FC2ブログ

★CHICKENNOT RIBBIT MITT (Greenclothing Boa Rib Mitt)

2016_0107-3.jpg

二日続けてグローブの話で恐縮です。
子どもの頃から親に「頭は一個、手足はひと組ずつしかないでしょ!」と
同じものを何個も欲しがって叱られ続けて大人になりました。さーせんっ

さておき、昨日紹介したHESTRAが本気物件だとすれば
こちらは見た目勝負の伊達物件であります。

昨年も同様にモフモフのフェイクファーで覆われた
Greenclothingの『Boa Mitt』を買っておりましたが、
ただでさえ手を大きく見せてしまうミトン型のオーバーグローブですので、
モコっと毛先の長いこちらの場合、さらに着る者の愛らしさは増してしまい
特にいい歳こいたオッサンが使うのは少々はばかられる逸品でもあります。

しかして、可愛らしさよりも前に素材の面白さを真っ直ぐ過ぎるほど
素直に表現している男前なセンスの生み出す存在感には
一発で敬服させられてしまうわけだ。

とはいえ、こいつが可愛らしことは動かさざる事実なわけで、
逸品であること分かっていても使うことに一抹の躊躇があることもまた確かだ。

2016_0107-5.jpg

そんなオッサンの思いが通じたのかどうかはさておき、
モコモコのファーはそのままに、オーバーミトンの形状を
ジャージのリブタイプにリデザインしたバージョン
(Rib Mittの表面をBoaにしたと言った方が適切か?)を
Greenclothingに別注したショップさんが登場してくれました。いわゆる別注。

2016_0118-7.jpg

ジャケットの袖にスッポリと隠れて可愛らしさは適度に軽減されている〜〜
いやはや何とも素敵な発想のカスタマイズ物件でございます。
頼む方も素敵ですが、こういった現場のアイデアをさっと請け負う
メーカーの柔軟な対応も素敵です。

でも、私がその存在に気づいたときにはすでに完売してしまっており
諦める以前の状態であったのですが、まさに待てば海路の日和あり。
怪我で他にすることもない正月休み中はもちろんテレビ以外は、
オークション含め、通販サイトに滑りに行けない悲しみをぶつけてしまうわけで
ヤフオクにヒョッコリと現れたこちらの物件をサクッと落札させていただきました。
これだからヤフオクは止められませんです。

2015_1119-1.jpg

Vectorglideがシナノに作らせた『V-Stick Magic wand』同様に
私は企画性よりも現場に根ざした
こういった直感的なノリが生み出すモノづくりがホント好きであります。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2016.01.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR