OAKLEY Prizm™ Lens Technology

2014_1214-8.jpg

A-Frame 2.0で紹介させていただいたオークリー独自のレンズテクノロジー
PRIZM™ ですが、勢い余ってAIRBRAKEの方も買ってしまいました。
と言うのは半分嘘で、実はこちらの方が先に買っていたというか
予約を入れていた物件でした。ですので、勢い余ったのはむしろA-Flame 2.0の方。
ちなみにA-Flame 2.0はまだ一度も使っていない・・・

んで、PRIZMレンズですが、AIRBRAKEに同梱されているのは
『BLACK IRIDIUM』と『ROSE』の二色のPRIZMレンズ。
当初スペアレンズはPRIZMではないタイプのものが同梱されると
アナウンスされていたが、この80's Green Collectionに関してはなんと
PRIZMレンズ二枚組とうれしい誤算。
ただし、そのぶん80's Green Collection以外のPRIZM搭載のAIRBRAKEに較べ
3,000円ほど高く設定されている(当社調べ)。

加えて、上の画像をご覧になってお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
どう考えても80's Green Collectionにはこれが一番似合うはずの
『JADE』のスペエアレンズも試すことができたので、
今シーズン登場した三色全てをゲレンデで試すことができた。

前回、その技術的な仕様に関しては不明とお伝えしたが、
その後オークリーから解説のビデオが発表された。



う〜ん・・・これを見てもまだよくわからんが、

1226_2014.jpg

要は視認性を高める上で大切になる特定のオレンジとブルーを強化して
それ以外の色を遮断するレンズの染色技術ということか?
染色とは言え、実現に15年かかったとされる技術なので、
単にこの色にすれば万事解決ということでもないのであろうが、
何か狐につままれたような感じがするのは私だけだろうか?
特に欧米人とアジア人では目の色も違うので尚のことだ。

時に展開される三色であるが、ビデオで見ていただいたとおり、
RoseがRRIZMの “素" の色で、BLACK IRIDIUMもJADEも
Roseにイリジウム加工を施したもの。つまり、
RoseはPRIZMレンズのクリアか、パーシモンにあたるものと考えれば解りやすい。

oakley_aframe2-7.jpg

BLACK IRIDIUMのように、ゴーグル奥の顔が隠れるような
濃い色のレンズの方が見た目だけを言えばカッコいいと思うのだが、
色が濃ければ曇りや降雪時などの光量の少ない場面での視認性は落ちる。
見た目をおいても変化の激しい山の天候に対応できるというところも重要で、
上の図にあるように、FIRE IRIDIUMとVR50 PINK IRIDIUMの守備範囲を
カバーできる、そんなある意味ファッション性と機能性を両立出来る
PRIZMの特徴が、私的には最重要ポイントであったわけだ。

さておき、実際に使ってみての感想ですが、まずは
この真っ赤に染まる視界に人によっては好き嫌いが別れるかもしれない。
ただ、これはほんの数十秒で気にならなくなるので、
しばし気にせず忘れて待っていて欲しい。

本題となる遮光性と視認性のバランスに関しても、
一番色の濃いBLACK IRIDIUMであっても、光量の少ない降雪時の環境下で、
コントラストの高い、視認性の高さを実感することができました。
かといってROSEだと晴天では眩しくて使えないかというと、
そんなことはまったくなく、
それなりに強い陽差しであっても、眩しいと感じることは一切ありませんでした。
とはいえ、イリジウム加工の施されていないROSEの場合、
ゴーグル奥の顔は丸見えなので、私的にはファッション性の問題だけが残る。
そういった意味でもやはりJADEが一番汎用性が高いようだ。

しかして、BLACKに限らず、JADEでもROSEでも、
ガスると一転して雪面の凹凸が見えずらくなる傾向がありました。

もちろんガスのかかった状況はどんなレンズでも見えづらいのではあるが、
それまでの鮮明さとの落差が高すぎるせいか、
その見えなさ加減には軽いショックを受けてしまいました。
これだとバックカントリーで使うのは、少々はばかられる感じか・・・

加えてこれはレンズの話とはある意味無関係なのだが、
AIRBRAKEじたい、レンズの内側が曇りやすく感じるのは私だけ???
運動して体温が上がり、ゴンドラなどに乗り込むと、
縁の辺りからジワジワと曇ってくる。

外気との湿度差の高い狭い般器に乗り込むので、AIRBRAKEに限らず
POCでも同じ傾向となるが、POCであれば少し時間をおくと曇りは取れてくる。

私以外でそういった話も聞かないので、あくまでも私の顔の形と
AIRBRAKEが合わないのか、もしくは私の発汗性が髙過ぎるのかもしれないが、
少なくとも私が使う場合においては、ゴーグル内の換気が
効率よく行われていないようで、正直に言って心中は決して穏やかではない。
これに関しても私の場合は、バックカントリーでAIRBRAKEを使うのは
躊躇せざるを得ない。

最後に、このPRIZMのために買い換える価値はあるか?
という件に関しては、一般的なゲレンデ滑走を前提に考えれば、
そこまでの価値はないように思えた。
それほどに今まで使っていたOAKLEYのレンズでも、
POCのレンズでも優秀だと思うし、PRIZMレンズとの差は
かなり特殊で限定的なようにも思えたので、やはりこの先は
雪上で様々な環境光下で使ってみた個々人の感想に委ねられる問題だろう。

もちろん、このテの物件に知的好奇心を強く刺激されてしまう
“学研世代" の諸兄には、絶対に試してみるべき!とリコメンドしておきたい。

そして、この結果を経て、
私の知的好奇心はさらに “あのレンズ" に向かうのでありました・・・・
To be continued・・・  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2015.01.23 | コメント(4) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

友達がAIRBRAKEを使ってるんですが、同じように曇りやすい気がするって言ってましたよ。
このPRIZM LENSも気になってるんですがSPYのHAPPY LENSも気になるんですよね。

2015-01-23 金 11:33:23 | URL | TKC #- [ 編集 ]

TKCさん
ほんとですか?AIRBRAKEは相性がハッキリ出るのかもしれませんね〜
先日の白川郷のときに、ちょうどHAPPYレンズの話になって
聞く所によると原理はSPYも同じようですね。

2015-01-23 金 14:43:42 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

学研世代の私は、早速本日CANOPY用にROSEを購入してきましたよ。

2015-01-26 月 23:50:48 | URL | MAGIC45 #mQop/nM. [ 編集 ]

MAGIC45さん
やはり学研世代!
当初PRIZMのスペエアレンズは発売されないとアナウンスされていましたが
搭載モデルがラインナップされていないモデル用も発売されましたね!

2015-01-27 火 10:50:42 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR