Tokyo Motor Show 2015【四輪編】

2015_1029-1.jpg

2年おきに開催される東京モーターショウ。
ここのところ仕事にかこつけてプレスデーに観させていただいている。
プレスデーはやはり空いていていいっす。充分役得を堪能して参りました。

MAZDA RX-Vision
2015_tms-7.jpg
2015_tms-6.jpg

何はさておき、今回の東京モーターショウの目玉は、
マツダの『RX-Vision』で決まりでございましょう。
マツダのロマンの出発点であり帰結点と言っていいロータリーエンジンを搭載した
スポーツコンセプトモデル。
本当にロータリーエンジンの排ガス性能と燃費性能を上げることができたのであれば、
それこそ革新だし、まさにロマンだ。
そういった震えるような鼓動を、このデザインが見事に表現している。
マツダは今、ノリに乗っている。その勢いを象徴するかのようなデザインスタディだ。
素直にかっこいい。

SUBARU IMPREZA 5-DOOR CONCEPT
2015_tms-4.jpg
2015_tms-3.jpg

私が興味を惹かれるのは、ショウの華と言っていい、スポーツカーを除けば、
SUVやRVにワゴン車。簡単に言ってしまえば “籠車”。
このあと紹介するクルマもほとんどソッチ方面となるのでご了承いただきたい。

んで、ソッチ系の大御所と言えば、もちろんスバル。
今回スバルはそんな私の気持ちを知ってか知らずか、はたまた時代の要請か、って
時代の要請に決まっているが、SUVのコンセプトモデルを2台も出してきた。

まずは上の画像の『IMPREZA 5-DOOR CONCEPT』。
プレスラインが複雑過ぎて、ちょっとうるさいかなあ?
マツダデザインの影響をモロに受けてる感じがバレバレではありますが、
まあ、そんな中でもスバルらしさも表現できていて嫌いではない。

SUBARU IMPREZA VIZIV FUTURE CONCEPT
2015_tms-44.jpg
2015_tms-45.jpg

そしてこの『VIZIV FUTURE CONCEPT』。
特にヘッドライトの意匠とか、このまま出してはくれないとは思うけれど、
もし、何かの手違いで、このまま出してくれて、
お値段も手頃だったらかなり欲しい。それくらい目元が魅力的なデザイン。
でも、普通に角形ヘッドライトとか、着いちゃうんだろうな・・・

MINI CLUBMAN
2015_tms-52.jpg
2015_tms-51.jpg
2015_tms-50.jpg

続いて、『MINI CLUBMAN』。
大型化されたと言われ、ちょっと興味を失いかけたが、
実物はまあまあのサイズ感で納まっていた。
もちろんすでに “ミニ” ではないのは確かだが、
観音開きのテールドアといい、これはこれで雰囲気は良い。
ロングボードが中積みできるのならばちょっと欲しいカモ。

CITROËN C4 CACTAS
2015_tms-17.jpg

注目は手前のオネーサンではありません。後ろの『シトロエン C4 CACTUS』。
早く実物を見たかったのだが今回念願叶った。
なんでも“幸福感” を表現しているのだそうで、
これが幸せだなんて、フランス人はラテンだなあと改めて思う。

CITROËN C4 PICASSO
2015_tms-15.jpg
2015_tms-16.jpg

もうすでに街中でも見かけるようになった『シトロエン C4 PICASSO』。
モーターショウでなくても、ディーラーに行けば見られるのではありますが、
諸々諸手続が煩雑なのと、そのあとのセールスプッシュが面倒なので、
こういうときにゆっくり眺めるに限る。
デザインといい、サイズ感といい、これ、趣味の籠車として最適、素敵。
これでサーフィンに行きたい。それこそ、私にとっての “幸福感” だ。

Volkswagen PASSAT
2015_tms-12.jpg

つづいて、現在諸々お騒がせ中のフォルクスワーゲンから『New Passat』。
エコ走行性能に加え、モーターをブースターに使ってパワーを割り増しする
パフォーマンス走行にも切り替えができる『GTE』がパサートにも用意された。

2015_tms-11.jpg
2015_tms-14.jpg

セダンでも充分なサイズがあるが、やはり本命はワゴンボディの『Variant』だろう。
シトロエンC4ピカソ同様に籠車に最適のジャストサイズ感がイイ。
しかして、デザインは水平基調でまとめられ、いかにも生真面目なドイツ人らしい。
そういった生真面目さによって故障も少ないだろうし、積極的にドイツ車を選ぶ
理由になるので、それらを表現する手堅いデザインも決して嫌いじゃないけど、
先ほどのフランス車の放っていた “幸福感” とはまた次元が違う。

Volkswagen Golf Touran
2015_tms-13.jpg

『Touran』が、『Golf Touran』となってジャパンプレミア。
これまた籠車候補として、とても興味を惹かれておりましたが、
名称変更通りによりゴルフらしくなったのが良いのが悪いのか・・・
背が高いゴルフなら、私は普通のゴルフでいいかなあ・・・

PORSCHE MACAN
2015_tms-10.jpg
2015_tms-9.jpg

つづいて、私にとって、リアリティなら一切ない高嶺の花『ポルシェ MACAN』。
高級輸入車の場合、車内に入れるのはプレスデーだけの役得ですが、
私はメンドクサイので、あまりドアを開けて室内に乗り込んだりしません。
でも、アウディQ5をベースにしたと言われるマカンの後部座席に関しては
「ある意味廉価版のポルシェって一体どんなんだろ?」
と、ちょっと興味があったので乗り込んでみた。果たして結果は・・・
う〜〜ん・・・普通だ。
ポルシェでなければ得られない世界観はとくに見受けられないけれど、
ポルシェじゃなきゃダメな人にはこれなんだよね。
お金の遣い方って、そういうことなんだよな・・・
近ごろこういった方面の豪華さに心惹かれない私であります。
ポルシェはそんな私のリトマス試験紙ですね。近ごろすっかり弱アルカリ性。

「想いを超えろ。」
2015_tms-19.jpg

ホンダもなんだか元気だ。
このモノ作りニッポンの旗印みたいな、汗臭くて暑苦しいけど、
どこか胸に刺さるコピーワークは今回も健在だった。
自動車業界の広告コミュニケーションは、すっかりコッチ系で右へ倣い。
とはいえ、「やっちゃえ日産」は、別の意味で「やっちゃってる」と思う。
結局オリジナルのキャッチコピーを超えることはできないのよね。

HIONDA Project 2&4 Powered by RC213V
2015_tms-32.jpg
2015_tms-31.jpg
2015_tms-30.jpg

『Honda Project 2&4 Powered by RC213V』は、
まさに「枠にはまっていない」。
同じように設えられた『KTM X-BOW』は、だいぶ前に市販され
すでに公道を走っているので、ワンオフで好き勝手できる
ショウカーと較べれるのはフェアではない。
なのですが、オートバイのレーシングエンジンを載せた
ライトウェイト・スポーツカーというコンセプトを考えると、
ホンダの放つむき身の迫力の方にこそ私は一票入れたい。

コレに反応できなくなったらインポテンツだ。

それに、ここまでやってから「やっちゃえ」って言って欲しい。
自動運転技術がクルマの未来なら、私はそんな未来要らない。
黙って電車に乗る方を選ぶ。

HONDA F1 Power unit
2015_tms-33.jpg

近ごろのF1は、
燃焼機関に160馬力以上と言われる電気モーターを加えたハイブリッド・ユニット
なので「エンジン」ではなく「パワーユニット」と呼ばれる。
極秘中の極秘であるはずの最新スペックではないだろうが、
これを見られるとは思いませんでした。これもモーターショウ冥利だ。
さておき、軽自動車用のエンジンもかくやのその小ささに驚かされる。

YAMAHA Sports Ride Concept
2015_tms-24.jpg

ホンダに負けじと、ヤマハも『Sports Ride Concept』と呼ばれる
二輪車のような四輪車のスポーツカーコンセプトを出品してきた。
努力は認めるが、この対決はホンダに軍配が上がるだろう。
「キレてない〜」

LEXUS LF-FC
2015_tms-46.jpg

『レクサス LF-FC』は、
その名の通りフューエルセル(燃料電池)なのだそうだが、
この際それはどうでもいいだろう。
問題は次期レクサス サルーンのひな形と言われるこのデザインだ。
マツダと双璧を成すデザインの完成度。トヨタ恐るべし。

TOYOTA PRIUS
2015_tms-43.jpg

そのトヨタにとって、すでにカローラを押しのけ、今やその本丸に居座る、
トヨタの看板、否、屋台骨『プリウス』がモデルチェンジ。
かなり攻めたデザインになっている。でも、コレを買う人って
草食の筆頭だと思うのだけれど、そういう方々って案外イケイケなのね。
ちなみに、この画像はカーグラTVの取材撮影中で、
後ろにいるのはユーミンの旦那さん。テレビで観るより痩せて見えた。

AGUAR F-PACE
2015_tms-53.jpg

コレもあからさまな高嶺の花ではありますが、
噂の『F-PACE』もいよいよ市販バージョンがお披露目された。
これと、今回出展のなかったマセラッティの『レバンテ』は
高級SUV市場の急先鋒。やっぱカッコいい。

JAGUAR XF-S
2015_tms-1b.jpg

最後に今回の東京モーターショウでの「ベスト・オネーサンで賞」は
ジャガーにいらっしゃったこの方に贈りたい。
さすがはジャガー。清楚だ・・・

おまけ
2015_tms-5.jpg

これが国内だけでなく、海外からいらっしゃった報道陣の方々も
仲良く肩を寄せ合って詰めているプレスルーム。
ここだけの話、朝食やランチもサービスされます・・・

あああ〜〜〜書くのに疲れた・・・・というわけで、二輪のお話しはまた次回!
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自動車・バイク関連ニュース - ジャンル:車・バイク

2015.10.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR