SPARK R&D AFTERBURNER サイズ調整

2014_1104-1.jpg

11月11日は「ポッキーの日」らしいが、スプリットボードの日でもあるので
(もちろんスキーの日でもあるが)、今日はスプリットネタをおひとつ。

今シーズン、ブーツを28.5cmに換えるため、
ソリッドボード用のバインディングをLサイズに換えなければならないわけだが、
もちろんスプリットボード用のバインディングも、
買い換えとまではいかないものの、最低限の調整作業は必要になる。

このSPARK R&DのバインディングのMサイズに関しては、
かなり余裕を持って大きく造られているので、
28.5cmなんて、マヌケの代名詞のような大足であっても余裕でカバーできる。

2014_1104-2b.jpg

基本的にはこのヒールガードが、外側に出るように4つのネジ位置を変更するだけ。
これでブーツソールが大きくなったぶん、踵側に移動させセンターを出すわけだ。

ただ、アンクルストラップに関しては、27.5cmでもスライダーベルトに
空けられた穴はすでに一番外側の位置になってしまっており、
28.5cmで使うなら尚のこと、パッドの長いLサイズ用のストラップに
換装したいところ。

2014_1104-3.jpg

んで、ヤフオクを彷徨えば、あっさりと出てきてしまうわけだ。
BURTON DIODE 2012モデル用のリアクトスラップLサイズ。

未確認だが、たぶんSPARK R&DのリリースしているLサイズも、
ベースプレートはMと共用で、このアンクルストラップ
(ひょっとするとトゥストラップも)を、Lサイズに換装することで
Lサイズとして販売しているのかもしれない。

2014_1104-4.jpg

早速取り付けてみますれば、とても自然な納まり具合になります。
やはりこうでなきゃあ〜な。

2014_1104-6.jpg

こちらの画像は元々装着されていたAFTERBURNER用のアンクルストラップと
DIODE用のリアクトストラップを並べてみたところ。
SPARK R&Dも純正でBURTON製のストラップ類を採用しているが、
質感はこれだけ違う。
やはり表面のフチ取りに縫い目のないシームレスな見た目に
はっきり高級感溢れちゃってるね!

それと、見た目だけではなく、DIODEの方がクッション製を確保する
中綿類が少なく感じ、レスポンスは高めになるものと想像される。

burtonhichhiker.jpg

ちなみにこのリアクトストラップは、本家BURTONがリリースする、
SPARK R&D MAGNETOをベースに改良した『Hitchhiker』と同様のストラップ。

やっぱこうでなくっちゃね〜〜(ご満悦)
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2014.11.11 | コメント(2) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

Hitchhiker

こんにちは。tnkです。
スプリットのビンディングはBLAZE,BURNER,MAGNETOと使ってきて先シーズンは上BURNER、下MAGNETOの組み合わせで落ち着きました。やっぱりストラップが良いです。
今シーズンはHitchhikerになりました。MサイズのみですがBCに強いBURTONの店なら各店1個ぐらい入荷してます。

2014-11-12 水 10:21:35 | URL | tnk #ZpiZsxmM [ 編集 ]

Re: Hitchhiker

tnkさん
Hitchhikerはまだ一つも見たことないですねえ。
っていうか、早期予約でもう完売だって聞いています。
買えた方はラッキーですねえ。

2014-11-12 水 10:59:34 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR