Green Clothing ① ゲレンデ上等!なセットアップ

2015_0924-5d.jpg

Green Clothingのウェアって、普段着みたいにいろいろな組合せで
個性を出して楽しみたくなるような仕掛けが多く施されていると思う。
通常、モデル毎にジャケトとパンツの組合せは決められる場合がほとんどだが、
Greenに関しては決め事、約束事、一切なしのアンリミテッド。
つまり圧倒的に自由だ。

だから、たとえばジャケットだけでも、
Heavy、Free、Peace、OGAとある定番モデルのどれにするのか?
Peace cargo、Bib、4 Pocket、Keblerと、どのパンツと組合わせるのか?
という悩みに加えて、幸いにもその組合せを決められたとしても、
ジャケットの色と、パンツの色との組合せを考えはじめれば、
それだけで、遊び方は無限大に広がってしまうワケだ。

2016モデルではKnit Paece JKTがフルモデルチェンジして、
新たにMovement PNTが追加されたが、
基本的にデザインは定番をベースに毎年大きな変更はない。
しかして、カラーバリエーションはシーズン毎にガラッと変えてくるので、
モデルイヤーを超えた着合わせもまた楽しく、そこまで広げて考えだすと、
天文学的にややこしいことになる。本当の自由とは実に悩ましいものなのだ!

と、そこまで惚れ込んでいたGreen Clothingですが、
178cm、72kgの私の体格だと、ジャケットのサイズ感が、
Lサイズだとちょっと寸足らずで、XLだとルーズになり過ぎてしまう。
特に好きなPeace JKTの場合はHeavy JKTよりも丈が短く設定されていて
尚私には着こなせない印象がありました。

2015_1026-6b.jpg

上の画像は、左のUsudaidaiが2014モデル、右のGrayが2015モデルの
Heavy JKTで、サイズはともにXL。

2014モデルからそうそう変更もないだろうと高をくくって
試着もせずに2015モデルのGreyをオーダーしたのだが、
実際に届いて着てみたらどこか勝手が違う。
画像だと分かりづらいかも知れないが、
丈も身幅も2015モデルの方が大きくなっていて、
更にゆったりとルーズ目に変わったように感じた。

「っつーことはLサイズも大きくなったってことか?」
かなり微妙なさじ加減程度の差違でしかないので最初は気のせいかと思ったのだが、
その違和感は次第に疑念へと変わりはじめ、
いよいよLサイズのショップ在庫を探して試着してみて確信した。
「確かに大きくなってる!」

2014〜15モデルからサイズが見直されたのか、カッティングが変わったためか
Lサイズのフィット感が、私にとって良い方に変わってくれた
(と思う。否、思いたい)!

そうなればもう、私を止めるものはなくなり、昨シーズンの終盤から
タガが外れたように、ヤフオクでもショップでも、
オンシーズン、オフシーズンに係わらず、2014〜15モデルの
Lサイズ ジャケットを軸に、一年中Greenの出物を漁る日々が続いていた。

言ったように、1セット上下揃えても、それで済まないのがGreen Clothing。
買い漁った結果、手持ちのワードローブとの組み合わせによって、
結果的に3セット完成してしまった。
もちろんたすき掛けにジャケットとパンツを組合わせれば9通りだ。

というわけで、Green Clothingで組合わせるお気に入りの3パターンを
今日から週一でご紹介していこうと思う。


まず第一弾は、Green Clothingの中でもカジュアル傾向の強い
『Knit Peace Jacket』と、『4Pocket Pant』の組合わせから。

『アラスカから合コンまで。』を標榜するGreen Clothingではありますが、
私の場合は『ニセコからキャバクラ』くらいが守備範囲だ。
つまり、私なりにきっちりバックカントリーエリアに出るとなれば、
防風性、保温性に加えて、汗かきの私なら尚のこと、高い浸透性も欲しいので、
そこにはGore-Tex製、もしくはそれに類する性能を持つ高機能ウェアが欲しくなる。

実際、超のつく汗かきの私の場合、Heavy JKTを着て滑っていて
内側に水滴がびっしり着いていたこともあった。完全なオーバーキャパ。
適時ベンチレーションを開ければ済むことなのだが、
Gore-Texであればベンチレーションを開けるのは、本当に暑くなる春以降で、
それ以外の気温ではウエア内の蒸気はきちんと換気されてしまう。
それほどにGore-Texの通気・透湿性能には格段の差が存在するのもまた事実だ。

でも、そういったことを全部解った上で、更にのGreen推し。
細かいことをグチグチ言わない場面こそGreenの真骨頂だし、そんなGreenの中でも
頭でっかちな屁理屈無用な場面で『ニットピースジャケット』は最強!
そこに細身の『4ポケットパンツ』を組合わせれば、もうほとんど普段着感覚だ。
2015_1012-15b.jpg

ちなみに、一番上の画像にあるニットパーツは、ジャケットと同じ
アズキ色のものが着いていますが、本来Azukiには、
このようなグレーのニットパーツが着きますので、私の勝手なアレンジです。
でも、こういったこともできるのがGreenならではのオサレポイントだと思う。

そこに細身の4ポケットパンツを組合わせておりますが、
このネイビーがまたややこしくて、一言で「Navy」と言っても、
実はGreenでは毎年色味が違います。といったわけで、私にとってのネイビーは、
まさにこの2013〜2014モデルのネイビーがベストなのであります!

は〜〜言えた。コレ言いたかったんだよね。スッキリした。

それでは来週は、ちょっとアウトドア風味入ってる
OGAジャケットをセレクトしてのセットアップをご紹介したい。
お楽しみに〜〜
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2015.11.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR