サーフィン@茨城 〜 『エベレスト3D』 11/15

2015_1115-8.jpg

日曜日はOYくんと茨城に波乗りに。
週末は連日雨模様だったので、引き籠もりモードに入りかけていたのですが、
OYくんに海に誘ってもらい、穴蔵からなんとか這い出すことができた。

穴蔵からは出てきたものの約2時間の運転中は出発から到着まで雨雨雨。
週末のお出かけという雰囲気ではまったくない、というか
のっぴきならない事情でもない限り出かけるような天気ではない。
そんな憂鬱な雨の中でもウキウキと出かけられる、というか
遊べるところがサーフィンの愉快なところだ。

土曜日は一日雨模様でしたが、日曜日は昼から曇り空の予報。
6時半に茨城のいつものポイントに到着したときももちろん雨は降り続いていた。
でも、雨は本降りではなくシトシトといった小雨。
ウェットスーツにさえ着替えてしまえば雨でも何でも問題なしだが、
着るとき、脱ぐとき両方ともに雨だと着替えが問題になるので小雨は助かる。

7時頃に入水。水温は先週の伊豆に較べて案の定かなり低い。
流石にセミドライ(Patagonia R3)を用意してきたのだが正解だった。

肝心の波ですが、基本コシ〜、セットでハラ〜ムネとサイズは充分にあるものの
朝のうちは面もかなりザワついて白波の目立つまとまりのない状況。
速いつながりがちのやつが多く、またもアウトするのに手こずる系。
シンドイっす。

2015_1115-7.jpg

ただ、9時頃にはザワつきも抑えられ面も整ってきて突如ゴールデンタイム。
ピークのはっきりしたかなり形の良い波が良い案配で入って来るようになった。
でも、いきなりブレイクするやつと、どこまで追いかけても割れないやつが
見極められないのは朝から変わらず。
ピークがはっきりしているので自分の位置からレギュラーかグーフィーか見極めが
し易いのだが、イン側もそこそこ混み合っているので好きな方に滑っていけない。
場合によってはショルダー寄りからピーク側に滑るしかなく、
走り出してもすぐにグシャッと捕まってしまう。

それでも10時にサイズダウンするまでの3時間の間に、
数本気持ち良くフェイスを滑ってインサイドまでの長〜いライドを繋げられた。と、
いうくらい雨のことなんか忘れてサーフィンに没頭できた。超〜楽しいっす。

2015_1115-4.jpg

そして、波乗りの後にOYくんを誘って二人でエベレストを登ってきた。
まず最初に言っておくが、ある意味ソリッドシチュエーションであるという意味でも
ゼログラビティ』同様これは絶対にIMAXで観ないとダメな作品であります。
『エベレスト3D』は、公開劇場数が減ってしまうことを覚悟の上でその名の通り
3Dのみ上映するという配給元にとってはかなり難しい決断をさせたほど
3D向きの臨場感のある映画です。
ならば尚のことIMAXで観る価値の高い作品であると思います。

んで、内容ですが、これ、たとえバックカントリーであっても
雪山を登ったことのある人とない人では、見え方が違うのではないでしょうか?

簡単に言うと、山の恐ろしさ、ましてやデス・ゾーンと呼ばれる
世界最高峰のエベレストの恐ろしさを痛いほど知っているはずのガイドが
判断を誤ってしまうというお話。

「これが最後のチャンスなんだ」とか、「6万ドルも払っているんだ」とか
「そこに山があるから」とか「頂上を踏まなければ意味がない」とか、
なぜプロ中のプロが判断を誤ったのか?を観る者に知らせるための複線が、
しつこいくらいに張られているように私には感じられてしまいました。
それくらいに何度か雪山を登ったことのある方ならすぐに感じ取れるような
雪山登り、もしくはガイドツアー “あるある” が散りばめられているとも言えます。

さておき、
エベレストと私なんぞが登れる山とを一緒くたにしてはいけませんが、
私なんぞが登れる程度の山でも冬になら人は死ねる。かなり簡単に死ねる。

雪崩なんてたいそうなものに遭わなくても、
道に迷ったり、クラックに落ちたり、滑走中に木にぶつかって深刻な怪我をしたり、
そして夜になれば人間が活動できない温度まで気温が下がってしまうのも
エベレストだろうが神楽ヶ峰だろうがレベルが違っていようが一切変わらない。

そういう意味では宇宙空間とは違って、ほんの目と鼻の先にぶら下がっている世界。
といったわけで。観ているのが酷く辛い映画です・・・
そして、本作は実際に起きてしまった『1996年のエベレスト大量遭難』を
題材にしており、全世界の女性で数えても7人目となる七大陸最高峰登頂者である
難波康子さんも登場しますので尚のこと日本人である我々にも
身につまされる内容になっております。

雪山好きな人なら尚のこと、是非IMAX級に身につまされてください。
山を見くびる自分を強く戒められます。

2015_1115-6.jpg

さあ、次はいよいよ言わずと知れた『STAR WARS フォースの覚醒』だ!
ドキドキするぜ〜〜〜
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2015.11.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR