FC2ブログ

AUDI A3 ブレーキ エア抜き

2016_0122-7.jpg

イモビライザー故障の修理を受けたあたりから
ブレーキの踏みしろが深くなってきていた。
ブレーキの不具合なので、何はなくともさっさと点検に出すべきなのは
頭では解ってはいるが、ある意味病院に検診に行くのと同じで、
「いや、単なる気のせいかもしれない」とか、
ついつい都合の良い考えの方が優先され、
なかなか思いきりよくディーラーに向かうことが出来ない。

もちろん、今シーズンは北海道だったり、誰かのクルマに同乗させてもらったりと、
冬の間に長距離を走らせる必要に迫られなかったことも、
点検の後回しに大きく影響している。
逆にクルマの出番の増える波乗り時期を迎え、そうも言ってはいられなくなり、
いよいよ重い腰を持ち上げて、
愛車をディーラーのサービス工場に持ち込むことにした。

「う〜ん。こんなものだと思いますよ。お気になさらずに〜」
とか、ディーラーのサービスに言われることを期待していると。

「確かに踏み代が深いですね〜」と、そんな私の甘い思いを一刀両断。
救いは「ブレーキブースター(倍力装置)周辺の故障ではこういう症状は出ない」
ということでしたが「修理ミス、もしくはフェードさせるような
急ブレーキを繰り返さない限りエアが噛むようなことはあり得ない」とのことで、
それは私自身もそう思う・・・・ってことは、
マスターシリンダーからキャリパーピストンに至る経路の
どこからかエアが混入(フルード漏れ)しているということになる。
経路のどこかとかならまだいいけれど、
マスターシリンダーとかキャリパーとかだったら

“ただじゃ済まない” 類の問題だ・・・

2016_0122-8.jpg

とりあえず目視ではその原因を見つけられなかったということで、
今回はフルードの交換とエア抜きをしてもらって経過確認という名の退院となった。
修理の済んだ愛車を走らせれば「これだよこれ!」と独り言つほどの
ナイス ブレーキングフィール!効きは変わらないが、
タッチがまったくと言っていいほど違う。確かにかなり甘くなっていたようだ。

そのまま様子を見ていたのだが、
やはりまた踏みシロが深くなってきてしまったので、1ヵ月と開けずに最入庫。
いよいよ大きな出費を覚悟したのであるが、
再度きっちりエア抜きを行ってもらったら、それからは発症しなくなった。

「ブレーキパッドが交換時期に近づいているのが原因ではないか」とのことで、
もちろん、輸入車の場合は、パッドとローターは同時交換がお約束。
「ローターにも偏減りが見られるので、同時に交換を推奨しております」ときて、
もちろん見積もりは10万円以上。
返す返すも輸入車はお財布に優しくない。

うちの子もそろそろ走行年数7年、走行距離7万km。
今月は4回目の車検であります。あ〜金がかかる〜〜〜
いよいよ中古輸入車の厄周りの時期だ・・・・
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:アウディ - ジャンル:車・バイク

2016.06.07 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

ここはひとつ、是非とも新しいのに買い替えましょう!!

2016-06-07 火 11:58:59 | URL | Nob #- [ 編集 ]

買い換えたいのはやまやまですが、
先だつものがうみうみです。

2016-06-07 火 15:06:08 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR