HP2 Enduro : スクリーンステー ペイント

昨日のツーリング日記に続き、今日、明日、明後日と三日連続で
オートバイ関連の話をさせていただきます。
いつもお読みいただいているスノーファンのみなさまには申し訳ございませんが
何卒お付き合いのほどを・・・


0726_2014-16.jpg

2014_0921-8.jpg

車検でヘッドライトの光軸がズレていることが発覚
それを修正するときにヘッドライト周りの整備の邪魔なので、
一旦ステーごとバリオスクリーンを外しました。

そのバリオスクリーンを支える、まるでやぐらのように組まれた
ゴツいシルバーのステーが、車体を横から眺めたときに
妙にそこだけ目立つことが装着してからず〜っと気になっていたので、
今回外すついでにそのステーを黒く塗装することにした。

0406_2014-8.jpg
2014_0921-25.jpg

一貫した意志の強さ、そして統一感、ブレのなさという意味において
デザインとは一人の人間が完結させたものの方が、
より良いものになると私は信じている。

翻ってカスタマイズとは、そんな、デザイナーが一貫して完成させたものを、
「個性の確立」という大義名分の元、わざわざ崩す作業でもあるわけだ。

そして、オートバイのようにパーツの集合体で、しかもそれをムキ出しで
全体像を構成しないとならないモノならば、デザイナーに課せられた
コストをはじめとした様々な制約を、ユーザーが解き放つという
意味においてのカスタマイズでもある。

できればアフターパーツメーカーにもそういった調和に関する事柄に関して
もっと気を配って欲しいとは思うが、アスターパーツメーカーなりの主張もあって
なかなか私の趣向とそぐわないことも多い。
だから、カスタマイズを施す際には、後付けされた部品が、
自分の目指す全体像と調和するように、
ユーザー自身が個々に調整する必要があると私は思う。

カスタムなんて言えないほど、小さい修正だけど、
そういった調和を図る作業は、それ以上に満足度が高い。シアワセ。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2014.11.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR