Rhythm Works 白川郷BC 白川郷ライトアップ

2015_0119-74b.jpg

『トヨタ白川郷自然學校』は、宿泊客のために合掌集落のライトアップ観光の見所や、
トイレの位置、甘酒の店の位置、そして雪道の歩き方に至るまで解説する10分ほどの
ガイダンスを行ってくれる。それを聞いてから送迎バスに揺られて合掌集落へ。
仕事の都合で初日のツアーを欠席したエヌオットさんも合流し、これで全員集合!

白川郷は一年を通じてツアーが組まれるような人気の観光スポットですから、
そこにライトアップと来れば、その人気はもはや破壊的なことになる。
集落は様々な言語(主に中国語)が入り乱れ、国際色も豊か。
ものすごい観光客の数だ。

2015_0119-a2.jpg
      2015_0119-a3.jpg

17時半のライトアップ開始まで、やっぱり呑んでるリズムワークス一行。
まずは日本酒の立ち飲み屋で地元の酒を熱燗でキューッと一杯。旨しっ!

そのあと合掌集落を見下ろす丘の上の展望台まで約20分のハイク。
結構な傾斜な上に、アイスバーン・・・もちろん酔っ払いとの相性は最悪に近い。
こんなことならストック持って来れば良かった。

そうして苦労を重ねて到着した展望台は、ライトアップ開始前から
場所取りをしていた人たちも含めてスゴイ人だかり。
しかも、昼間からの雪は、この時間になっても衰えることなく降り続き
はっきりと視界不良・・・

2015_0119-29.jpg

それでも三脚を潜望鏡のように使い、人混みの後ろからなんとか撮影。
はい、残念ながら肉眼では見てません・・・
白川郷合掌集落のライトアップ観光は、天気の良い日がオススメです。
そうなったらそうなったで、観光客の数もまた桁外れになりそうですが。

2015_0119-30.jpg

2015_0119-28.jpg

そのあとトヨタ自然學校に戻って、また温泉。
露天風呂もあったのだが、湯船まではかなりのアバランチパスが続くため
日和っていると、意を決して真っ裸のヨコtinさんが
トラバースをかけて露天風呂へ突入!
それからは全員でニセコスタイルを気取って缶ビールを片手に露天風呂で談笑。

あ〜楽し。

2015_0119-71.jpg
2015_0119-70.jpg

そうして19時近くになってから、待ちに待ったディナータイム。
トヨタ自然學校ではフレンチのフルコースが供される。
今回ご挨拶は叶わなかったが、ここの田中シェフも
このブログをお読みいただいているのだそう。ありがたや。

食事は前菜からどれも美味しかったです!田中シェフご馳走様でした。

何より、バックカントリーに来て、
フレンチのフルコースですよ?
大人だ〜〜これこそ大人の嗜みだ。




例の遭難騒ぎ以降、バックカントリーでの事故が相次ぎ、
天下のマスメディアが、「おとなしくゲレンデで滑っていよう」なんて、
こぞって書き立てるくらいに、今ではすっかり悪者か酔狂扱いのこの遊びだが、
この国でも、もっともっと文化的に認知されるようになるべきだ・・・

なんて、大人ぶったこと言ってますが、
率直に申し上げて、言いたいヤツには言わせておけばいいと思う。
もう30年が経つが、以前オートバイに対しても、
バイク乗りを全て暴走族と一絡げにするような
ステレオタイプのバッシングがあった。
当たり前の話だが若者はオートバイがあるから暴走するわけではない。
そんな右に倣えの偏見に晒されたときに学んだことは
「それでも乗り続けていくこと」。

暴走族を撲滅するには、オートバイそのものに乗れなくしようとする
メディアに洗脳されやすいこの国民の習性まで変えようなんて、
おこがましいことを考えないことだ。

だから何より大切なのは、自分自身までもが洗脳されないこと。

リスクは何に対しても存在する。
だから、リスクは排除するものではなく、コントロールするべきものだ。

そういった術を身につけていったり、
そういった技術や知識を持っている人々に、助けや知恵を乞いながら
私はこれからもスノーボードや、バックカントリーを通じて
私の人生にとっての最高の時間を過ごしていこうと思う。

危ないとか、割に合わないとか、
もしメディアの言う通りにしてゲレンデに縛られる人がいたとしたら
そんな人々に、山の上から私の高笑いを響かせてやりたいと思う。

こんな素晴らしい世界を知らずして平気でいられるのならば、
安全だと思われている場所にへばりついて生きていけ。と。

これもまた30年後かも知れない。
でも、同じ志を持ったみんなの高笑いが山々に木魂したとき、
人々は我々を見上げてその本質に気づくことだろう。





2015_0119-68.jpg

そしてコースも終盤、デザートとなるとき、
誕生日だったエヌヨメさんにサプライズのバースデーケーキ!

2015_0119-69.jpg

しかも、バースデープレゼントは純白のスプリットボード
(VOLTAGE DESIGN RAPTOR)!
お酒の力も手伝って、涙腺の緩んだおじさんは、
思わず目頭が熱くなってしまったよ・・・なんて良い夫婦。
おいらも思わず嫁さんが欲しくなってしまったよ・・・
間違っても誕生日にボードなんてプレゼントする甲斐性ないけど。

2015_0119-72.jpg

その後、みんなで持ち寄った色とりどりの酒瓶が並ぶ大部屋で
もちろん二次会に突入したが、この時点でかなりの酒量に達していた私は、
少々あっぷあっぷ・・・
そうして早朝から盛りだくさんだった一日は更けていった・・・

こうしている間にも、外はしんしんと雪が降り続いている。
そして、天気予報は午後からの晴天を報せていた・・・
(つづく)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2015.01.21 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

へそ曲がりさんへ1票。
先日、かぐらに行った時に5ロマのゲートに、パトロールさんがいて登山届けを受け取ってる様でした。自分が出る時は、クローズでいませんでしたが。
リスクを考え行動をしている人たちは、今のままで良いとおもいますね。
右に習えで何でも悪くしてしまうのは、へそ曲がりさんが言う様に、昔の3無い運動と一緒です。
人生、楽しんだ者が勝ちです!

2015-01-21 水 14:43:52 | URL | Sugaya #- [ 編集 ]

Sugayaさん
言われたことに言い返してても正論しか言わない連中とは
そもそも議論にならないから「そうですね〜ごめんなさいね〜」みたいな感じで
さら〜っとシカトしてるのが一番だと思います。

スキー場とかはそういうわけにもいかないだろうから、
タイヘンだと思いますけど、それこそ業界全体で団結するべきときだと思います。

2015-01-21 水 18:21:05 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR