HP2 Enduro : HPN リア18インチホイール

2015_0630-11.jpg

日本海側に逸れた台風9号の影響か、この週末は日本全国最高気温35℃予報!!!
夏日となればもちろん海に行ってのぼせた頭を冷やすのが一番だが、台風からの
強いうねりを受けて、とても私レベルで乗りこなせるような波ではない(という予報)。
ただ、土、日曜ともに降水確率はほとんど0%で、
それなら山に行くしかない!!!!というわけで、
日曜日に向けてHP2 Enduroの準備を急遽この土曜日にすることにした。

梅雨明け頃にシーズンインに向けて、チマチマとメンテナンスや
カスタマイズやリコール処理を進めていたHP2ですが、
この期に及んでもまだしなければならない準備というのは、
やっと、やっと、やっとのことで手に入れることができた
リア18インチホイールへの換装作業だ。

生産が終了してからだいぶ経つことと、そもそもほとんど限定生産で出荷されたため
台数が少ないこともあり、すでにクラシックの域に入ろうとしている
HP2 Enduroなので、そろそろ社外パーツの入手が困難になってきている。
もちろん、売ってなくても作ろうと思えば作れるのが現代社会なのではあるが、
そもそも工学音痴で、無精が服着て歩いているような私に
パーツを集めてホイールを組むなんて、ほとんど無謀な挑戦でしかない。
つまり、その気ならないので、手に入れるのはとっくに諦めていた。

そんな折、『ショートリアフェンダー』と同様に、
HP2 Enduroから車輌を入れ替えられることになったtrafukoさんから譲り受けた
ストックパーツの、目玉商品がこちらであったわけだ!

オフロードバイクにお詳しい方ならご存じかと思うが、
オフロードタイヤ(ブロックタイヤ)の一般的なリアホイールのサイズは18インチ。
ちなみにフロントは21インチで、FIMの規定か、
もしくはいろいろ試したけれど、結局ここに落ち着いたのか、
その理由は私には窺い知れない。

さておき、HP2のリアホイールは、1インチ小さい17インチ。
これまたなぜ17インチなのかは尚のこと謎だ。
兄弟車であるR1200GSが17インチ(フロント19インチ)なので、その関係?
大排気量エンジンのパワーやトルクを支えるためには17インチが必要なのか?
理由はさておき、おかげでこのサイズのオフロードタイヤは入手困難極まりない。
タイヤと言えばもうガソリン同様にライフラインに近い存在なので
無ければオフロードバイクでありながら舗装路の上を走るしかなく、
陸に上がった河童同然の存在に成り下がる。

そんなわけで、18インチホイールを持っているだけで、
タイヤ不足に対するリスク管理が一気にし易くなるわけだ。

リア18インチが一般的である理由は不明と書いたが、
17インチとの比較において考えれば、車輪は大きい方がジャイロ効果を含め、ショック吸収能力の向上など、ホイールの大径化が車体の安定傾向に利くことは確かだ。
なので、HP2でもリアを18インチ化すると、リアのトラクションを含めて
かなり乗りやすく変わるのだそうなので、タイヤ不足への安心感だけでなく
装安性に関しても、安心感が増幅することが、
18インチ化の何よりのメリットなのであります。

2015_0630-12.jpg

交換に際しては、残念ながらポン着けとはいきません。
ノーマル17インチはチューブレスホイールで、18インチはチューブホイールである
関係で、スポークの組み方が違うため、スポークがリアのブレーキキャリパーと
干渉する恐れが出てきてしまいます。

2015_0630-15.jpg

んで、思い切ってキャリパーボディを削ります。
2mmほどのクリアランスができました。

2015_0630-10.jpg
2015_0630-16.jpg

そうして交換完了!
ノーマルのブロンズカラーのリムも好きなのですが、
黒いリムもクールでカッコヨス。

このホイール、GS系ラリースペシャリストのHPN(クルマで言えばアルピナ)製で、
ハブはBMWの純正を使っていて、リムのメーカーはBMW純正ホイールも担当するSAXESS社製。品質も申し分なしだし、ぶっ太いスポークなど、その仕上げもスペシャル感がハンパない。
鑑賞に耐えるレベルのパーツだ。ごはんおかわり・・・

2015_0630-8.jpg

フロントホイールのサイズはまったく一緒なので、変更の必要はないのではあるが、
もちろんフロントホイールもセットで交換する。
この画像で違いがわからないかもしれないが、ノーマルの305mmに対して、
320mmとブレーキローターのサイズが違っています。
これはキットに含まれているものではなく、trafukoさんのセレクト。
実はこの320mmのブレーキローターは、純正のストリートホイールキット
含まれるサイズなので、馴染みがあると言えばあるカスタマイズメニューだ。

もちろん、ブレーキローター径を変えるには、
キャリパーの位置も変える必要があるので、実はそんなに簡単な話ではないのですが
なぜにそんなややこしい話に馴染みがあるのかというと・・・

2015_0630-9.jpg

HP2 Enduroには、キャリパーの装着位置を変えられるように
最初から取り付け位置が2箇所設けられているんです。
というように、このHP2は、主に車体関係に兄弟車からの流用パーツが少なく
車体を中心に専用パーツで構成されており、スペシャルモデルの香りがぷんぷん。
BMWやたらとこだわってますが、1200ccの本格エンデューロバイクの需要など
たかが知れていて、案の定大赤字だったようです。そういったわけで、
二度とこういったモデルは出てこないだろうと言われております。


リアが18インチ化されたHP2ですが、一番上の画像をご覧いただければ
尚のこと“大径化" されていることが視覚的にも良く解りますが、
もちろんそのインチアップされたぶんシート高も高くなるので、
走らせてみるまでもなく、身長178cmある私でも跨がるのに一苦労させられる。
足首が使いやすいスニーカーでこれなのだから、
不自由を強いられるオフロードブーツだと一体どうなることやら・・・・
足場の悪い山道では尚のこと、止まるときには立ちゴケ必至の様相だ・・・
今まで以上に止まる場所に気を遣わされる。
山に入ったらいっそノンストップで走り抜ける必要があるかもしれん。
これはビビるなあ。

というわけで、走りの変化の確認もそうだが、
早いとこ林道でこの足つき性の悪さを試しておきたいところだ。
楽しみなんですけど、緊張度も高い・・・

2015_0712-16.jpg

というわけで、梅雨の合間の晴れ間が広かった週末に
早速試しに行ってまいりましたのでそちらの模様はまた明日!
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2015.07.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR