INTERSTELLAR Blu-ray

interstellar_bluray.jpg

INTERSTELLAR』は、劇場公開中にもう一度観に行くとかなんとか
息巻いていた私であったが、結局それも叶わず、
仕方がないのでBlu-rayを買って我慢だ。

というように、毎度ここにも書いているが、たとえ劇場で観ていても、
気に入った作品はレンタルやWOWOWで観返しもするし、
さらに気に入った作品に関してはBlu-rayやDVDを買ってしまう。

それほど飽きずに何度も何度も同じ作品を繰り返し観るのが好きだ。

interstellar_7.jpg

もちろん冬の間は『NISEKO DOWNCHILL』や『THE SPRING SESSION』など
スノームービーをまるでサルのように何度も観るが、
それらを除いた映画作品の中で、DVDが擦り切れるほど観返しているのは
一番が『ジェイコブスラダー』で、二番目が『ラブ・アクチュアリー』
三番目はシリーズ作品だが『ダークナイト』三部作だ。
何度観ても見飽きないし、だいたい2ヵ月くらいで禁断症状が出るくらいに
また観たくなってしまう。

ちなみに『STARWARS』もよく観る方ではあるが、何せ一度見始めると
一日仕事を覚悟する必要があるので、逆に出番が少ない。

話をインターステラーに戻そう。

ダークナイト三部作でもそうだったが、
CG全盛のこの時代に、徹底的に実写にこだわるクリストファー・ノーラン監督の
その怨念ともとれるようなこだわり方を観たければ
やはり、同梱される特典映像を観なければならないだろう。

interstellar_3.jpg
interstellar_5.jpg

CG使えば、何の面倒もないだろうに、それをわざわざ
実物大のスペースシャトルを造って、それをアイスランドまで運んで実写撮影
することに一体どれだけの違いと、それによる効果が見込まれるのだろうかと
「金を遣うな、頭を使え」が口癖の悪徳経営者である私なんぞはつい思ってしまう。
でも、このBlu-rayに納められた貴重なインサイドストーリーを観れば
そんな疑問がスッキリと晴れる。

interstellar_4.jpg

今作に登場する、数個の立方体を組合わせただけの、論理的な造形のため
逆に異質に感じられるロボット「TARS」ですが、
なんとこれ、スターウォーズのR2-D2のように、声も担当したビル・アーウィンが、
すべてのシーンではないが、実際に動かして演技しているのだそう。
そうすることで、逆にこの無機質なデザインが与えられたロボットの動きに
CGでは出すことのできないリアリティと温かみが表現されている。

これ以外にも忠実な船内のセットを作り上げ、窓の外に拡がる宇宙の映像を
プロジェクターでスタジオ内に投影し、役者のヘルメットバイザーに映し込ませたり
(IMAXカメラは、少ない光源でも撮れるので、プロジェクターの光量だけで
 撮影されたシーンも多かったようだ)
実物大模型をジンバルに載せて遊園地の乗り物のように上下左右に動かして
それを撮影し、ブルースクリーンの前で状況を想像しながら演技をするのとは違った
役者たちの迫真の演技を導き出すなど、そのこだわり方にはすでに際限がない。

そして、今作が描き出す「ワームホール」や「ブラックホール」は
もちろんそれを目視した人類は一人もいないので
当然それらを映像化するにあたっては、想像するしかないのであるが、
今作では監修を務める理論物理学の第一人者である、キップ・ソーンが導き出した
数式からその姿を描き出している。

interstellar_8.jpg

これがそうして描かれたブラックホールの姿。
回りに強力な重力を放ち、回りのものを強い重力によってを飲み込んでいるので
それは高速で移動しながら吸い込まれている。そしてその強い磁場は
光までもを吸い込むのだからその「口」の回りの景色が歪み、
空間が圧縮されるので吸い込まれた光が輪のように見えるはずだ。
そういった、現在確立されている物理学の見地からこの姿が導き出されていて
それまでの常識であった “空間に単に穴が開いている" という
ブラックホールに対する認識を完全に凌駕している。

interstellar_6.jpg

ちなみに本作中に登場する研究室の黒板に書かれた数式も
実際にキップ・ソーンが書いたものだ。


と、そんな感じで、特にSF大作の特典映像を後日談的に楽しむのも
私の映画の新しい楽しみ方になっている。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2015.05.22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画

コメント

ジェイコブスラダー好きです。
ラブ・アクチュアリーは意外ですねー
ダークナイトのラストは何度見ても飽きないというか
胸が熱くなるのは僕だけでしょうか。
バットポッドで駆けるシーンはサントラ聴いていても蘇ります。

僕、数年に一度は仁義なきシリーズ観ちゃいますね。

2015-05-26 火 15:28:16 | URL | Toshi #- [ 編集 ]

Toshiさん
恋愛ものも結構観ちゃうんですよね。
『Sleepless in Seattle』とか、『ノッティングヒルの恋人』とかも
DVD持ってます。

仁義シリーズですか〜〜〜
通販とかで見かけちゃうと
DVD BOX買いそうになっちゃうもんな〜〜〜

2015-05-26 火 16:11:04 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR