G3 ION (後編)

2014_1105-8.jpg

昨日から引き続き、今シーズン使用する
ツアースキー ピンテックバインディング『G3 ION』について、
私なりの考察をお届けしようと思う。

g3_ion.jpg

このヒールピースのトピックとなるのは、
スキーの撓みによって、トゥ側とヒール側の両ピースの距離が
広がったり縮んだりするときに、ヒールピースが常にブーツに追従できるように
「前圧」が架けられるようになったこと。
この部分、DYNAFITでもRADICAL-2から同様の前圧機構が採用されたが、
それまでのRadical-1までは、ブーツとヒールピースの間に約5mmの空間を設けて
前後のピース距離が縮むことに対処させていて、そのためのゲージも同梱されていた。

2014_1105-10.jpg

そして2つ目のトピック。
ツアーモード変更時に、ヒールピースを90°回転させることで、
滑走時にブーツの踵のコバに刺さっていたピンを横に避けてブーツのヒールをフリーに
しているわけだが、この回転方向が左右どちらにでも回せるようになったこと。

これもRADICAL-2になってDYNAFITも改善してきた点で、
RADICAL-1までは右回りの一方通行が指定されていたため、右へ90度回して
ツアーモードにしたら、スキーモードに戻すにはそこから270度回さないと
元に戻せなかったものが、90度の範囲で往復できるように改善された。
加えて、G3 IONの場合、ヒールリフターがシンメトリーにデザインされているため
左右どちらに回してもツアーモードとして機能する部分もとてもスマートだ。

2014_1105-25.jpg
2014_1112-6.jpg
2014_1112-5.jpg

つづいてクランポン、スキーアイゼンについて。
ステーに横からスライドさせて装着するDYNAFITと違い、G3はONYX時代から
このトゥピースの後ろにあと付けで装備させるフック状のステーを
「掴む」ように取り付ける方法を採用している。
外す時はオレンジ色のリーシュを引っ張るとフックが外れる仕組みだ。
DYNAFITでは間違いなく一旦ブーツを外さないとクランポンを装着できなかったが、
この方法ならブーツを外さずにクランポンを装着できるのかもしれない。
まあトゥピースの装着がとてもし易くなったIONなので、
さして面倒にも感じないかもしれないが、現場で試してみたい部分だ。

2014_1105-3.jpg

クランポン自体も、装着時にブーツのソールが浮くほど、
ブーツとの間に無駄なクリアランスが生まれず、
きっちりクランポンの歯を使い切れるようになっている。

dyna_crampon_4b.jpg

ちなみにDYNAFITはこの部分に1cm近い空間が生まれてしまい、
クランポンの歯をすべて雪面に差し込むことができなかった。

2014_1105-2.jpg

そして、その恩恵はもちろんヒールサポートを一番高くした状態でも活かされ、
それでもまだ歯が3cm近く雪面に食い込むようにできている。

2014_1105-18.jpg

続いて流れ止めブレーキ。
これはG3云々というよりも、RADICAL STのブレーキが
あまりに頼りなかったという話なのではあるが、
G3は解放時これだけブレーキが垂れるようになり、
その鋭利なデザインも含め、より強い制動力が得られることが期待できる。

2014_1105-19.jpg

ただ、ブレーキが畳まれた状態で、上から見たときに
ブレーキがこれだけスキーの外側に出っ張ってしまう。
IONはブレーキ幅の設定が85、95、110、130mmとなっており、
ウェスト幅100mmのAVENTURAで使おうとすると
110mmを選ばざるを得ないことが原因だろうが
(RADICAL STは82、92、100、110、130mmで、100mmを使用していました
ちなみにRADICAL2は80、90、105、120、135mm展開との情報あり)
畳まれた状態の一番外側の実寸でION 117mm、RADICAL ST 97mmと
20mmも差があるので、サイズの違いに加えて構造的な問題もあると思う。
ハイク時に両足内側のこの部分が当たってしまうかもしれないので
もう片側5mmずつ内側に引き込んで畳めるよう改善していただきたい。
これはちょっと残念な部分だ。

g3ion_brake-2b.jpg
g3ion_brake-1b.jpg

それともうひとつ、
RADICAL STはハイク時にブレーキを畳まれた状態に留めるために
ステーをヒールピースが踏んづけるように抑えていたのに対し、
IONはフットテーブルの裏側にあるフックに引っかけることで、
ブレーキを固定する構造になっている。
これによりヒールピースのモードチェンジとブレーキのモードチェンジを
独立して行えるようになっている。

ブレーキの格納がヒールピースの回転と連動してしまっているRADICALでは、
ハイクモードに変更後、バインディングにブーツを装着するまでの間、
ブレーキが雪面に刺さっていない状態だったので、そうそうないことではあるが
もしもの場合はスキーが流れて行ってしまうことだってあり得たわけだ。

しかして、IONのブレーキの固定部分がちょっと頼りない感じで
調整台の上でアレコレとバインディングをいじっていると、これまたバッチコーンと
このフックが外れて唐突にブレーキが飛び出してしまうことがあった。
言ったように両足がすれ違うときにブレーキ同士が当たるかもしれないので
その拍子に外れてしまうと、登っているときにまさにブレーキが掛かるわけで
できれば避けたい事態・・・む〜ん、心配だ。

2014_1105-16c.jpg
トゥピースの裏側に入った雪を掻き出せるように空間を作ったり、
その造作一つとっても、G3の方がブーツポジションが高くなるのは明らかであるが、
実際に比較すると正確な計測ではないが、だいたい8mm程度高い位置に
ブーツが設置されるように変わるようだ。
前傾角はほとんど同じように見えるが、ブーツ位置が高くなることが
操作性にどれほど影響するのか、とても興味深いところだ。

2014_1105-20.jpg

そして最後に。
これは構造上の問題でも何でもないのではあるが、
今回VECTORGLIDE AVENTURAに装着されていたDYNAFIT RADICALを
このG3 IONに換装したわけだが、私のブーツサイズの場合、
取り付けネジの穴の位置がかなり近似値になってしまい、
残念ながらこのふたつの着け換えに関しては、スキーセンターよりも15mmほど
セットフロントさせる必要が出てきてしまった。
もちろんセットバックでも着けられます(その場合も約15mmほどになります)が、
AVENTURAがそもそもセットバック気味だったので、セットフロントさせてみた。

その差に気づけるような繊細な神経を私は持ち合わせていないので、
間違いなくこれで問題はないのだろうが、
純粋にスキーに込められた設計者の思想を余すことなく享受するのならば、
これは是が非でも避けたいことではある。しかして、
様々な事情が複雑に絡まりあってしまい・・・つまり一言で言うならば
お金がないので新しい板を買えなかったわけだ・・・

2014_1106-1.jpg

ただ、ここは敢えて強がりを言わせてもらえれば、
2013モデルのAVENTURAのカラーリングと、G3 IONのマッチングは一言、
最高なので、両者の組み合わされたこの姿を見てみたかったということも
偽らざる本音でございます。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 注意 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
あくまでも個人ブログとして、私が気になったり注目しているアイテムをこちらで紹介しております。
したがいまして、こちらで紹介している情報やアイテムの内容には、噂話レベルの話から、一人のモノ好きとしての勝手な思い入れや希望的観測など、独自見解が含まれている可能性がございます。
こちらを見て気になられた情報やアイテムの詳細に関しましては、個々にメーカー等へご確認いただきますようお願い申し上げます。

  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

2014.11.27 | コメント(4) | トラックバック(0) | スキー

コメント

知りたい所が・・・

知りたい所が解り易くて助かります。
今年、試乗はおろか現物を見もせず予約してしまったので、メーカーがあまり表にしない情報は助かります。
特に装着時のブーツの高さや、マウントビスの位置など大変参考になります。

やはり、後発のメーカーのビスマウントはやや広めの傾向ですね。
個人的にはブーツのマウント位置が高いと聞いて、IONは選択肢から外したのですが・・・どうもラディカル2もかなり高さがあるとの情報も在り・・・自分を納得させる理由を探しています(笑)

2014-12-01 月 11:26:45 | URL | katsu #- [ 編集 ]

Re: 知りたい所が・・・

katuさん
なかなかメーカーやショップでは聞けない、
使っている人ならではの情報が欲しくてこのブログを始めたところもあるので、
そんなふうにお褒めいただくと本当にうれしいです!
ありがとうございます!

それと、私も未だにRADICAL2が気になっております(泣)・・・
いっそIONに、RADICAL2のトゥピースだけ着けてみるか!とか
アホなことも頭をよぎります。
悩みは付きませんねえ・・・

2014-12-01 月 12:05:21 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

RADICAL2!?発売延期!!

追記です:今しがたショップから連絡が在り、今期発売予定のRADICAL2に不具合が見つかり、今期の販売は中止だそうです(号泣)

2014-12-02 火 12:55:11 | URL | katsu #- [ 編集 ]

Re: RADICAL2!?発売延期!!

katsuさん
ありゃりゃ〜・・・やっぱり
30周年ってこともあって、相当焦って発売しようとしたんでしょうね。
う〜〜ん。それを言うとG3も開発期間がどれほどあったのか
分からないので不安になるな〜
まさに火中の栗になってきた・・・

2014-12-02 火 13:16:43 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR