G3 ION (スキー場 篇)

2014_1214-20.jpg

G3 IONを使ってみました。
まだゲレンデ滑走だけなので、ツアーモードは試してはおりませんが、
正直そちらはあまり心配してはおりませんので、
まず何はなくともご報告しておかなければならないのは、
やはりトゥピースの装着の話です。

2014_1105-4.jpg

前回、トゥピースの “ストッパー" が、
スイッチのように動作する旨の記事
を書きましたが
やはり基本はつま先を下げる意識で爪を閉じる動作をさせた方がいいようです。
意識的につま先でストッパーを押すイメージですと、スキー自体が前進してしまい
このストッパー部分を上手く突っつくことが出来ませんでした。

2014_1210-32.jpg

ただ、上の画像で示したこの部分が
DYNAFIT RADICALの場合「レバー」であるとすれば、
G3 IONの場合は「トリガー」であることに間違いはないので、
「押し上げる」というよりもこのスイッチを「押す」感じでバッチコーンと来ます。

それと、
やはりこのトゥピースの装着には慣れが必要であることに変わりありませんでした。
DYNAFITほどの気苦労は確かにないのですが、
ブーツとトゥピース(主に爪部分)との前後関係は見えても、
高低差は上から分からないので、その感覚を掴むのに若干の慣れというか
訓練が必要であると思いました。
とはいえ、つま先を押しているつもりでも、なかなか「爪が上がってこない」
ように感じるDYNAFITはどうしても探り探りになってしまいますが、
G3 IONの方は、敏感に「バッチコーン」と来るので、
失敗か成功かがすぐに分かるのはかなり精神的に楽だと思いました。

2014_1105-16c.jpg

それと、ブーツポジションが上がった件に関しては、
カービング時のエッジレスポンスが上がったようにポジティブに感じられました。
まあこれは好みもあると思いますので、あくまでも参考までに。

2014_1105-20.jpg
今回、それまで装着していたDYNAFIT RADICALのマウントビスの位置と
かなり近接してしまうため、装着位置をセットフロントせざるを得なかったのですが、
それによる悪影響も特に感じる事はできなかった。
むしろ深雪で積極的に踵荷重を意識することが出来たのは
これのおかげかもしれないので、
私の滑り方とは結果的に相性が良かったのかもしれない。

2014_1217-2.gif

それと、深雪の中で、前転するように転んだのですが、
その時に片足だけバインディングが解放され、スキーが外れました。
TLTバインディングにしてはじめてスキーが外れたので、
深雪だったこともあり「スキーを無くしたか?」と一瞬肝を冷やしましたが、
足を動かすとトゥピースは外れずに持ち上げた足と一緒に雪面から現れました。
TLTにしてからトゥピースをロックするのがクセになっていたので、
すっかりそのことを忘れていたためなのですが、これにはホッとさせられました。
トゥピースのロック機構は、ヒールピースがフリーになるツアーモードの時に
誤解放を防ぐためのものですが、深雪を滑走する際にも有効です。
ただ、トゥピースが解放されないことによって怪我に繋がるケースが
ないとも言えません。

2014_1105-1.jpg

外れたヒールピースですが、意外とあっさりと外れた感触でした。
これは一般的な上から押さえるバインディングとの差なのかもしれませんが、
前転のような転び方だと「スルっ」とした感触だけで外れました。
バッチーン!と大げさなショックを伴って外れるよりも、言い方が変ですが
ずっと気持ちのいい外れ方で、これにもちょっと好感を持てました。
これに関してはRADICALでは外れたことがなかったので、
G3 IONだけの特徴ではないかもしれません。

そもそもアーリーリリースであったDYNAFIT RADICAL 2ですが、
ツアー(ウォーク)モード時にブレーキをロックするキ―パーツの
強度不足が見つかったとかで、今季中の発売が見合わされてしまいました。
ご購入を検討されていた方の心中お察しいたします・・・・

それにより、改めてG3 IONをご検討中の方も多いと思いますが、
いまのところなかなか良い印象です。
もちろんツアーモード含め、耐久性など、まだ未確認な要素も多いので
これからも何か気がつくことがあればこちらで紹介していきたいと思います。
    

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

2014.12.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | スキー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR