camp xenon ポール

xenon.jpg

ポールですが
いままではMSRのOVERLAND CARBONを使っていたのですが
こちらはシャフト自体をねじ込むことで任意のサイズに固定する3段式。
簡単だし、構造もシンプルなのでいいのですが
シャフトに水が付くと内側がロック部と水分で滑ってしまい
登っている最中に縮んでしまうなんてこともあったりします。
ですので戻ったら一旦解体して乾かしておくことが必須なのですが
それでもふいに縮んでしまったりするのでどうしたものか悩んでおりました。
きっともう少し上手い使い方があるのでしょうが
とにかく山の中では迅速に行動できることに重きを置きたいので
性格的に乱雑に扱ってしまいその繰り返しでした。

flickrock.jpg
この固定方法以外にもBlackDiamondが採用しているフリックロック方式もありますが
こちらの問題点は一番下に来る細いシャフトを留めているロックを
使用時に合わせてロック部のタイトさを決めると
最小に畳んだ時にロック部にかかるシャフト部が一番細い場所になるため
ロックされずに10cm程度勝手に伸びたり縮んだりを
ザックの脇で繰り返してしまうのが好きではありません。

ちなみに
先日ガイドの方がザックに固定するときにポールの下側(バスケット側)を
下に来る向きで固定することを推奨していました。
確かに頭の後に先端の尖ったものがあるのは
転倒時のことを思えば確かにその通り。
そうするとザックで伸縮されると今度はお尻が危険にさらされるわけです。

で、いろいろ探していて見つけたのが
プローブやテントの骨などに採用されているシャフト内部に紐を通して
分解されたシャフトをロックする方式のポール。

メーカーのことなど詳しいことはまったく解りませんが
camp xenon ポールという商品。どっちがメーカー名?
トレイル用だそうです。

収納時45cmと三段式のMSRと比較しても圧倒的にコンパクト。
xenon_6.jpg
xenon_7.jpg
ザックからはみ出しません。

xenon_3.jpg
使用時はグリップ上部で紐を引っ張りあげ、結び目を切れ目に引っかけるだけととても簡素。
長さ120cm。

xenon_4.jpgoverland_c.jpg
重さも1本あたり64g軽量です。

で、そもそもトレイル用なのでバスケットは小さいものが標準装備されており
パウダーバスケットはなどは用意されておりませんので他社製のものを流用します。
LEKIのものが合いそうなので買ってまいりました。

バスケットの交換をしたことがある方ならお解りかと思いますが
ガッツリはまっていてなかなか外れてくれません。
そこで
xenon_2.jpg
ドライヤーの登場。温めると楽に外れます。ただし、温めすぎに注意。
触って温い感じなったらOKです。お試しあれ。

で、パウダーバスケットですとバスケットの半径が大きくなるため
せっかくのコンパクト収納がだいなし。
xenon_5.jpg
そこで、ある程度の剛性低下は覚悟の上でシャフトを逃がす切り込みを入れました。

なんと申しますか、「これひょっとして試作品???」みたいなとても華奢な印象。
スキーの滑走時には絶対に使えません。
と、ちょっと弱っちい感じが否めないのですが、ものは試しで使ってみます。

BlackDiamondからもZ-Poleシリーズとしてトレイル用が発売になりました。
news_0378_05.jpg
画像からすでに製品としての完成度が伝わってきますねえ。
来シーズンにはバスケットを交換できるタイプのものも発売されないだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2011.03.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR