スズキ GrassTracker 250(代車)

2015_0824-4.jpg

やっとR1200GSのリコール対策をM.S.C HARAで施してもらった。
内容はHP2 Enduroとまったく同じ
燃料ポンプとリアのホイールフランジの2箇所だ。

この対策処理だけならば作業も2時間程度で済むのだが、
ついでにオイル滲みがあったリアハブシャフトのオイルシール交換と、
私のGSはサーボ付きブレーキのため交換が面倒なフルード交換を
クラッチと併せてお願いしたので車輌預かりとなり、代車を出していただいた。

その代車が今回の話のネタとなる『スズキGrassTracker 250』。

250ccに乗るのはいったいいつぶりだろう。
しかも私世代の“ニーゴー"と言えば2ストロークが全盛の時代だったので、
4ストロークの250ccだとスクーターにしか乗ったことがない。
ちなみに私が今まで所有してきた250ccは
『ホンダ CRM250』(正立フロントフォークと倒立のモデル二台乗り継いだ)
『ホンダ NS250』(NSRじゃなくてNSの方ね)。
そしてスクーターの『ホンダ フリーウェイ』。

このグラストラッカーは、最低限と言っていいミニマムな装備で、
クラシックを今風の解釈で再構築したようなオートバイだ。
古い言い方だと、メーカー純正 “スカチューン" モデルと言ったところか。
始動にチョークを操作する必要のあるキャブレター車も久しぶりだけれど
キャブ車にはキャブ車特有の味わいがあって、
このオートバイのイメージともきちんと重なっている。
価格も43万円とお手頃で、
若者でも手が出しやすい“ファーストオートバイ"といった位置づけか。

さておき、久しぶりに乗る250ccエンジンの何と軽快なことか!
単気筒らしいパルスを感じさせながらも雑味のない回転フィールはかなり上品。
そんなに上までは回りたがらないが、街乗りならパワーも必要にして充分。
スムースなトルクカーブと、ツキの良いアクセルレスポンスには
どの回転域でもクセもなくとても扱いやすい。都会派。
個性がないと言えばないが、扱いやすいのだから文句を言う筋合いではない。

私の記憶にある無骨な時代の4ストローク250ccエンジンとは
比較にならないくらいとても良いエンジンだ。
さっぱりし過ぎた、悪く言えば安普請な見た目からは想像がつかないほど
良くできたエンジンであったが、時間の経過と技術の進歩とは
得てしてこういうものだ。

ただし、いかに入門編と言えども車体周りの貧相な印象はいただけない。
そのデキがコストの大小にダイレクトに影響を受ける代表は足廻りだが、
車体剛性も、サス剛性も、タイヤ剛性も、ブレーキ剛性もかなりユル目だ。
140km/hまで刻んであるメーターはご愛敬だが、
だいたい60km/hくらいが走らせていて一番気持ちの良いゾーンだ。
その辺りの速度域で車体の持つキャパシティの80%くらいまで
使いきってしまっている印象だが、これを70%程度で済むように向上させるだけで
脚の動きにもっと高級感が出て良いように思う。

50km/hで走っていれば気づかないそういったグルメな不満点は
「知らぬが仏」とも言えるので、ここでは百歩譲ったとしても、
シートのデキに関しては無視できないレベルだ。
初めてのオートバイならば尚のこと、
これに乗って遠出するライダーもきっといるだろう。
せっかく旅出っても、これでは最初の100kmでお尻が痛くなって
オートバイが嫌いになってしまうかもしれない。

安かろう悪かろうではいつまで経っても文化として育ちはしない。
オートバイなんて無駄の極みみたいな消費財こそ、
所有欲を喚起させられなかったらゼッタイにダメだ。

たとえば、友人が突然オートバイに乗って現れたとしよう。
それを見て「自分も乗ってみたい」と思わせるために一番に重要となるのは、
乗っている人間と、オートバイだ。
「オートバイに乗る」という行為自体に興味を抱くのは二の次だし、
そこに一番に興味を持てる人間ならば放っておいてもオートバイ屋に向かうだろう。

だから、そのモノ自体に訴求力がなければ、伝搬しない。
それと、くどいようだが乗っている人の魅力。
若者が離れているモノやコトのだいたいのことは、
それをするカッコイイ大人がいない業種だ。

そう、オートバイに乗っている大人にカッコ良い人間が少ないのだ。
(女性ライダーが増えているということは、
 カッコイイ女性ライダーが多いと言うことだろう)

乗り手のセンスの問題は業界の努力だけではどうにもならないので、
できることと言えば “オートバイをカッコ良くすること" になる。
だから、オートバイに限らずコストを優先し過ぎたこの国の工業製品は
魅力に欠けてしまうのだと思う。

世界に誇る4大メーカーのお膝元である日本で、
外国製オートバイの出荷比率が年を追う毎に増えていっていることも、
それを裏付けていると思う。

モデル数をもっと減らして、リソースを集中して素晴らしい一台を生み出せれば、
たとえ43万円の値段が60万円になったって、
台数が売れるようになると思うのは浅はかな素人考えなのだろうか・・・
(V-MAXもあんまり売れてるように見えないもんな・・・)

今回このグラストラッカーに乗って、改めてそんなことを思った。
とても良いエンジンなのに、ほんとモッタイナイ。

2015_0824-3.jpg

2015_0824-8.jpg

とか、エラソーなことを云々しておりますが
私が乗るとサーカスの熊のようになってしまうので、
カッコイイ悪い以前にメーカーも私には乗って欲しくないとは思うけれど・・・



2015_0824-7.jpg

話変わって、
今回修理をお願いしたM.S.C HARAに、先日発売になったばかりの
『BMW S1000XR』が置いてあった。

2015_0824-13.jpg

『DUCATI Multistrada』あたりとガチに競合するモデルだと思われるが
マルチパーパスモデルを持たないDUCATIならわかるが
大ヒット作、GSをラインナップするBMWに果たしてこれが必要なのだろうか?
海外メーカーは海外メーカーで混沌としてきている。
こういう隙間を狙うニッチモデルを出せるだけBMWには余裕があるとも言えるが、
長く乗っていたいと思わせるスタンダードな魅力こそBMWの真骨頂だと
信じて疑わない私には、こいつの魅力が今イチ伝わって来ないのは
私が古いオートバイ乗りだからだろうか??
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

2015.08.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | R1200GS

コメント

GrassTracker なんて手に入ったら運動場へ即走りに行きますね...

2015-08-26 水 19:41:37 | URL | Toshi #- [ 編集 ]

Toshiさん
実はわけあって昨日までCB223Sを代車で借りて乗っていました。
そちらの話もそのうちさせていただきます。

・・・やっぱりニーゴーは2stに限りますな・・・

2015-08-27 木 13:45:40 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR