サーフィン@茨城 9/21〜22

2015_0922-7.jpg

シルバーウィークは山にツーリングに行きたかったのだが、
先日の大雨の影響でいつもの栗原川林道は根利側が通行止め、
それ以外のいつも行く山々でも、法面崩落による通行止めをはじめとして、
かなりの影響があったようだ。
いつもソロでツーリングに行く私は、もしもの場合を考え
この連休の林道ツーリングは自粛することにした。

では海はどうかというと、この連休に合わせたように台風20号が太平洋上を北上し
千葉〜茨城の太平洋側のポイントは、ウネリに加えて風も強く入っていて
はっきりとオジさんにはキビしい状況・・・というわけで連休後半に希望を託し、
シルバーウィーク前半の19〜20日は、家でF1シンガポールGPを観ながら
ダラダラと過ごすことにした。

いよいよ退屈もMAXになった日曜日、月〜火曜日泊まりで海に行いこうと
海の状況を調べると、未だ千葉〜茨城の海は台風の影響が残っている。
台風から遠い伊豆方面が比較的安定していそうなのだが、
伊豆には先週も行ったし、遠いし、
何より連休の東名高速なんて、ちょっと考えただけで胸やけがするしで
なかなか気持ちが伊豆方面には向かない・・・

いっそ連休全部映画でも観ながらゴロゴロ過ごすか・・・と
諦めモードになってきた日曜日、TくんOYくんの二人が
その日の夕方に茨城のポイントに行くという情報が入った!

いいの〜?茨城大丈夫なの〜〜?

やはり他人の情報よりも知人の行動は一番のカンフル剤だ。
ダメならアウトレットもあるし、なんなら偕楽園でも観光するし、というわけで、
水戸駅の近くに宿を取って、月〜火曜日の一泊二日で茨城に行くことにした。

2015_0922-6.jpg

月曜日の朝、6時に埼玉を出発。
朝のうちは雲は多かったのだが、予報は茨城県内の晴天を伝えている。
いい朝だぜ〜〜!と、二日間さんざん無精を続けた人間には
朝日がとてもまぶしい。

2015_0922-8.jpg

下り線の連休渋滞も済んだ高速道路は超スムーズ。1時間半で到着!
何はなくとも波をチェックすると、いつも入るポイントは、
打ち付けられた波が泡立つ「スープ」で、海は沖から真っ白・・・
意気消沈して南北にとても広〜〜いビーチの反対側を振り返ると、
おやおや、比較的おとなしい波が・・・・・?

2015_0922-9.jpg

このポイントには左右を堤防に仕切られていて、中でもサーファーズライトに来る
北側の堤防がかなり長あ〜〜〜〜い。ビーチ自体が気持ち南を向いているので、
その長い堤防が東寄りの風とウネリを抑えてくれる。
それでも波はムネ以上のサイズで入って来ていて、なかなかにハードな状況でしたが
ビーチの反対側に較べればかなりまともに見える。

まあなんとかなるさと8時前には入水。
すると、想像以上にイケるぅ〜!
駆けつけ三杯とばかりにいきなり3本続けて気持ちのいいやつをいただいた!
来てしまえばなんとかなっちゃうもんだね〜〜〜
っていうか、オレ上手くなってる???

そのあと10時くらいにサイドオンの風が入り始め
波質を落としはじめたところで一旦休憩。
すると、急遽実家にいたOYくんがこれから来てくれるという一報が!
おお友よ〜〜〜

2015_0922-13.jpg

11時過ぎにOYくんと合流した頃に波は持ち直しはじめ、
そのあと14時近くまで合計6時間乗りまくった。

一週以上間を開けると、身体がなまってスタミナももたなくなるが、
週末続けて波乗りをしていると、意外と体力がついているようで
その日の海の状態にもよるが、そこそこ長時間イケるようになる。
そして、体力だけでなく、波に対する勘もまだ鮮明に残っているので、
ひとつとして同じではない波のピークを、短時間で見極められるようになる。
なんでも続けてやるといいことがあるね。まさに鍛錬。

2015_0922-1.jpg

クタクタになって思考能力の落ちたOYくんを拉致って、
水戸駅周辺に強制連行。

2015_0922-2.jpg

黄門様に助さん格さんのお三方の前で、地元の美食と美味い酒を求めて
二人で食べログにぐるなびを調べ倒したが、
悲しいかなまだ多くの店の開店時間である17時前だったので、
選択の余地もなく、16時から開店している居酒屋に決めた・・・

・・・のだが、一見まったくイケてない駅前の居酒屋がまた大当たり。
海で太陽に晒されてボロボロになったお肌のために、
『西のふぐ鍋、東のアンコウ鍋』と称されるほどの茨城の味覚、
アンコウ鍋でたくさんのコラーゲンを補給した。
そして、刺身で出すにはかなりの鮮度が要る秋の味覚さんまの刺身もまた旨しっ!
脂がのってる〜〜〜

2015_0922-3.jpg

気がつけば二人で5時間近く飲んでいたわけだが、それでもまだ時間は21時。
ヨッパライは目につく甘い物にヨワイ。
閉店前のミスタードーナツで翌日の朝飯をGET。

2015_0922-4.jpg

もちろんラーメンには更に目がない。
地元のラーメンでもなんでもない『東京 つけ麺 TETSU』で、
なぜかつけ麺ではない中華そばをいただいて、
22時にはベッドにバッタリと倒れ込んで寝てしまった・・・いい旅だ。

2015_0922-14.jpg
2015_0922-15.jpg

通常サーフトリップならば早朝を狙うものだが、
私のトリップは晩の深酒が基本なのでヘパリーゼ HYPERの力を借りながらも
7時起きが限界。よって、海にやって来たのは埼玉から来るのと変わらない8時。

サイズは前日と変わらないものの、セット間隔はかなり広めで、
ちょっと力ないトロ速めの波・・・・・・ってことは!?〜〜〜

そう!
この日は紛う事なきロングボードの日!!!!


もちろん海の上は多くのロングボーダーたちで賑わっていたので
いつもよりも場所取り含めてかなり緊張感高し。一触即発。
わざわざ混み合った海に行きたいとは思わないが、
一旦海まで来たら混んでるくらいで引き返せない。
これもサーフィンの一部だ。遠慮なんかしてたら何もはじまらないし
いつまで経っても上手くはならない。

ピークを中心にして左右にきれいに割れる波だったので、
その代わりにブレークポイントは広くても幅約5m。
そこを捉まえられれば全員を置き去りにするアウト側から乗り込んで
分厚いフェイスを長く捉え続けられる。
ショルダーを横切り、時にボトムまで滑り降りてから駆け上がりして、
その後イン側で今一度割れるショルダーを捕まえたら、
一気にビーチまで滑り込む。カ〜〜〜ッやめられん!

というわけで、ショートボードのOYくんには申し訳ないが、
十二分に楽しませてもらった!

2015_0922-17.jpg

しかも、この日は雲ひとつない晴天!!!
晴天のシルバーウィークはサーファーのみならず、
海水浴ではなく純粋に海を眺めに訪れた観光客の方々も多かった。

2015_0922-16.jpg

途中なかなかピークが当てられなくなってシビれる時間帯があったり、
腕が上がって、パドルの最後の2〜3かきが回らず、
かなりの波を逃したりもしながらも、
正午のチャイムが鳴るまできっちり4ラウンド乗ってサーフィン終了。

2015_0922-18.jpg
2015_0922-5.jpg

いつものしらす丼を食べようと『かあちゃんの店』に向かったが、
さすがはシルバーウィーク、店員さんも対応が面倒だと
はっきり顔に書いてあるほどの盛況で、30分待ちの行列。
そこで、漁港の食堂の中でも一番大きい店の待ち名簿を盗み見ると5組待ち。
名前を書いて・・・・・待つこと10分ほどであっさり席に通された。
前の晩も刺し盛りをたらふく食べていたし、牡蠣小屋も併設されている店なので、
ここは海鮮丼を避けての牡蠣フライ!美味し!アーンド、量が多い!満足感高し!
ミッション・コンプリート。

2015_0922-19.jpg

もう一泊車泊して、この日のサンセットに翌火曜日も波乗りを続けるという
OYくんとはここで別れ、私は帰路に就いた。

火曜日には汗ばむほどの残暑日だったが、
前日の月曜日はウェットスーツが濡れて風に当たると肌寒いほど。
今年は長雨が残暑が済むより早くに始まってしまったり、
長いのか短いのか分からないちょっとおかしな夏になってしまったが
着替えのときなど、ふとしたときに秋の気配を強く感じるようになり
そろそろ海パンではキツい季節になってきた。
過ぎゆく夏もまた愛おしいね。No End Summer.

それにしても充実の茨城ツアーでありました。
OYくん急遽参加してくれてありがっとうっ!またよろしく!
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2015.09.24 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

変な時間に到着しちゃってスミマセン&ありがとうございました!
また水戸開拓したいですね!!

、、、牡蠣フライはサンセットまで効いてました。

2015-09-24 木 22:31:35 | URL | OY #6x2ZnSGE [ 編集 ]

OYくん
牡蠣フライの量、ハンパなかったね!
でも美味かった〜
やっぱり茨城は、海もメシもいいわ〜
次もよろしく〜!

2015-09-24 木 22:46:00 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR