HAGLÖFS Mountain Surf

hoglofs_ms_brand4.jpg

    hoglofs_ms_brand2.jpg

今シーズン、ニセコのゲートから外に出るエリアに、
ローカルの皆さんに幾度となく連れて行ってもらった。

そんなDownchillな方々は、それがたとえスキー場のコース脇であっても、
ゲートをくぐる以上はアバランチギアを装備して行くのが正装だ。
かといって、様々な携行品が必要なバックカントリー ツアーとは違い、
ビーコンを携行の上、最低限ショベルとプローブさえ収納できれば良いので、
本意気のザックを背負って行くのも少々大げさだ。
しかも、そんな方々が多くライダーを務めるP.RHYTHMのウエアを着る限り、
ザックもそんな気分に合わせて選び直したいところであります。

もちろん手持ちのアイテムの中には『DAKINE BC VEST』のような
簡易ザックの代表選手のようなモノもあるのですが、
せっかくのP.RHYTHM SMILE JKTの色の切り替えしが、
ベストによって隠れてしまっては元も子もないので、
残念ながらそのチョイスは速攻却下。

そんな折、『ホグロフス マウンテンサーフ』の今季登場のニューカラー
「HURRICANE BLUE」が、バーゲン特価で売られているのを
見てしまったら最後、「これ、P.RHYTHMのNAVYと合うんじゃね?」
という暴走という名の妄想を止めることができなかった・・・
だってホントに安かったんだもの。ユルシテ・・・

2015_0220.jpg

マウンテンサーフは以前にも、というか昨年まで、
スノーシューを使うとき用にOxide Greenのものを手放さずに持っていたので、
その使い勝手の良さはすでに実感済み。
今でこそ各社がこぞって採用する荷室への背面アクセスも、
マウンテンサーフはかなり早い段階で採用していたり、
腰のホールド感の良いウェストハーネス、腰に両サイドに配置されるポケット、
上部にしっかりとした容量を確保するゴーグルポケットなど、
その使い勝手の良さと、それを犠牲にしないデザイン性のバランスが
とても良いザックでしたので、かなり気に入っておりました。

0302_2015-21.jpg

中でもフロントパネルにあるボードを留めるベルトは、
太いTTSSのボードでも楽に留められるほどの許容量をもっていながら、
その装着を余裕を持ってできるほどの使い易さをも併せ持っている。

0302_2015-20.jpg

それと、ベルトの付け根の部分に、エッジをカバーできる
プロテクターも装備されており、細かい部分にまで気が利いているところが好きだ。

でも、どこかライトで、ノリの軽い印象を与える軟派アイテムにも映り、
どちらかというサイドカントリー用という感も否めなかったりもするので、
もうちょっと「本気っぽい」ザックが欲しくなってしまったりしていましたが
たとえばニセコのゲートからのアクセスといった場面であれば、
むしろこういった軟派なモノを積極的に選んでもいいように思えました。

そういった使い方を鑑みれば、18Lあたりのバックパックで充分だという意見もまた
至極ごもっともなのではありますが、なにせ身体の無駄にデカイ私の場合、
一番上の画像をご覧いただければお解りの通り、30Lでさえこの大きさでしかなく、
18Lなら尚のこと「高校生がランドセル状態」に陥ってしまう・・・
それは是が非でも避けたい私としては、30Lというサイズが最適解なのでありました。

それと、一旦はカタログラインナップから姿を消していたマウンテンサーフですが、
今シーズン、熱いラブコールを受けて日本限定で復刻したというトピックも
愛国心溢れるモノ好きにはそそるポイント・・・

・・・と、手元に届くまではそこそこ満足のいく買い物ではありましたが、
実際使ってみながら細々と見渡せば、昨年まで所有していた
4シーズンほど前のモデルに較べて、縫製や、バックル類の素材を含めて
もろもろ作りが粗く、全体的にその質感は下がってしまったように見受けられる。
中でもバックルは柔軟性のない硬質な素材に変わってしまっており、
実際ひとつはすでに使用中にカケてしまっている。

「ディテールには神が宿る」と信じて疑わない
いちモノ好きとして、これにはとても残念な気分にさせられた。
タイミング的には販売代理店が本国出資の日本法人になったあたりから、
「なんだかなあ~」な噂の絶えないホグロフスなので、さもありなんってとこか。

些細なことであっても、こういった気の散るような部分が見受けられると、
ホグロフスの製品自体が疑わしく感じられてしまう。
終わっちまったのか?ホグロフス。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2015.03.31 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

フル◯ークスから、変わった頃から良く言われてますね。
自分も、スピッツジャケットなど長く愛用してましたし。
自分で使う用具は、やはり細かい所まで気になりまさよね。

2015-03-31 火 13:59:32 | URL | Sugaya #- [ 編集 ]

Sugayaさん

私はSPITZはまだ手放さずに持ってますよ。
今にして思えば、あの頃が絶頂期でしたね・・・・

それにしても山の道具で壊れやすいって、
あり得ませんよ。
サイドカントリー用だからまだ我慢できますが、
この程度の覚悟しかない道具に、命なんか預けられませんね。

2015-03-31 火 14:10:59 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR