FC2ブログ

Rhythm Works 白川郷BC Day-2

2015_0119-32.jpg
2015_0119-33.jpg

翌朝、部屋の窓から眺めると、降雪も少し残るものの晴れ間ものぞき
絶好のBC日和を予感させた。
もちろん前日から雪は休まず降り続いていたわけで、これぞまさにThe DAY !

2015_0119-35.jpg
2015_0119-36.jpg
2015_0119-38.jpg
2015_0119-39.jpg

もちろん足取りも軽やか。とても気持ちの良い朝の散歩だ。
ついつい写真も撮り過ぎてしまう・・・

2015_0119-42.jpg
2015_0119-41.jpg

ハイク開始から2時間後。
合掌集落を見下ろせる開けた場所に出る。まさに絶景だ!

2015_0119-43.jpg
2015_0119-44.jpg

そこからもう1時間登り、計3時間で標高約1,500mに位置する
本日最初のドロップポイントに到着。
前日から更に雪の焼結も進み安定傾向にあるようだ。ということは?つまり〜?

2015_0119-r1.jpg

こういうことだ!
前走するトラックの深さに注目して欲しい!
しっかりと腰までございます。

2015_0119-46.jpg

minaさん、笑いながら滑ってます・・・(要拡大表示)

2015_0119-47.jpg

Tさん埋まってます・・・

2015_0119-48.jpg

Aさんニヤけてます・・・

2015_0119-49.jpg

エヌヨメさんは、卸したてのLOVEラブボードがとても調子良い様子です。

2015_0119-a11.jpg

水間大輔さんの滑り!カッコヨス・・・

2015_0119-a12.jpg

豪快に浴びるフェイスショットもまた気持ちヨス・・・

2015_0119-52.jpg
2015_0119-51.jpg

この二枚の画像で、ここの斜度感がお解りいただけるだろうか・・・

かのPatagoniaのアンバサダーたちをして
「AMAZING!」と言わしめた斜面なのだ。


しかもこの天気だ!
The DAYを通り越して、ここはすでに天国だ。

2015_0119-53.jpg

そうしてボトムまで落として一本目終了!
か〜〜〜〜〜〜っ!もう言うことナシ!画像から私の気持ちを悟って欲しい!

2015_0119-55.jpg
2015_0119-54.jpg

もちろんもう一丁!

2015_0119-58.jpg
2015_0119-59.jpg
2015_0119-56.jpg

約1時間半登り返して、ラストシュートへ!
この頃には雲ひとつない晴天となった。

2015_0119-r6.jpg
2015_0119-r5.jpg

最高だーっ!

2015_0119-a10.jpg

(・・・と、実は私、このあとあらぬ方向に滑っていってしまい、
 若干迷子になりかけた。スンマセン・・・)

2015_0119-62.jpg
2015_0119-63.jpg
2015_0119-65.jpg
2015_0119-64.jpg

こうして全て出し尽くしてトヨタ自然學校まで戻り、
ツアーは終わりを告げた。



このツアーと同じ週末、いくつかの遭難事故が起きてしまった。
中には土曜日の野谷荘司の状況と同様に、数日前に降った雨によって形成された
弱層が引き金と思われる雪崩事故もあったようだ。

今回、リズムワークスの旭さんは、この日の山に潜む危険を一つひとつ
ゲストに説明しながら、それらを最大限に回避したルーティングを決定されていた。

そして、時にゲストを叱咤し、時に激励しながら、参加者の気持ち、
技術レベルを考慮したエンターテインメントとしてのスノーボーディングの楽しさを、
高度にバランスさせたガイドをしてくれた。

もちろん山行だけではなく、
宿泊先を含めたレクリエーションとしての楽しみについてもよく考慮された、
旅としての完成度を目指されている姿勢がとてもよく伝わるツアーでした。

もちろん自然を相手にするバックカントリーという旅の是非は、
サービス精神旺盛なガイドの思いとは裏腹に、主に天候に左右されてしまい、
同じガイドフィーを払っても、当たり外れという判断に繋がってしまうのもまた事実。
でも、天候が外れたのならば尚のこと、ガイドの必要性が高まるということでもある。

そんな厳しい自然と真摯に向き合うという意味でも、
ガイドツアーだからこそ体験できる世界があるという意味でも、
ガイドツアーに参加する歓びを、多くの方々にもっと知ってもらいたいと思う。

バックカントリーという遊びに対して、様々な外圧がかかるこの時期こそ、
そういった楽しみを発見するのに、逆に良い機会だと私は思う。

危機こそ最大の好機なのだから。




といったわけで、今回で3回目になる白川郷でありましたが、
天気、雪、食事、酒、観光にもちろん最高の仲間たちに恵まれた
文句なしにベストの白川郷だった。
頭の片隅ではもう二度とこんな見事に全てが揃うことなんてないと思いながらも、
また来たいと思うし、また来なければならないとすら思う。

2015_0119-66.jpg
※MOSSライダーの水間さんがお持ちのスプリットボードは!?

そのときはまた、みんなで集まろう!

ゲストのみんな、旭さん、水間さん、トヨタ自然學校のみなさん、
そして白川郷に野谷荘司山。
最高の時間をありがとう!
  
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2015.01.22 | コメント(6) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

まさに最高の一言に尽きるTRIPだったんすね(^^)
しかし、当たってますねー(^^)b
どの写真も美しいっす。

2015-01-22 木 17:28:46 | URL | TKC #- [ 編集 ]

TKCさん
今季は私の訪れた場所や日程に限らず、
降雪量に関してはどこも当たり年ですね〜
天気に関しては確かに当ててます!

2015-01-22 木 17:42:05 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

あのsplitboardは...

お久しぶりです!いつも密かに楽しませていただいております。
今シーズンも昨年に増して滑りまくってますね〜。素晴らしいです。

さて、水間さんがお持ちのsplitboardに関してツッコミがなかったので私から(笑)

詳細伺っています。
お願い製品化して...いえ、テストものでもいいから譲ってくださいと言いたくなるほど今自分が一番欲しいsplitboardがこれだったりします。

もっと欲を言うと乗り味同じまま更に3,4cm程長くしていただけると…なんて思ったりもしますがそれは欲深いですね。

そんな物欲は怪我を治してから言いなさいよと、まわりから言われそうですけれども(痛)

2015-01-25 日 16:45:15 | URL | けあじ #KPJkoGPs [ 編集 ]

Re: あのsplitboardは...

けあじさん

水間さんがお持ちのスプリットに関しては、
水間さん曰く「いつ発売になるかまだわからないんです」というお話でしたので
本当は画像どアップでこちらに載せたかったのですが止めました(笑)
しかし、けあじさんがご所望になるほどのボードとは・・・
あ、お怪我の方早く治してくださいね!

2015-01-25 日 21:51:52 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

ご返信ありがとうございまーす!

>しかし、けあじさんがご所望になるほどのボードとは・・・
なんて書いていただくと、まるで自分が凄い人みたいですね(笑)

いろいろ考えてこの板に+3.4cm...ということは、maxforceのスプリットを買っておけばよかったんじゃないの?とも思い直してる次第です。なんとマヌケな。

でも以前は57.5に、最近はけがをするまでまさにこの板に乗り込んでいて動きの素直さに尻尾を降っていたのでやはり期待してしまいます。

でも...色々考えると作ってくれないかもしれませんね(涙)

2015-01-26 月 18:29:35 | URL | けあじ #KPJkoGPs [ 編集 ]

けあじさん
MAXFORCEのスプリットは、私も欲しいです・・・
関係ないですが、先日G3のカーボンスプリットX3がヤフオクに出ていて
かなりグラついてしまいました・・・我慢しました。

2015-01-26 月 21:20:15 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR