Greenclothing Boa Mitt

green_boa_mitt-top.jpg

昨日に引き続き、今季買った3双のグローブの二つ目、
『Greenclothing Boa Mitt』のお話しです。
ちなみに三つ目は鉄板の『HESTRA 3-finger Leather』。
数年前にラインナップされていた、色の切り返しのない「Natural」単色の
3-finger Leatherをヤフオクで見つけて買っておいた、言うなればコレクション物件。

green_boa_mitt-1.jpg

このBoa Mittの最大の魅力は、これ以外にないと言っても過言ではない、
モコモコのフェイクファーをふんだんにあしらったこのデザインだ。
はっきり言って、このフェイクファーに機能的な役目は一切ないので、
好きな人は心底好きだろうし、
分からない人には一生かかっても理解ができない代物であろう。

こういった無駄なことを真剣にやる姿勢がことのほか好きな私には、
まさにズッポシとハマってしまう逸品だ。

ただ、そんな私であっても、雪山用品の中でも特に手袋に望む機能的な優先度は高く、
良い意味で都会っ子用、悪く言えば「山ナメとんのか!」となるコトも必至だ。

このファーの部分は間違っても水をはじくなんて魔法もなく、
きっちりとズブ濡れになってしまう。もちろん濡れれば凍ってしまうわけだ。
雪山で濡れたモノを羽織ることの不快さや不安さというものもまた
真実であるからして、Gore-Texを完全否定するやせ我慢もまた求められる。
よって、私は使うにしてもゲレンデまでで、
ひとシーズンこれだけで過ごすなんてことはまず考えられない。

green_boa_mitt-7.jpg

それと、モコモコ感だけでなく、実際に手が大きく強調されるので、
望むと望まざるに係わらず、愛らしい見た目になってしまうということもある。

そういう伊達や酔狂でモノを選ぶ楽しさを理解できる度量を求められる部分が
逆に大きな魅力となっているというわけだ。

green_boa_mitt-3.jpg

ただ、シットリと濡れてしまうということを除けば、
暖かさを含め、手袋としての性能はとても秀逸だ。
特に今季からジャージのリブが追加された、Sal Protection製のウールインナーは、
見た目以上に温かく、填め心地の柔らかいシェルと組合わせれば、
その暖かさは極寒のアルパインエリアを除けば充分以上。
ストイックなアウトドアブランドのものと比較しても決して見劣りしないレベルで
その軟派なイメージとは違い、ガッツリ使えるものになっていると思う。

それと、ややこしいブロガーの悲しいサガとして、
寒い山中でグローブを外してカメラを構えることを強いられることも少なくない。
そんな時に手首とヒモで結ぶカフが着けられているシェルグローブを無造作に外して、
この柔らかいインナーグローブでさっとカメラを構えられるのはとても便利だ。

green_boa_mitt-4.jpg
主にそういった機能面を重視される方には、
このモコモコのない『Under Mitt』もございます。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2015.03.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR