BURTON DIODE 2013-14 Model

burton_diode_2014-3.jpg

今季ブーツを28.5cmにしたため、
とうとうバインディングをLサイズにせざるを得なくなった。
というよりも、見栄っ張りな私の場合、
小足ぶるのはもう諦めたと言った方が適切かもしれん。

ショップで同じモデルのMとLサイズを見較べてみれば、
大人用と子供用だと言われても納得してしまいそうなほど、
Lサイズは一回り以上大きく見えるし、
実際重量も含め物理的に大きくなってしまうだろう。
ベースが大きくなれば使えるボード幅もある程度限られてきてしまうし、
何よりナントカの大足は避けたいので
できることならばMサイズで留めておきたいと思うのが人情だ。

BURTONバインディングはMサイズの許容範囲が26〜28cmで、
Lサイズは28cm〜という指定をしていて、
どっちつかずな27.5cmというサイズだと、
数値上はどっちもイケてしまうので誠に悩ましかったのだが、
28.5cmともなればもう悩む理由も必要もない。

burton_diode_2014-4.jpg
burton_diode_2014-6.jpg

まずは重さに関して、
同じモデルでの比較ではないので参考数値(ディスク、ボルトなし)でしかないが、
MとLサイズで、片足約100gの違いでした。
あくまでもワタシの先入観でしかありませんが、
見た目に感じたほどの違いではなかったです。意外に重量差はないのね。

そんなわけで、手元に届いてLサイズだけを眺めているぶんには、
特別大きくも感じないので、今となってはもう
「なにをうじうじと小さいことを気にしてたんだオレは・・」と、
良い意味で開き直れている。

burton_diode_2014-2.jpg

実際ブーツを納めてみれば、これだよこれ!と、つい独り言つほどに、
無理なく自然な納まりを見せている。
(前後のラチェットハンドルを結ぶ、クイックリリースケーブルは、
 到着後私の方で施したカスタマイズです)

特にハイバックも大きくなったぶん、今までのものが “High Back" ではなく
“Low Back" に思えてしまうほど、見た目のブーツとの関係性に安定感が出て
まさに納まるべき場所に納まっている感じがとてもステキだ。

特に大柄なSPARK SUMMITだと、27.5cmであっても、
Mサイズでディスクの穴の位置で踵寄りにセットバックして
何とかセンターが出せる許容範囲一杯であった。
そのため一番先まで使い切っていたスライダーストラップや、ガスペダル、
そして、ヒールカップとブーツサイドの部分が当たってしまっていたことなど、
無理矢理にMサイズを使っていた、文字通りのやせ我慢からこれで解放された気分だ。

ただし、Lサイズのバインディングは需要がとても低い・・・
Mサイズのように気軽に「手放して、そのお金に追い金して新しいのを買えばいいや」
というわけにはいかないところが、オークションマニアの私にとって
このサイズアップの一番のマイナスポイントだと言えよう・・・



話の順番があべこべだったが、ここで改めて今季購入することにした
BURTON DIODEについて話しておこう。

バインディングはBURTON以外は一切買う気のない私ですが、
中でも昨季から導入されたハンモックストラップを使ってみたいので、
Lサイズで探せば、自動的にDIODEかもしくはGENESISのいずれかに絞られる。

んで、ご覧のように今回購入したDIODEは2013-14モデル。
もうお分かりかと思うが、残り物に福がある系で、しかもディスプレイ在庫。
少々埃をかぶっていたり手垢も目立ったが、何より3万円を割り込む
超破格値であったことが最大の購入理由。出会い系だ。
値段が購入動機とは、なんとも説得力ならない買い物であります・・・

burton_diode_2014-7.jpg
正直に告白すれば、ハイバックのレスポンスを考えて、
本当はGENESISの方が欲しかったのでありますが、
2014〜15最新モデルであるフェニックスオレンジとブラック/ブルーという
GENESISに設定された二色がどうにも好みではなく、
加えて昨季モデルのグリーンマシーンも圏外でありました。
burton_genesis_2014.jpg
そんなわけで、コンザバな私としては、できれば昨季モデルの
ブラック/レッドが欲しかったのであるが、残念ながら、事ここに至っては
ただでさえ数の少ないLサイズを見つけられようはずもなし。

burton_genesis_tt_2015-1.jpg
もちろん本音を言えば、今季アーリーモデルとして発売された、
こちらのNEW GENESIS TTが欲しいところだが、これまたMサイズのみの発売で、
今はどんなに足掻いても手に入れることができない・・・

burton_diode_2014-1.jpg

と、結果的に消去法での選択になってしまったことと、
来季GEMESIS TTを買うまでのつなぎっぽいところが、ちょっとばかり寂しいが、
来季はこのハンモックストラップを、そのままスプリット用の
SPARK R&Dバインディングに移植することまで視野に入れた、実は手堅いお買い物。
さておき、見た目だけで言えば、このソリッドでシンプルなハイバックのデザインが
最高にCOOLな、このDIODEが一番コッチョエエこともまた確かだ。

言ったように、Lサイズのハイバックは背も高くなっているので、
余計にレスポンスが硬すぎてしまうかもしれない。
そして何よりこのハンモックストラップの使い心地を含め、
Lサイズの使用感に関しては次の機会にまた報告したいと思う。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2014.12.04 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

私は今シーズン、ジェネシスTTを使いたくて28.5→28.0にサイズダウンしました。やっぱりこの辺のサイズってチョイスが絞られますよね〜。
今週末は出撃でしょうか?

2014-12-04 木 21:50:36 | URL | hikaru #qvrmgsXw [ 編集 ]

hikaruさん
ブーツBURTONですか?BURTONはシェルが小さいですからねえ
融通が利きそうですね。って、BURTONじゃなかったらごめんなさい。
さておき、来季はレギュラーでGENESIS TTのLサイズが出ると思うので
それまで我慢します・・・

2014-12-04 木 22:45:26 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR