北海道 3Days 【Day-3:アンヌプリ〜ビレッジ】

2016_0112-39.jpg
2016_0112-38.jpg

さあ今回の北海道トリップもいよいよ最終日。
しかして、いつも通りに内容の濃すぎるダウンチルなツアーなので、
名残惜しい気持ち以上に太ももがパンパンだ・・・初日の『タージ・マハール』に
女性陣のコーチングを済ませて現れた廣田鉄平くんが
「女性にはやさしく教えられるけど、男同士だと削り合いになる」
と言っていた意味がわかってきた。
勝巳さんもカントクも絶対に我々に弱いところを見せないので
「この人たち鉄人なんだな〜アスリートは違うな〜」とか思っていたが、
さすがの勝巳さんも年末から代わる代わる訪れる我々を含めた多くのゲスト達と
休みなくセッションを繰り返していて、実は太ももがパッツンパッツンだと
こっそり教えてくれた。

それでも勝巳さんは滑りでは絶対に弱ったところを垣間見せることすらしない。
そんな気持ちに引っ張られればこっちもおいそれとはGive upできない。
そうすると益々勝巳さんも追い込んで来て・・・・・と、
まるで矢吹丈と力石徹のリングファイトのような “削り合い” となるわけだ。
う〜〜ん・・・男気の世界だ。ダウンチルは熱いぜ!(でも本音はキツいぜ!)

というわけで、正直最終日の朝は全身をくまなく覆う筋肉痛に加え
前日の深酒も祟ってかなりブルーになっていた。
這い出るようにベッドから起きてなんとかアンヌプリのファーストランに間に合った。

それでも不思議なモノで滑り始めると乳酸が散ってしまうのか
単に目の前の美しいピステンバーンに身も心もリセットされてしまうのか
とりあえず平気(な気に)なるから不思議だ。プラシーボ。

2016_0112-42.jpg

そして、この日はファーストランだけお付き合い戴いて勝巳さん、
カントクとはここでお別れ。
(もちろんこのあとも勝巳さんは別のゲストさんたちと滑りに行った)
勝巳さん、カントク、あざ======っした!またよろしくですっ!

2016_0112-61.jpg

その後通常営業ぶんのリフト券を買おうと列に並んでいると、
波乗り仲間のテツくん、ハルちゃん夫妻とバッタリ。
実は前日のファーストランのあとにも顔を合わせていたのですが、
勝巳さんたちと移動する前だったのでその日は挨拶だけで別れていた。
そしてこの日は晴れて私、のぶ、atu、テラくんと合流して6人で滑ることとなった。

2016_0112-44.jpg
2016_0112-45.jpg
2016_0112-46.jpg
2016_0112-43.jpg

そこで、昨シーズンまで講習を受けてからでないと入れなかったのだが、
今シーズンより特別管理区域として新たに11番ゲートが設けられた
ニセコビレッジにある「水野の沢」に向かった。

美しい花にはトゲがあるように、
ここ水野の沢は、最後までゲートが設けられなかったほど
雪崩を含む事故が多発するエリアだ。だからこそ、
安全が確認されゲートが開いた日の滑り甲斐については想像に難くない。

そして、それはまさに想像通りで、
かなりの数の方々が滑った後であるにも係わらずノートラックのフカフカの深雪が残り
トラックが入っても軽い雪がすぐに蓋をしてくれるような永久コンディション保証。
いや〜〜〜こりゃあヤバイ。

2016_0112-56.jpg

そんなゴキゲンなところをハルちゃんに撮ってもらった。
いやはや気分いいのなんの〜〜〜ごっちゃんでござんす。

2016_0112-47.jpg
2016_0112-49.jpg

実は私、初ビレッジ。
花園、ヒラフ、アンヌプリ、そして昨シーズンはじめて訪れたモイワときて、
これでニセコ コンプリート(ワイスを除く)だ。今さらだけど・・・

2016_0112-41.jpg

そして、人の縁とは誠に不思議なもので、
前日からご一緒させていただいているテラくんですが、
札幌出身の彼は、昨年晴れて札幌勤務となりUターンされたのだが、
それまでは東京にいらっしゃったそうで、八王子にあるRIDEさん主催のツアーで
ハルちゃんと一緒になったことがあり、実は顔見知り。

そして、そして、ビレッジのゴンドラ内で更にあれこれ話をしていると、
なんとなんと、波乗り仲間のユウタくん、ミナちゃんとも知り合いであることが発覚。
今回テラくんはダウンチルセッションで出会ったのぶに誘われて
たまたま来ていたわけだし、そこに今回たまたまこのタイミングでニセコを訪れていた
テツくんハルちゃんが、しかもアンヌプリのこの時間のチケット売り場にいなければ
この事実も発覚しなかったわけなので、
これはもう奇遇を通り越して奇跡的と言っていい巡り合わせだ!

「フォースを持つ者同士は引き寄せられる」
らしいが、スノーボード、サーフィンと、同じ趣向を持った仲間たちとの邂逅は
まさにそんな神秘的な予感さえ抱かせてくれる。縁とは本当に不可解でおもしろい。

2016_0112-51.jpg
2016_0112-52.jpg

昼までキッチリ攻めてアンヌプリに戻り、滑りはこれにて打ち止め。
ここでテラくんとは別れ残りの面々でいつものゲンテン参りと
『つぶらつぶら』のスープカレーを堪能していよいよ今回のトリップは終了した。

良い斜面あり、良い雪あり、そこに良いローカル達がいて、
それに惹き寄せられるように集まった者たちの素晴らしい出会いがある。

いつもの事ながら本当に楽しかった。
これぞニセコマジック。病みつきだ。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2016.01.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR