NISEKO DOWNCHILL SESSION 2015

downchill_session-39.jpg



4月の11〜12日に開催された
NISEKO DOWNCHILL SESSION』に参加してきました。
ニセコ ダウンチルと言えば、すでに言わずもがな。もう説明は一切必要ないだろう。
もし分からなかったら、是非『NISEKO DOWNCHILL』を観て欲しい。

つまりはあの映像の世界観を、そのまんま山で再現したのが
『NISEKO DOWNCHILL SESSION』。
楽しくないはずがないわけであります。

downchill_session-1.jpg
downchill_session-2.jpg

今回我々は土曜日の回に参加してまいりました。
場所はいつものアンヌプリスタート。
集合時間は7時45分なので、私とatuはモチロン金曜日に前乗り。
金曜夕方の便で新千歳に降り立ったのだが、
その足でニセコには入らず、大人の事情で札幌ステイ。
ススキノで遊び散らかしたあとにのぶの家に泊めてもらい
5時にショウタくんに迎えに来てもらって4人でアンヌプリまでやって来た。

downchill_session-3.jpg

豪華ライダー勢が整列し、朝のブリーフィングからセッションスタート。
天海 洋班、廣田鉄平班、佐々木勝巳班、三班に分かれてのセッション。
各班にゲストが6名ほどで、それぞれに和田直也くん(Moderate、Moss)、
鈴木大祐くん(乗横整骨院)、宮内皆人くん(Greenclothing)、
ガッちゃん(菅原Guts英卓:Munchies)の豪華ライダー陣が
テールを務めてくれるので、ライダーレシオはほぼ3:1の割合。
DOWNCHILLと言えばこの人、もちろん主催者の大泉監督もいらっしゃる。
以上のライダー以外にも多くのサポートライダーの方々が
「来たよ」ってな感じで現れ、ときにレシオは2:1にまで薄まることも!
もう大盤振る舞いの様相、なんて贅沢なんだ!!!
ただ、残念ながら山下 勝さんは土曜日は不参加・・・勝さん会いたかったっす。

ちなみにゲストの皆さんのほとんどが内地からの参加。
道産子はのぶとショウタくんを含めたほんの数人。
わざわざこれのためにニセコまでやって来るという事実だけでも
参加者たちの本気度が解ろうというもの!

downchill_session-21.jpg

モチロン私は佐々木勝巳班!師匠に付いて春のニセコを遊び尽くすわけだ。
ちなみに画像のポーズは師匠の新技「ゲッツ!」。
富良野では「あったかいんだから〜」を連発していた。
勝巳師匠はセッション中、滑りはもちろん、そのちょっとした空き時間にも
新旧のネタを織り交ぜて放り込んで来るので片時も師匠から目が離せない。

他の班では洋くんや鉄平くんに、ターンや当て込み等、
様々なレクチャーを受けたりもしていたようで、一流のライダーたちから受ける
アドバイスや刺激を言ったようなレシオで感じられるのが、
NISEKO DOWNCHILLの真骨頂だ。
でも、私の場合は技術以前にスノーボードの遊び方や
雪山との付き合い方を教えてもらいたくて来ている。
そういったときに勝巳さんのアテンドは最高だ。

downchill_session-4.jpg

ところで、そんな勝巳さんのボードは来季モデルの『MOSS Q505』。
クリアティントがとても素敵だ。ゲンテンかぶれの私もこいつばかりは気になる・・・
『Q』といえば言わずと知れた廣田鉄平シグネチャーモデルであるわけで、
せっかくご本人もいらっしゃるので、

downchill_session-5.jpg

並べてみた。
一番手前が鉄平くん使用のQ60。

downchill_session-6.jpg
downchill_session-7.jpg

なんてことをしながら、ゴンドラの運転開始を待ち、
まずは参加者総員でのゲレンデセッションで幕を開ける。

毎度そうなのだが、この朝一のゲレンデクルージングが実は一番キツい。
当然ダウンチラーたちはキレキレの深〜〜〜〜〜〜〜いターンで滑り続けるので
太ももから血が出るんじゃないかってくらいに乳酸で溢れかえる。

しかも、福井やら愛知やらっていう遠方からお越しの方々を含む
今回の参加者たちの本気度は、私のような冷やかしとはぜんぜん違う・・・
みなさんガチにお上手な方々ばかりで、正直かなり気が引ける。

downchill_session-10.jpg
downchill_session-11.jpg

その後、ザックを背負い、ビーコンのスイッチを入れて各班それぞれにゲートの外へ。
残念ながらこの日のアンヌプリの上部は濃いガスに覆われてしまっていたが、
そこは生粋のニセコローカル達だ。これでもかと良い斜面に連れて行ってくれる。

downchill_session-9b.jpg

先週は雨ではなく、雪が降ったこともあり、汚れが流されずに浮いてはいたが、
良く滑るザラメに大興奮だ!

downchill_session-12.jpg
downchill_session-13.jpg

標高を落とすと雲から抜けるのだが、日射の影響もあり、
雪はその汚れをさらに浮き上がらせて厄介なストップスノーに変わってしまう。
ときにダウンチルなライダーたちは引っかかる雪のことを「ねっぱる」と言う。
「いや〜今の斜面はねっぱったわ〜」といった使い方になるので、
憶えておくとニセコ通を気取るときにとても便利だ。
ときに勝巳師匠は「今の場所petagini.jpgペタジーニがいたね〜」と、
元プロ野球選手の名前まで駆使してくるので、これも憶えておくといいだろう。

downchill_session-14.jpg
downchill_session-15.jpg
downchill_session-16.jpg

でも、そんなペタジーニも吹き飛ばすような良い斜面がたくさんある。
ボードの反応も良い、パウダー顔負けの素晴らしい足応えの雪だ!気持ちイイ!

downchill_session-17.jpg
downchill_session-18.jpg

ランチはこのDOWNCHILL SESSIONのために駆けつけてくれた
Powers Green Truckのカレー。
春のうららかな気候の中で食べるオリジナルなカレーは旨すぎる!

downchill_session-19.jpg
downchill_session-20.jpg

突然ですが、この日の私。
毎度気分に合わせて着るウエアを変える私ですが、
DOWNCHILLとなればもちろんP.RHYTHMを着ないわけにはいかない。
そういったわけもあり、ゲストのP.RHYTHM着用率は異様に高い。

downchill_session-22.jpg

ランチのあとはアンヌプリ山頂からヒラフへと向かう。

downchill_session-23.jpg
downchill_session-25.jpg
downchill_session-24.jpg

ヒラフのパークアイテムを当て込みまくってから、
すでに営業を終えた花園へ落としていく。
花園の駐車場に予めクルマをデポしておいてくれていたのだ。

downchill_session-26.jpg
downchill_session-27.jpg
downchill_session-28.jpg

無人の花園を滑り、こちらでもすでにお役御免となったハーフパイプや
キッカーなどのアイテム類に当て込みまくりだ!
が、このあたりまで来ると、もうどうにもボードが走らない・・・・
やはりこの時期になればストラクチャーは必須だ。
春のライディングにもってこいだと購入したはずのSPOONFISHだったが、
もちろん買ったばかりなのでチューンナップには出していない。
逆にそれがアダとなってしまった。それにしても滑る滑らないの判断は、
いろいろな人たちと同じ斜面を一緒に滑って行うべきだと改めて思った。
自分のボードの走らなさ加減が一目瞭然だ。

downchill_session-30.jpg
downchill_session-29.jpg

くたくたになってアンヌプリへ戻り、オレものぶも
すっかり「お疲れちゃん」な気分だったのだが、時計を見ればまだ2時半!!
もちろんスノーボードを愛してやまないダウンチルな面々が、
この程度で許してくれようはずもなく、ゴンドラで大沢へと強制召喚・・・

downchill_session-31.jpg
downchill_session-33.jpg

しかして、この頃にやっとアンヌプリの上部もガスが抜けはじめ
ナイスビュー!な展開に。来て良かった〜〜(1)

downchill_session-34.jpg
downchill_session-35.jpg

しかも、気温も下がり雪も締まりはじめたのか、ボードも走る走る!
来て良かった〜〜〜〜(2)

downchill_session-36.jpg
downchill_session-37.jpg
downchill_session-38.jpg

そうして楽しいDOWNCHILL SESSIONは幕を閉じた。
あ〜〜〜心から楽しかった!春の雪をここまで満喫したのはいつぶりだろう。
もしかしたらこんなに楽しんだ春雪は初めてかもしれない。
それほどのインパクトだった。
それはもちろんニセコという場所の持つ強い魅力もあるだろうが、
何よりダウンチルな面々の気持ち良さに依るところが大きい。

何事もやはり、大切なのは人だ。
行く「場所」を選ぶことは、「人」を選ぶことと同義なのだ。

downchill_session-41.jpg

倶知安は最高だ!



ここで関東圏のDwonchillな皆さんに緊急告知!
【天海 洋 “KAGURA”downchill SESSION】
4月18日にかぐらスキー場にて開催!
定員5名なので、もうすでに定員に達してしまっているとは思いますが
洋くんの滑りをチラッと見るだけでも価値ありですよ!
詳しくはコチラまで!



んで、例によって夜は倶知安で飲みまくるわけだ。
今回は酔った勢いでそんな洋くんをつかまえてあれやこれやと質問攻めにしてみた。
ときに洋くんは同じ埼玉は狭山市の出身!同郷のよしみ!埼玉の星!
そんな酔っ払いのおっさんの一つひとつの質問に熱く真摯に答えてくれる
天海 洋は超のつくナイスガイだ!

downchill_session-42.jpg

どういった経緯でこうなったのか、ゲストの私にそれを窺い知る術はないのだが、
お会計の係は廣田鉄平その人だった・・・NISEKO DOWNCHILLは奥が深い・・・
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2015.04.14 | コメント(9) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

いや〜 最高っしたね!来年もまたDwonchillセッション行きたいですね 
つか自分も勝さんに会えなかったのが心残りです まぁこれから北海道はガッチリ通うからまたチャンスはありますね!

P.S. 廣田鉄平君がテンパっているところを 初めて見てしまいましたw

2015-04-14 火 16:47:15 | URL | atu #- [ 編集 ]

うっ、羨ましいッス…
膝さえ調子良ければ…
Q505綺麗ですよねー。僕もチョット揺さぶられました。

2015-04-14 火 18:06:37 | URL | 岡山県民 #- [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして。毎回楽しく読ませていただいてます。へそ曲がりさんと同じジャケットだったKZOです。

このブログの熱烈読者なので、ニセコダウンチルセッションに参加できる事が決まってからは、もしかしたらお会いできるかなと、期待していました。

ダウンチルセッション、最高でしたね。それしかでてこないです(笑)。滑りは感動する位に皆さんかっこいいし、滑り以外でも色々と楽しませていただきました。ますますファンになりました。来年の参加も決定しましたが、その前にカグラダウンチル(午前)にも参加します!

またご一緒するのを楽しみにしています。

2015-04-14 火 19:42:05 | URL | 川崎のKZO #- [ 編集 ]

岡山県民さん

楽しかったっす。
来シーズンは膝を完調にしてもらって
是非セッションしましょう!

Q良さげです・・・

2015-04-14 火 23:08:31 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

Re: はじめまして

KZOさん

お疲れ様でした!
いや〜想像以上に楽しかったですねえ〜
それにしてもゲストの皆さんもお上手でした。
羨ましい〜

おっと〜
かぐらのセッションも参加されるのですね!
さすがです!楽しんで来てください!

2015-04-14 火 23:11:59 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

いやしかし楽しかったね~! 
月曜日からは遊びすぎて体調悪いわw

2015-04-15 水 08:07:57 | URL | のぶ #- [ 編集 ]

のぶ・atu
まじ楽しかったね。
あんなのが何日も続いたら、
オレみたいなダメ人間、速攻廃人だよ〜〜〜〜

2015-04-15 水 11:30:56 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

ちょっwww
洋くんと出身地一緒ですが(汗)
溜まり場のアソコで会ってたかも…なんて(笑)
今シーズンのスノーボードは本州より北海道の方が多いのでは?羨ましいです!

2015-04-15 水 12:45:47 | URL | チェビ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

チェビさん

そーなんです!洋くん狭山なんですっ!
来シーズン登場するP.rhythmのキッズライン「NUTS」は、
洋くんの息子さんの名前からとってるんですよ!
チェビさんもジュニアにいかが〜?

2015-04-15 水 15:13:41 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR