GENTEMCHOPSTICK Flyfisk Split【ファーストインプレッション】

2016_0124-9.jpg

実はこの週末はatuがそろそろ登り筋を鍛えておきたいということで
かぐらあたりを登るつもりでいたのでスプリットボードを持ち込んでいた。
それなのに湯沢に向かう関越自動車道で思い立ったように行き先を八海山に
変更してしまったので、ゲレンデをスプリットで滑ることになったというわけだ。

しかして、先週のBCツアーがキャンセルされたためにおあずけ状態が続いていた
『Flyfisk Split』の進水式として、寒波の押し寄せる八海山はもってこいだろう。
そんなわけで、1月も中旬を過ぎたこの週末にやっとこいつに乗ることが叶った。

レイトモデルであるためそのあと発売されたレギュラーモデルよりも硬いと噂される
私のソリッドのFlyfiskよりも、手で触ってみた感触からすでに
柔らかさを感じられたFlyfisk Splitですが、乗った印象もやはり柔らかかった。

特に圧雪斜面でのカービングを繰り返すときに
多少意識的に「曲げるぞ」とアクションを加えてやる必要があるほど
トップの存在感が大きかったところが、その存在感が薄れて
ターンの入口から自然に回頭をはじめるようになった。

そうはいっても試乗会で乗った同じようなアピアランスを与えられている
CHACERのようなボード全体がしなやかに撓る印象ともまた違って、
Flyfiskの持つトップの反応の強さは残されたままに
積極的にボードを撓ませることのできる程度に柔軟性が与えられ
操作性が向上している印象でした。

2016_0124-6.jpg

それでいてFlyfiskの破壊力のあるブルドーザーのような走破性は維持されていて
この日滑った八海山の3本目くらいから現れる
縦横無尽に入れられたトラックの上をほとんど意にも介さずに突き進む力強さは
スプリットになってもまんま残されていた。

毎度言うが、BIGFISHやFlyfiskのもつ突き進むような走破性によって
刻まれたトラックの上を跨いで、隣の面ツルをつなげて進む
疑似ノートラック走法は、
近ごろのノートラック信仰に一泡吹かせる痛快さだ。
オレは3本目までパウダーの足応えが楽しめるのだっ!

これでFlyfiskの持つ深雪での走破性という安心感に、
圧雪でのカービングの回しやすさが加わった感じ。
もちろんスプリットボードなので、
その出番に圧雪バーンはまずあり得ないのでありますが
そういった操作性の良さは新雪であっても有用性が高いことは言わずもがなだ。

今回トラックで荒らされたバーンの端に残る藪と混在したような
残パウを狙って行ったときに、そのトップの柔らかな反応を活かして、
新雪においても驚くほど細かいターン弧が刻めるようになっていた。

これこそBIGFISHのダブルピンテールから夢想した
ダイヤモンドテールの自由度をイメージしたものそのものだ。
あくまでも私の勝手な想像(願望)ではあるのだが、
登場から2年を経ていよいよ私にとっては完成の域に達してくれたと思う。

普通壊れでもしない限り同じモデルを買い直すこともないだろうから
こういった歓びに触れるというのも無駄遣いならではであります。
感無量であります。

ただ、
ここのところTT168 ミズメ/ヒノキに集中して乗り込んでいた私なので
今まで以上にその双方の違いにも驚かされた。
トップの存在感は薄れたとはいえそれはあくまでもFlyfisk同士での比較の話だ。
TTとの違いは天と地ほどもある。

太いぶんどうしてもエッジ操作にテコの原理が効き過ぎてしまうので、
Flyfiskの場合はボードの外から加重せずに
TTよりも更にボードの真上から乗り込むような意識が重要だと感じました。

今までTTを「細い」と感じたことはあっても
TTSSを「太い」と感じたことはなかったのだが、
今回は乗り換えに際してあからさまにその太さに違和感を感じるとともに、逆に
TT独特の加速性を生み出すあの細いシェイプの意味を痛感することになった。

特にTTのもつ圧雪斜面のカービングでのキレ上がるような走りの良さは
FLYFISKではまったく太刀打ちできない。

Gentemstickの場合、特にボード毎に存在する明らかな棲み分けを痛感してしまう。
山の状況、斜面の状況は一日のうちでも千変万化するので
朝のうちはそのボードに合っていても、2時間もすると合わないと感じてしまう。
この日で言えば新雪がなくなった10時頃にはTTに乗り換えたい自分がいた。

というように、
その日その日の山の状況や何より自分のしたいことを明確に持てていないと
いつまで経っても隣の芝生が青く見えるままだ。

今回、そのことに気づけたことで、
そんな私の迷いの旅にもいよいよ終点が見えてきた気がする。
とはいえ、事実から目を逸らすのはお手の物なので
そうと知りながらも遠回りを繰り返す可能性もまた大ではあるが・・・
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2016.01.26 | コメント(2) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

へそ曲がりさんのインプレを見てると欲しくなるっす(>_<)b

2016-01-26 火 11:44:30 | URL | TKC #- [ 編集 ]

BIGFISH持ってるTKCさんなら
分かってくれると思ってましたよー

2016-01-26 火 16:11:38 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR