八海山〜かぐら【12/210〜21】

2014_1221-1.jpg

この週末はatuさんと滑りに行こうと調整していたのだが、
なかなかにatuさんの仕事が片付かず、木曜日の時点では
日曜日の日帰りというセンが有力であった。そんな折、minaさんからは
「20日の八海山のオープンには、たとえ一人でも行くつもりでっす!」と
例の爆弾低気圧によって積もった深雪が手つかずにキャリーオーバーされている
八海山への期待感が伝わる連絡が。
「土曜日は八海山というのもアリだな」と、minaさんに触発されていた金曜日、
今度は毎年八海山のオープンを狙うTA2さんも、やはり今年も向かうことが確認され
これによって完全なダメ押し。こりゃあもう行くしかあるめえ〜

そこで、二週間続けてかぐらロープウェイの始発で顔を合わせていたOYさんも
(ひょっとしてまた今週も乗り場で顔を合わせるかも?と)誘ってみたら、
前日の誘いにも関わらず来てくれることになった。

2014_1221-2.jpg

そんなわけで、minaさん、TA2さん、OYさんと
9時の八海山スキー場ロープウェイの始発に無事乗り込んだ。

2014_1221-3.jpg

前回の苗場ですっかりスキーに味を占めた私は、
深雪が期待できるここ八海山にも勇躍スキーを持ち込んだ。のですが・・・・・
・・・爆弾低気圧が過ぎ去ったあと、好天に恵まれたここ八海山の雪は
深く積雪したままたっぷりと水分を吸ってしまっていて、つまりハードクラスト・・・
まったく曲げられん。貴重な最初の一本を棒に振った。

2014_1221-5.jpg

というわけで、その一本だけであっさりとスノーボードにスイッチ。
最初からこうしておけば良かった。まさに後の祭りだ。気を取り直して行こう。

八海山にはあまり足が向かない私ではあるが、
それというのもこの果てしない道場感が理由だ。
急稜な斜面を滑り降りる走破力と、それを避けるために長く激しく蛇行する
迂回コースを攻略するための想像力が求められる、かなり特殊性の高いスキー場だ。
もちろんその急稜な斜面に、深い新雪が降り積もる日はまた
まったく別の側面を見せてくれるわけで、数ある上越エリアのスキー場の中でも
慣れや、学習が必要になるような、私に良い意味で敷居の高さを感じさせてくれるのが
八海山という山だ。
でも、まさにそこが魅力のスキー場であるわけで、
それ故、八海山をホームと呼ぶ方々も多くいらっしゃるわけだ。

2014_1221-15.jpg

オープン日のこの日はキノコ汁の振る舞いや、じゃんけん大会など
オープンイベントが催された。キノコ汁旨し。
そんな中、OYさんがじゃんけん大会でペア一日券を奪取!羨ましい。

2014_1221-4.jpg

八海山に良く来るminaさん曰く「だいたいいつも十海山くらい滑ります」とのこと。
minaさんはロープウェイ一回乗車での滑走を “一海山” と呼ぶらしい。
そこそこの急斜面が揃う、全長5.5kmのコースを “十海山” するのだから、
その体力はかなりのものだ。さすがminaさん。
この日は2時過ぎまでなんとか “七海山” してギブアップ。
お疲れさんでした〜

東京地方は所によって雷を伴った雨との予報も出ていたが、
かぐらに取った宿への移動中、15時あたりから湯沢方面も雨になってしまった。

2014_1221-6.jpg

夜は宿の近くの居酒屋で夕食にしたのだが、その20時頃にはみぞれから雪に変わり、
酒の力も手伝って、かなり楽観的に雪を期待したのだが、居酒屋を出ると星空が・・・

2014_1221-7.jpg

翌朝、宿の窓から外を窺うと雪は降ってはおらず。
むしろ東向きの稜線にはきれいな朝焼けが・・・残念。
でも、雨の予報もないわけではなかったので、
もちろん雨の中滑るよりはぜんぜんマシだ。

2014_1221-9.jpg

日曜日は引き続き付き合ってくれたOYさんに、
なんとか仕事を片付けて駆けつけてくれたatuさん、
波乗りでもお付き合いいただいているTさんにR子さんも
かぐらに集まってくれた。

そんなかぐら駐車場は曇りでしたが、
ロープウエイで上がればゲレンデは案の定雪混じり。ちょっと寒い。

2014_1221-8.jpg

かぐらエリアに着く頃にはそこそこの降雪量になってきた。
標高の高い場所では夜のうちも雪が降っていたようで、
ジャイアントコースにはそこそこの積雪。足応えまあまあヨス。

2014_1221-10.jpg
2014_1221-12.jpg

その後、例によって田代エリアにみつまたエリアと、
五人でかぐらスキー場をまるっと堪能。

2014_1221-13.jpg

やはり一人で滑るよりも仲間と滑る方が数倍楽しいし、
いつもなら諦めちゃうような場面でも、仲間といるとさらにプッシュできる。
一人だと休憩や食事もとらずに体力の限界まで滑り倒して
さっさとゲレンデを後にする私だが、休憩やランチでの何気ない会話も楽しいし、
リフトでさっきはこうだったとか、次はあっち行こうとか交わす言葉が心地イイ。
そんな密度の濃い時間を二日にわたって充分以上に楽しませていただいた。
あ〜楽しかった〜〜!

みんなありがとう!また気まぐれに突然誘うと思うので
これからもよろしくねー!
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2014.12.22 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

ご飯食べながら、さっきの斜面はあーだったとか、沢に落ちて腰まで埋まったとか...
そういうのが楽しいよねw

2014-12-25 木 13:06:39 | URL | のぶ #- [ 編集 ]

のぶさん
私はお一人様が多いから、たまに仲間と滑るとシミるんだよね〜
年末年始はシミまくろうぜ〜い!よろしく〜!

2014-12-25 木 13:16:16 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR