来季のバインディング

2015_0708-1.jpg

BURTON ROVERを衝動買いした足のデカイ私は、
DEELUXE比約90%(印象)ほど小型化されたROVERのシェルのため、
来季はそれまで使っていたDIODEのLサイズを使えず、
Mサイズのバインディングを買うことを余儀なくされている。

「Lサイズを使えず」はもちろん言い過ぎで、大は小を兼ねるし、
使えないこともないので、例によって無駄遣いの大義名分だ。

ちなみに、ひょっとするとこちらをお読みのスノーボード好きな方々には
ガッカリさせてしまうかもしれないが、来シーズンは “何も買わない" を
合い言葉に現状装備で乗り切る構えだ!
まあ、あくまでも今のところは、という但し書きが付くが・・・・

んで、来季のバインディング候補となるのはもちろんBURTON。中でもGENESISだ。
昨シーズン、DEELUXE INDEPENDENTに買い換えた時点で、
Lサイズに移行したわけだが、残念ながら第1候補の『GENESIS TT』の
国内販売分にはLサイズが設定されておらず、
2015年からの本発売を待って手に入れようなんてのんきに皮算用をしていたら、
今季はLサイズはおろか、GENESIS TT自体の発売がないのだそうだ。
2015_0708-7.jpg
そのGENESISだが、来季はこの3色展開。
放っておけばブラックで何の問題もないわけだが、
GENESIS TTへの郷愁に駆られる私としては杢目が刷り込まれた
『ダークウッド』がとても気になる。
ここ2年ほどTTを含めた3色展開であったので、
ダークウッドがTTの代わりを担っているのは明らかだ。

といったわけで、そろそろ来季モデルが店頭に並んでいるショップも
出始めているようで、早速、神田まで実物を拝みに行ってきた。

2015_0708-2.jpg

色の話に入る前に、装備面について説明しておくと、
一番の変更点はこのトゥストラップ。
『スーパーグリップキャップストラップ』と名付けられたブランニューパーツは
今までのキャップストラップのような、合皮の内側にゴム製のズレ防止を
施したものとは違い、吸着性の高いシリコンゴムの一体成形に変わった。

実際隣に展示されていた『SLX』を填めてみれば、つま先のグリップ感は一目瞭然。
ズレる気配さえ見受けられない。
今までこの部分は想像以上にズレるものであったので、これはとても楽しみだ。
もちろんブーツ表皮との相性はあるだろうが、かなり期待ができそう。

こういった初物の場合、耐久性もとても気になるが、それ以上に
ゴムの質感を含めた見た目に関してはかなり後退したと言わざるを得ない・・・
痛し痒し。

spark_hammock.jpg

スプリットボード用の『SPARK AFTERBURNER』にもBURTON製の
『ゲットキャップストラップ』がOEM採用されているが、
ハイク中にこそすぐにズレてしまう部分なので、こちらにこそ
このシリコンゴム製のキャップストラップは必要なパーツだ。

これ以外には、締め付け感が少なくてもホールド感は高いという
魔法のようなアンクルストラップ『ハンモックストラップ™』が
更に左右非対称さを増したとの情報を聞いていたのだが、
新旧両方を並べて見ないと分からない程度の差なのかもしれない。

それと、例の斜めに刻まれたストラップベルト
『ダブルテイクバックル & Insta-Click』のギアが更に最適化された
との情報もあるが、これは使ってみなければわからないだろう。

2015_0708-4.jpg
2015_0708-9.jpg

話は逸れるが、SLXのこのBATスーツみたいな表皮はカッコイイ!
『ドラゴンスキン』とかカッチョエエ名前まで付いている。
SLXには、なんでもBURTONの持つテクノロジーがすべて投入されているとかで、
それはつまり、しなやかに足の動きに追従しながら、
しっかりとしたホールド感を保ち続けるという、その説明だけ読めば
まさに夢のような、もしそれが本当だったら究極と言っていい一足だ。
¥64,800(税込)と、お値段も究極的にお高いけどね・・・

2015_0708-8.jpg
色の話に戻り、まずはブラックでありますが、
歴代のGENESISにももちろんブラックは常に王道として存在しておりますが、
いつも一色差し色が追加されておりました。
全体色の好みよりも、案外この差し色によって好き嫌いがハッキリしてしまうのは、
何よりブラックが王道中の王道だから。

2015_0708-3.jpg

そう考えると、来季の “差し色なし" という決断は、
覚悟も要ることなので、まさに英断と言っていいだろう。
迷いのない感じがなんともGOODだ!

2015_0708-6.jpg
2015_0708-5.jpg

しかして、このダークウッドもやはり捨て置けはしない・・・
さすがはBURTONだ。
杢目の精密さ、手触りを含めたプリントの精巧さは他の追随を許さない、
もはや圧倒的と言っていいレベル。
このテのフェイクにありがちな安っぽさは微塵もない。
もちろんこの精巧さをもってしても、ボード全面など広い面積に施せば、
粗が目立つ部分もあるだろうが、何よりこのサイズであることと、
表面積の少なさを逆手に取ったアイデア勝負には好感が持てる。


残念ながらBlueを見ることは適わなかったが、
まあハナから候補ではないのでヨシとしよう。
というわけで、ブラックかダークウッドか。この二択はかなり難しい・・・
もう少しだけ悩むことにしようと思う。
こんなモラトリアムな時期は、シーズン中の次に楽しかったりするので
もう少しだけそんな時間を過ごしたいと思う。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★スノーボード★ - ジャンル:スポーツ

2015.07.22 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

このモラトリアム期間、私も好きです。
もうカタログ号出てますしね。
私もクラウドスプリッターに合うビンディング欲しいです(^_^;)

2015-07-23 木 20:40:29 | URL | tetsu #7Vwe54W6 [ 編集 ]

tetsuさん
cloudsplitterならESTですね〜
悩む時間は使う時間よりも幸せかもですね〜〜〜

2015-07-23 木 21:23:20 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR