木曽ひのき × みずめ SPECIAL CORE TT168【インプレ篇】

2014_1221-11.jpg

唐突に結論を言うが、TTはやはり難しい・・・
ミズメがどうの、木曽ヒノキがこうのと言う前に、一言TTは難しい。
ノーマルのTT168とは、すでに5年の歳月を共にしてきているのであるが、
いまだに乗りこなせている実感なら湧いてこない。

それでもなんとか踏み切れるポイントが
おぼろげながらも見えてきたりもするのであるが、
明くる日に少し体長を崩してしまっていたりすると、
それが夢幻の如く霧散して消えてしまっていたりする。

そんなただでさえ奇っ怪なボードなのに、
ここのところ北海道で滑る機会が多くなったことで、
それまで関東圏のスキー場では感じる事のできなかった難しさにもぶつかっている。

それを特に強く感じたのは底突きしない深雪での取り回しだ。
ちょっとばかしややこしく木が混みあった森の中であっても、
比較的踏み応えのある深雪であれば、面白いくらいに思い通りに動いてくれたので、
この日も!と意気揚々と持ち込んだら
富良野の底突きしないパッフパッフの羽のようなパウダースノーだと、
ツリーランがまったく上手に捌けなかった・・・
行きたい方向にトップが向いてくれないし、踏み込み荷重が踏み込み抜けてしまう。
そうなるともうTTが何処に飛んでいくか見当も付かなくなる・・・

これはコースに復帰するときに良く現れる、止まったら最後、埋まってしまいそうな
微妙なスピードコントロールを求められるトラバースラインでも顕著で、
そんな場所に狭い木と木の間をすり抜ける箇所や、
深いノールを乗り越えていく箇所などが現れると、嫌な汗が垂れまくる。

同じ軽さと深さのあるパウダースノーでも、ある程度開けた広い場所であれば、
TTの行きたい場所へ泳がせるだけで、まさにこのボードの真骨頂と言えるような
一切抵抗のない水の上を滑走るような、最高の感触を味わわせてくれるのに、
そのターン弧を乱すと、途端に言うことを効かなくなる。超のつくワガママ娘だ。

2015_0113-25.jpg

しかも今季は、その斜向かいにSUPERFISHなんていう、
とんでもない “都合のいいオンナ" がいるので、
余計に融通の利かなさ加減に気が滅入る。

私自身完全に意表を突かれたが、
SUPERFISHの太さと長さからは到底想像がつかないような
(・・・否、この太さと長さだからこその高い操作性なのかもしれないが)
新雪の中ではまさに水を得た魚。
意のままに動いてくれるまさにスーパーなボードであった。

私がSUPERFISHにだけ乗っていたら、確実に下手になっていくだろう・・・
それくらいに男を堕落させる “イイオンナ" ぶりを発揮してくれる。

こんなボードが隣にいては、パウダースノーが深く降り積もった日の、
TTの出勤率が極端に下がってしまったとしても致し方ない・・・


決して私はではなく、ドのつくなのでありますが、
そんな私なら尚のこと、これだけコテンパンにされたら
「もう二度と乗るか!」となってもおかしくないのでありますが、
それでもたまに垣間見る海底から覗く一筋の光のような
悦楽の乗り味を思い出すと、麻薬のようにまた乗りたくなってしまう。

立体地形での吸い付くように壁を駆け上がる胸のすくような感触。
そしてピステンバーンで強く感じる、ミズメ×ヒノキだけが持つ
踏み込みに対して伸びやかでいて柔らかに雪面の状況をフィードバックしてくる
形容しがたいあの足応えを知ってしまった今となっては尚のこと、
その先にある何かを暗示する兆しのようなものに抗えない。

onering.jpg

『ひとつの指輪』の如き、底知れない魔力だ。goram3.jpg「いとしいしと」。


ひょっとすると、どんな場面でも乗りこなせるようになろうなんて、
おこがましいことを考えるよりも、
こいつと過ごせる最高の時間だけを考えて、それを引き出せる日に
ピンポイントで乗り込むような使い方が本当は正しいのかもしれない。

メーカー毎に、モデル毎に様々なシチュエーションに合わせた
独自のチューンが施されているのだから、そもそもすべての場面で効力を発揮する
万能なボードなどこの世には存在しない。
このご時世、滑り手の価値観もまた多種多様なのだから、
その掛け合わせは数千万通りにも及ぶだろう。

そういう時代の中で、作り手の意図が色濃く反映され過ぎて、
もはや数を売る商業主義からは、あからさまに逸脱してしまっている
このTTのようなエッジィなボードが傍らにあるスノーボードライフというものが
実は今一番求められているプロダクトの有り様なのかもしれない。

そういう完全に独立した一本の流れに乗るのも、まさに「今」な感じがして
そこに参加している感覚もまた、私の所有欲を満たしてくれる部分なのであります。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2015.01.27 | コメント(4) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

TTインプレありがとうございます!
今回もすごく楽しく拝読しました

2015-01-27 火 13:41:41 | URL | 熱烈読者 #- [ 編集 ]

熱烈読者さん
おだてられると素直に木に登るタイプです。
これからもよろしくお願いいたします。
(あ、これからも褒めてくれってわけじゃあありませんよ)

2015-01-27 火 16:11:21 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

難しい性格だとか、超ワガママ娘とか聞くと、魅力を感じてしまうのはもてない男の性なんでしょうか~(大笑

2015-01-27 火 17:48:59 | URL | しょーた #- [ 編集 ]

しょーたさん
そう、逃げられれば追いかけたくなる、
それが男のロ〜〜マンというやつです。

2015-01-27 火 17:59:12 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR