが
今のところなんの不具合もなく使えている。
というわけで、あらためてオススメさせていただきます。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2016.02.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR