BURTON ROVER 2015

burton_rover2015-7.jpg

今季の最後の最後に告白する衝動買い物件はこちらの『BURTON ROVER』。
ご記憶の方もいるかと思うが、私にとってBURTON ROVERはこれで二足目。
ROVER LTDはRedWingとのコラボものであったが、
こちらはDiemmeとのコラボものだ。

burton_rover2015-6.jpg

ときにDiemmeとはイタリアの登山靴で名を馳せたブーツメーカーなのだそう。
さすがはイタリア、ソールや靴紐の差し色の使い方がとてもオサレだ。

burton_rover2015-9.jpg
burton_rover2015-8.jpg

一足目のROVER LTDを買ったときに、
RedWingに対する私の一方ならぬ思いを吐露したが、
Diemmeに関しては、とはいえ何の思い入れもないので、
これを選んだのは、このブーツがコラボ抜きでも純粋にカッコいいと思えたからだ。

ただ、買った理由はモチロン他にもあって、
一番はその履き心地であった。

DEELUXE SPARK SUMMITで感じたホールド感の高さにしびれまくった私は
今季DEELUXE INDEPENDENTをひとシーズンに渡り履いてきたわけだが、
そのホールド感の高さには充分納得させられておりました。
その納得度は、それまで永くBURTONを愛用していた私の価値観を破壊するほどで、
実際、SPARK SUMMITのすぐ前にBURTON ION Leatherを買っていたにも係わらず
そちらをオークション行きにしてまで買い換えたほどであった。

それほどまでに惚れ込んでいたDEELUXEなのに・・・・・

シーズンも終盤を迎えていたある日、ふとしたキッカケで、
以前から気になっていた今季モデルのBURTON ROVERを試着する機会に恵まれ、
よせばいいのに足を入れてしまったら最後、目から鱗が落ちてしまった。

そもそも今季のROVERが気に入っていたのは、その見た目だけの話で、
言ったようにそれまで完全な信者であったBURTONから履き替えるほど
ホールド感に関してはDEELUXEの方が高いと信じこんでいたので
ほとんど期待もせずにモノは試しで履いてみただけだった・・・
・・・なのに、それがどうだ。
ひと度足を通せば、まるでハードブーツのように足全体を包み込みながら
かといって足を鬱血させるような偏った当たりは感じさせない、
少なくとも試着レベルでは、高いホールド感と快適な履き心地を
見事に両立しているではありませんか!

burton_rover2015-3.jpg

しかも、DEELUXEのお家芸と言っていいサーモフィットインナーの生み出す
踵のホールド感を凌駕するほどに、足がソールに貼り付くように固定される。
一度も使わずに売り払ってしまったION Leatherは1シーズン前のモデルなので
直接比較はできないが、実は今シーズン前にも今季モデルのIONを試着してはいた。
なのだが、これほどのホールド感は感じられなかった。

やはり新しいブーツを試すのは、直接比較のできるシーズン中の方がいいようだ。
シーズン前だと先シーズンの記憶に残る印象との照合になるので、
頭の悪い私の場合は特に怪しいったらない。というかまったく記憶と違っていた。

と、是非に手に入れたいと願うほどに感激はしても、このテのブーツをシーズン中、
しかも終盤に差しかかってからジャストサイズを見つけるのは至難の業だ。
来季モデルを待つのも手だが、来季のROVERはミドリムシインナー・・・否、
『INFINITE RIDE™ 4ライナー』ではなく『IMPRINT™ 3ライナー』に
なってしまうという。それではこのホールド感が得られず元の木阿弥だ。
それ以前に、同じDiemmeとのコラボながら、
来季モデルのROVERのデザインはあまり好きにはなれないので
これは何としても今季モデルを手に入れなければならない。

その時試したのはUS 10(28cm)で、試着的にはそれがジャストに感じた。
しかして、試着させていただいたショップのUS 10は
すでに嫁ぎ先が決まってしまっており、他で探さざるを得ない状況であったのだが、
もうUS 10はどこにもない・・・

一度は諦めかけたのだが、ここでまた悪い虫が疼いてしまう。
「前買ったIONは27.5cmだったし、US 9.5でもイケるんじゃね?」
でも、IONはアジアンフィットで、今季のROVERはインターナショナルフィット。
モデル年度が離れてはいるが、実際ROVER LTDはUS 10だ。
27.5cmでは前後長はなんとかなっても、幅が入らないかも知れない・・・

burton_rover2015-5.jpg

結論としては、目をつぶってUS 9.5をオーダーしてしまったわけだが
届くまでは気が気でなかった。
しかして、結果オーライ!むしろタイト目で私の好みであった。
しかもこの時期見つけられれば30%OFFも珍しくはない。ラッキーでありました。


burton_rover2015-1.jpg

といったわけで、実は3月の終わりの尾瀬岩鞍からすでに実戦に投入していたので
実際に使ってみたインプレも報告しておくと、
やはりそのホールド感は、私の知る限り群を抜いてガッチリしていた。

ただ、フリーライディングに向いているはずの、
オールドスクールなレースアップタイプのブーツに、
これほどのホールド感が必要かというとかなり疑問だ。
足首の自由度に関しては、キッパリとINDEPENDENTの方に軍配が上がる。

なので、ある程度足首を含めた足の動きを許容するブーツがお好みの方には
向かない種類のかなり硬い印象を持たれることだろう。

もちろん私にとってもINDEPENDENTの自由な足の動きは魅力的ではあるが
それ以上にこの強固なホールド感に惹かれてしまったし、
長いこと探していたのは「まさにこれだ」という強い予感めいたものもあった。

つまり、私にとってはROVERでなくともこのINFINITE RIDE 4ライナー
搭載モデルであれば、どれでも良かったということなわけだが、
ならば尚のこと一番カッコイイROVERで決まりだ!答え一発!カシオミニ!(古っ)

burton_rover2015-4.jpg

それほどにこのムッチリと身の詰まったような見た目に加え、
このダブルオーバーラッピングをもつ、インナーブーツのホールド感が強固なので、
アウターの靴紐をしっかり締め上げなくてもあまり問題がない。
はっきり言って編み上げの靴紐はほとんど飾りと言っていいほどだが
もちろん下側、上側、足首と、好みに合わせ分けて締め上げ方を変えられる。

burton_rover2015-10.jpg

そして、DEELUXEの薄めの靴紐に較べて、
BURTON製の靴紐はとても太く肉厚で、大きな私の手でも握りやすい。
レースホールにはDiemmeの例に倣いスチール製のリングホールが採用されていて
少ない力で締め上げができてとてもラクだ。しかもレースが太いぶん滑りの良い
リングホールタイプでも、そこで靴紐がロックされ緩みづらくなっている。
レースアップタイプでありながら、履くのに時間が取られない。
朝一の忙しない時間でも、精神的にとてもラクだ。ストレスフリー。

というわけで、このROVERには
レースアップタイプらしくないほどに強固なホールド感が与えられており、
来季モデルがI比較的足首の動きを許容するIMPRINT 3に変更になるのもうなずける。

それだけ拘束力が高くても、圧迫感がなく、足が鬱血するような当たりもないので
長時間履いていても疲れ知らず。
そして、この縫い目の一切ない形状によって、水分過多の春のシャバ雪でも
浸水することもなく、かといって春の陽気で暑く感じるほどの日でも
足が蒸れることもない。これならシーズンを通して快適に履いていけるだろう。

ただ、体温でスローフィットさせるタイプのサーモインナーなので、
そんな履き心地が完成するまでしばしの我慢が必要になるので注意が必要だ。
私の場合はワンサイズ小さくしたので尚のこと、
最初はあまりに小さく感じてしまい、それは買ったことを後悔してしまうほどであった。
それほどにひと度オートフィットした後とは、フィット感に大きな違いがあるので
最初はグッと我慢が必要になるだろう。

そうして一旦フィットさえしてしまえば、こちらのものだ。
加えて本革性のシェルなので、
アウターも今後さらに柔軟性が増してくれるだろうから
ひょっとすると足首の自由度も多少なりとも向上するかも知れない。
とても楽しみだし、育て甲斐のあるところも本革製ブーツの良いところだ。

burton_rover2015-2.jpg

春先にしか使っていないので、まだアイスバーンの上を歩いてはいないが、
Vibramソールのグリップ感もなかなか頼りになりそうだ。
こうなると、SPARK SUMMITの存在意義も危うくなりそうで怖いが、
先日の春の立山で岩の上を歩いたときに感じた快適さを含めて、
このROVERと較べても尚、SPARK SUMMITの履き心地は
一頭地抜きん出ているので、そこに取って代わることはまずない。
「だったらソリッドボードでもSPARK SUMMITを履けばいいのに」と
思われるだろうが、SPARK SUMMITのガチのVibramソールでは
ボードの撓りを直に足裏に感じる事ができない。
まさに帯に短したすきに長し。こだわりを貫くのであれば、
道具選びは最大公約数的に捉えずに場面場面で使い分けなければならないのだ。

さておき、そんなイイコトずくめのROVERであるが、問題がないわけではない。
それはDEELUXEに較べ、昨今のBURTONは極端に小型化されているということだ。
つまり、今季買ったLサイズのバインディングでは大きすぎる。
しかして、今季INDEPENDENTで行くと決めてから
Mサイズのバインディングは手放してしまったので、すでに手許にはひとつもない。

2015_0412-13.jpg

こういうとき、持つべきものは親切で物持ちの良い友人だ。
結局Mサイズのバインディングを2つ持つatuにGenesisを借りることができた。
というわけで、来季もまた新たにバインディングを買わなければならない
というオチだ。一体いつになったらこの輪廻から脱することができるのでしょう?

さておき、今回で言えばDEELUXEの方がホールド感が高いという
先入観や思い込みがあったことが露見した。
そういった勘違いほど正しい買い物の妨げになるものもありませんな。
できることならせめて1〜2回は滑りに行ってから
新しいアイテムを試すようにした方が良いようだ。
今さらではありますが、これまた良い経験をいたしました。

というのが、今季の冬の最後のお買い物でありました。
できればこれでしばらく数シーズンは、
冬山のための買い物は控えたいと思う今日この頃であります(いやマジで)。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2015.05.19 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

Rover 2015

私も今シーズンは一目惚れでローバーでした。ヌバック状態で使ったところ雪(特に湿雪)つきまくりで、オイルを塗って使ってました。へそ曲がりさんも写真を見たところそういったメンテナンスをしてますね。
私的には来季のほうがお洒落な感じで好きですが、性能ダウンなら今期買って正解ですね。

2015-05-22 金 23:11:09 | URL | kim #- [ 編集 ]

Re: Rover 2015

kimさん
表皮はできるだけヌバックの風合いが残るようにメンテしてます。
インナーブーツに関しては、レースアップブーツの特性を考えれば
来季の柔らかめになると思われるImprint3の方が向いていると思います。
ただ、私の場合、見た目は「レースアップ」中身は「硬め」が好きな
まさにへそ曲がりなので、私のような変態には
今季の硬いINFINITE4の方が合っているので、尚のこと今季のブルーが正解でした。

2015-05-23 土 12:12:52 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR