FC2ブログ

GENTEMCHOPSTICK Flyfisk Split

2015_1221-13.jpg

2015_1221-12.jpg

Flyfiskに関しては再三こちらでも書いてきた通りだ。

もちろんその神髄に触れるためには、スキー場がフッカフカの雪に埋まる他は
自分の足でしかるべき場所まで登るほかない(ヘリ、キャット除く)わけなので、
TTSS(Taro Tamai Snow Surf Design)の神髄を知るには
ボードを担いでスノーシューで登るしかなかった。

しかして、フッカフカの雪を堪能することとはつまり、
フッカフカの雪の上を歩くことに他ならず、オジさんの場合、
Snowsurfの神髄に触れる前に電池が切れてしまう可能性が高い。

くるぶしまで埋まるような雪の中ドロップポイントに到着して
スプリットボードを降りた際にモモまで埋まったことがある。
スノーシューならスネ以上埋まるような深さで
沈んだ足を持ち上げて次の一歩を踏み出し続けることの辛さは言わずもがなだ。

そして、深雪でないとしても、すり足で進めることや
文字通りに肩の荷が下りるボードを背負わないで済むメリットなど
そんな諸問題への解決策としてスプリットボードの持つ意義は計り知れない。

つまり私にとってのSnowsurfの最適解は
『TTSS + スプリットボード』ということになるのだが
今までそれを叶えてくれるモデルは存在しなかった。
(あ、私マンタ系はさっぱり乗りこなせないのでGIANTマンタは圏外でござんす)

私にとってのバックカントリーでの滑りの楽しさと、山中で様々に出会う
気の抜けない状況でのセイフティとのバランスのさせ方については
SLASHERの時にも口酸っぱくさせていただいたが、
Flyfiskもまたその延長線上にあるものと思っていただいて構わない。

そしてそんなSLASHERの塩梅の良さに加えて、
Flyfiskの広大なトップが生み出す強力な浮力と、舵取りの反応の良さが
更に厳冬期の深雪で輝きを増してくれる。

Flyfiskとは、そもそもマッズ・ジョンソンさんなる飛び系の方のために
シェイプされたモデルであるわけだが、その大きな着地の衝撃に耐えるためか
フレックスは硬めでボードからの反応はかなり硬質。
JONES SOLUTIONもフレックスは硬めだったが、
バックカントリー系フリーランを好む外人さんの好みなのだろうか。

そんなハードバーンでの応答性の良さのみならず、
関東圏の山でよく出会う二層になったモナカ系の雪もボードコントロールが難しいが
そういった粘る雪でも比較的硬いフレックスであれば走破性が高くなることも
Flyfiskや、BIG FISH Outline coreに教えられた部分だ。

そんなわけで、SLASHERの安心感に更に “強さ” をも併せ持っているところが
Flyfiskこそバックカントリーに向いていると感じていた部分だ。

2015_1221-20.jpg

美しいディテールの話もここで是非しておきたい。
姿形と名前は同じでもソリッドとスプリットとでは構造が違うのでしょうが、
Flyfiskのバンブー丸出しとは違いFlyfisk Splitのサイドウォールは『黒』。
SLASHERもMAGIC38も私のスプリットボードも含め
私の知る限りGENTEMSTICKのサイドウォールはみな『白』なので、
これはちょっと新鮮であります。

そして、ソリッドと同様に垂直ではなく
思い切った台形状に傾けられたサイドウォールがそそる〜〜

ソール素材もアップデートが施されたらしいのだが、
滑走時に私にその違いが解るかどうかは別問題だ・・・
ただ、今までに較べてホットワキシング時のワックスの入りが悪い
(というかソールに熱が入りづらい)ので、分子構造が硬いものと推察される。
だとするとストラクチャーは入れた方が良さそうに素人は思うのですが
その真偽のほどは果たしてどうなんでしょう?

2015_1221-21.jpg

TTSSは今季バンブーデッキは艶のあるグロスクリア処理に改められた。
このあたりは個々人の好き嫌いの話ではあるが、
私はこのまるで全ての光を吸い込まんばかりの艶消し加工が施された
今まで通りのバンブーデッキの方が好みだ。超エロい。

2015_0119-52.jpg

そんな『GENTEMCHOPSTICK Flyfisk』が私に強く想起させるのは、
適度な間隔で木々が並ぶ斜面に信じられないくらい軽い雪が深く深く降り積もる
白川郷の斜面だ。

今回Flyfisk Splitを手に入れた最大の目的は
“対白川郷攻略兵器” だと言って過言ではない。

今年の白川郷BCツアーで
いよいよSnowsurfの神髄に手を掛けたいと思っている。
(雪次第ではありますが・・・)

レイトモデルとして限定数が先行販売された初期ロットである私のFlyfiskよりも
それ以降の通常ラインナップモデルは柔らかくなったという噂は聞いていましたが
触ってみた印象ではスプリットの方も柔らかくなっているように感じる。

昨季試乗したCHASERの乗り味が思い出されます・・・
これまた試すのが楽しみであります!



と、こちらでFlyfisk推しのコメントを繰り返していたので
いつもお読みいただいているコアな方々には、私がFlyfisk Splitを買うことは
すでに確定路線だと思われていたほどのバレバレな展開であるにも関わらず
へそ曲がりな私は例によってオーダーならしていない。

もちろんオーダー開始の報は誰より先にキャッチしていたつもりだが、
何より肝心の白川郷BCツアーはすでに再来週に迫っている。

TT168ミズメ/ヒノキの時のように
オーダーしたところでいつ届くのか分からないようなことでは困るのだ。

といったわけで、もうほとんど賭けと言ってもいいのですが、
手に入れられないリスクも承知の上で(っていうか、
その方が結果的には良かったのかもしれないが・・・)
真っ先に店頭在庫用にオーダーをしておいてくれた
お客さま想いのお店が現れないか手ぐすね引いて待つことにした。
そしてそれは姫路に現れた!それがJAU(ジャウー)さん。

2015_1221-25.jpg

飛騨から西のスノー事情にはまったくもって疎いので、
兵庫県からGENTEMSTICKを取り寄せるという行為には
一方ならぬ違和感を感じてしまいましたが、上に貼った告知を見るに
どうやら西日本のスノーサーフシーンではぶいぶい言わせているお店のようだ。
これまた通販冥利に尽きる出会い系でありますな。

というわけで、年末年始に行くはずだった北海道紀行記事を
長々と垂れ流す予定でしたが、代わりにFlyfisk Splitの話を小刻みに披露して
ネタ切れ感の高い当ブログの延命を図る腹づもりでござんす。(つづく)
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2016.01.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR