FC2ブログ

かぐら【3/21】

2015_0321-1.jpg

この週末は土曜日に日帰りで、神楽ヶ峰を登りに行ってきた。
相棒はいつものatu。つまり先週の北海道からの帰りの機内で決まった予定だ。
北海道からの帰りに翌週末の滑りの予定を立てるあたり、
自分でもスキモノだなあとは思うが、
私的にはせっかく掴みかけてきている滑りの良い感覚を留め置きたいということと
atuとしては、先日の羊蹄山で自信をつけた、長いこと苦手としてきたハイクを、
かぐらでその実力を試してみたいという、それぞれの目的意識が合致した結果だ。

2015_0321-26.jpg

もう3月も終盤となり、東京地方もこの数日中に桜の開花となりそうだ。
山の気候もすでに春スキーのそれだ。と、完全に油断していた。
のんきに私の家に5時集合にしたら関越自動車道は事故渋滞・・・やられた。
いつもなら7時半発のロープウェイの始発に乗り込むところ
ロープウェイに乗れたのは8時半だった。
新雪が降り積もった翌朝ってワケでもないので、
慌てる必要はどこにもないのではあるが
私は単純に渋滞が大嫌いなので、こんな仕打ちには耐えられましぇん。

かぐらの駐車場で、なんと今週もBC姐さんに会った。
先週の羽田空港出発ロビーにつづき、これで二週続けてだが、
そもそも姐さんがかぐらにいること自体がレアなので、二重でラッキーかもしれない。

wheres_wally.jpg

ウォーリーを探せ!ならぬ、姐さんを探せ!だ、いいことあるかも。

2015_0321-2.jpg

そして、この日のかぐらは雲ひとつない晴天。
気温も高めですっかり春うらら。花粉待ったなし。
終わったな俺のハイシーズン・・・

そして、Welcome Spring Session !

しかして、朝のうちのかぐらはどこもかしこもカッチンコッチンのスケートリンク。
いつもなら2〜3本メインゲレンデをやっつけてから5ロマに乗り込むところだが、
無用な体力の消耗を避けるため、
この日は真っ直ぐにバックカントリーに出ることにした。

もちろんこの天気だ。視界バッチリ。ゲートフルオープン!
この天気ならどんなオッチョコチョイでも山中で迷ったりできないだろう。

2015_0321-4.jpg
2015_0321-5.jpg

それにしてもかぐらは久しぶりだ。ただでさえあまり来ていないのに、
今シーズンはそこに加えて私が来るとゲートが閉じてしまっていたので、
かぐらのBCエリアに入るのは一年以上ぶりになる。

2015_0321-3.jpg

つまり、今シーズンから厳格化された登山計画書の提出義務によって、
それまでゴンドラ降り場とゲートに設置されていたポストに投函していた
計画書を、ゲートに立たれているパトロールの方に手渡すのも初めて。
それと、ゲート脇にモイワの山頂ゲートにあるものと同様の
ビーコン チェッカーが備え付けられていた。
かぐらの安全対策もまた充実してきている。

2015_0321-6.jpg

来る度写真を撮ってしまうが、苗場山はいつみても神々しい。
さておき、5ロマ降り場のゲートから中尾根山頂まで30分。
前回、ここまででかなりグロッキー気味だったatuも
特になんてことないといった余裕の表情を見せていた。
やはり、羊蹄山の京極メインの登行ルートの厳しさはかなりもの。
アレに較べたら中尾根なんぞ近所の公園の散歩だ。

2015_0321-7.jpg
2015_0321-8.jpg

よ〜〜〜し!それならば、この際、三角(雁ヶ峰) まで行っちゃおうっ!
ときに、いつもこの時期になると
頂上直下と、ボーダーズレフト下側に入るクラックもまだない。

2015_0321-9.jpg
2015_0321-10.jpg
2015_0321-29.jpg
2015_0321-12.jpg

中尾根からちょうど1時間で三角頂上に到着!合計1時間半。
良いペースだ。

ところで、ここまで話を進めておいて何なのですが、改めて申し上げますと、
めざとい方なら今回ここに貼られた画像たちの解像度が少々低めなことに
お気づきかもしれません。

ちょうど2年前から使ってきたSONY RX100が、この前日に他界されました・・・
実は遡ること一ヶ月前、あろうことか家での撮影中に放り投げてしまい、
床に落ちた衝撃で、RX100くんは内蔵丸出しの重体に陥ってしまっておりました。

2015_0321-27.jpg

半ば強引に内蔵をケース内に戻し、その場は事なきを得たのですが、
それからカメラの機動時に不具合が頻発するようになってしまい、
騙しだまし使ってきたのですが、いよいよ沈胴式のレンズが出たまま
息絶えてしまいました・・・
そのため今回は昔使っていたSONY TX5に急遽ご登場いただいたわけだが、
これならいっそiPhoneで良かったかもしれん・・・

2015_0321-13.jpg
2015_0321-11.jpg

さあ〜気を取り直してドロップすることといたしましょうっ!

2015_0321-14.jpg

やっぱり三角斜面はデカイ!

2015_0321-20.jpg

一旦カッチカチに凍ってから日射によって緩み始めた雪は、
南向きではすっかりドロドロ気味にクラストしていたが、
北向きに滑り込むと波打ったまま固まった風成雪。
なかなか手強い状況でしたが、こういう雪を滑るのも春ボードの醍醐味。
こういった経験こそ最高の練習だ。

2015_0321-15.jpg
2015_0321-21.jpg

気温の上昇に合わせて、雪質も軟化するかとおもいきや、
BCエリアは標高を下げても雪はそのまま最後までハードクラストしたまま。
難しいけれど、どこか笑っちゃうくらい愉快なのは、
この突き抜けるような青空と、山の懐の深さのおかげだ。感謝。

ゴンドラ降り場まで戻るとちょうど昼。
この時間になると、多くの人々が滑るゲレンデは、
なかなか足応えの良いザラメ雪に変わっていた!
それならばと例によって空いていて滑り易いみつまた大会バーンでカービングだ。

大会バーンに到着すると、キッカーなどパークアイテムが揃う
『Mitsumata COLLC PARK』に最近流行のバンクコースが常設されていた。
そこで春の当て込み大会。こりゃ楽しーわ。

2015_0321-23.jpg
2015_0321-28.jpg

当て込み遊びを4本ばかしやっつけたら、
ロープウェイには乗らず、久〜〜しぶりに下山コースまで滑って駐車場へ。
もう少しすると標高の一番低い下山コースの雪は最初になくなってしまい
滑れなくなってしまうので、今がラストチャンスだ!

バックカントリーあり、ザラメあり、当て込みあり、下山コースありで
今日も一日かぐらで遊び尽くしたわ〜!

2015_0321-25.jpg

2時にスキー場をあとにして、越後湯沢駅前の『中野屋本店』で
大好きなへぎそばに舌鼓。旨し!
そして、大嫌いな渋滞が始まる前にほっこりと帰宅完了!あ〜素晴らしき週末。

春は急がない大人のスノーボード遊びにうってつけの季節だ。
今シーズンはそれぞれのタイミングで、それぞれの場所で得られる楽しみを
きちんと享受できていて、とてもメリハリのあるシーズンになっている。

その時、その場所にいるために、自分で作り出している仕業とも言えるが、
やはり山に遊ばせてもらっていると感じる部分の方が大きい。
カチカチのアイスバーンや、ドロドロのクラスト雪の山だと
「今日は外した」と思う人「楽しめない」と思う人もいるだろう。
でも、それも含めて山だ。
そういう雪でもきちんとまとめられるようになりたいと私は思う。
いつも「自然」から愛されるように、山に用意してもらった遊び場に
常に感謝していないといけない。と、思ったりもしている。

春は雪山と仲良くなれる一番の季節だ。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:バックカントリー - ジャンル:スポーツ

2015.03.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR